2010年5月26日水曜日

オー・エム・シー岡本倶楽部

まあ、テレビなんかで今朝から怒涛の報道で、皆さんご存知ではあると思うが、500万から3000万円ぐらい預けてこの岡本倶楽部さんの会員になると、年に数十万円分のポイントがもらえて、それでグループのホテルなんかに泊まれたりして、さらに、5年後に退会するときには保証金を全額返すという、まあ、現在ははずしたそうであるが、これまではこの手お決まりの「元本保証」で、良くあるあの手この手で、例によって「高齢者」を中心に2005年に始まって、5000人から200億円以上を集めたそうであるのである。

日本では出資法で法的に認められた金融機関など以外のものが不特定多数から資金を預かってはいけないのであるので、そのことでついにおまわりさんたちがお調べに入られて大騒ぎであるわけである。

まあ、これ、どうもお金を返してもらえないんじゃなかろうかとお気が付きの東京都や静岡県の皆さんが、預けたお金を全部返してくれてなことで、出るところに出てお願いなされているそうであるのである。

まあ、報道によると、その集めた資金はとうに、そうとうな金額がアノの世界の皆さんに流れて、さらに幹部の皆さんの使い放題でいくらも残っていないそうであるので、出るところに出ている皆さんの弁護士さんがお調べになったところによると、すでにつぶれちゃった状態であるそうであるが、まあ、そりゃごもっともで、うっかりこーゆーご商売におひっかかりになった場合には、たいていは、返済期限には、その集めた金は雲斎霧消してしまっているのが通例である。

そのために、それのつじつまを合わせるために、このご商売の店主さんは自転車操業的に完全に破綻するまでお金集めを続行するわけである。

岡本倶楽部さんも現在も第4次会員を募集中であるそうである。

まあ、人間は高齢者に限らず「おいしい話」に食指が動くのであるのは当然で、いつの世でもこの手の皆さんがそこを狙ってあの手この手でいーろいろのネタで攻めてくるわけであるので、うっかりしてると、円天のように、誰が考えてもインチキであるのに、調子にのせられて舞い上がってそれにはまり込んで、頼まれもしないのに親戚知人友人にまで大宣伝して巻き込んで、なけなしの退職金や年金まで根こそぎ巻き上げられたりするのである。

まあ、識者の皆さんが口をそろえて警鐘を鳴らすとおり、「おいしい話」には必ず落とし穴が待っているわけであるが、これがときどき、その識者の皆さんまでもがはまり込んで、いっしょにとっつかまったりしてるので、まあ、知識、教養、学識とは関係なくひっかかる人はひっかかるわけである。

まあ、数千万円も無駄にするなら、ほんとにおいしいものを食べちまったほうがいいと思うのであるが、そこはそれ、その困った才能のあるものにかかると、おつむのちょーしの悪いものは同じようなこの手のご商売にころりとひっかかる人が次から次へといくらでもおられるので、やる方はもうたまらんでしょうから、いくらでも新手のこれが出てくるわけである。

当然岡本倶楽部さんも海千山千でしろーとさんじゃありませんから、「そんなことはありません」とおっしゃられているのである。