2010年5月29日土曜日

福島党首ら、連立離脱を示唆

まあ、結局、福島さんは辺野古移設閣議決定にどうしても署名しなくて当然まあ罷免されてしまったわけであるが、自民党の石破さんなんかは、「国外、最低でも県外と発言して票をとったんだから辞めるべきなのは福島さんじゃなくて鳩山首相である」なんて言ってるとおり、まあ、当然、福島さんの方が筋が通ってるといえば通ってるのである。

しかし、社民党の中にも「なんで署名しないんだ、こんなやつは党首を罷免しろ」なんてわけのわからないことを言ってる議員もいるのであるが、やっぱり人間は国がどうとか沖縄の住民がどうとかの筋よりも自分の損得が一番先にくるわけである。

まあ、当然この先は社民党が連立から離脱するわけであるので、民主党は他の党と連立を組むほかないわけであるので、まあ、民主党と同じ自民党をルーツとする舛添さんと組むか、与謝野さんなんかと組むのがつながりであるわけであるが、まあ、政治は清濁併せ呑んで国をよろしい方向に導くのがお仕事であるので、ここはひとつ、志位さんと試しに組んでみたらどうなのかと思うが、相手もまんざらではないと思うのであるが、無理かね。

ものすごく物見遊山なあたしの立場だと、まあ、もっと、出たがってるタレント芸能人に声かけて、民主党の議員数を増やしてしまえば、ことは簡単に済むのであるが、たとえば森永さんには去年あたりまで、あちこちからものすごく声がかかってたのに、最近はさっぱりどこからも声がかからなくなったとさびしがってるので、ためしに森永さんにひとつ声をかけていただきたいもんである。

森永さんって、だれだ?

卓ちゃんよ卓ちゃん、ほら、オタク経済アナリストの卓ちゃん。

え?変り者はだめだ?だれが変り者だっ!

え?あんたのことじゃない?

何言ってんでしょうか。

ううむ、ひどいな。