2010年5月28日金曜日

iPadついに国内販売開始

まあ、すでに100万台が売れてるという米アップル社の新型情報端末iPadが日本国内で販売されることになり、まあ、いつものことながら、並ぶのが好きな皆さんが、発売前の早朝から1200人もの長い列を作ってお待ちになりお買い上げになったそうである。

まあ、これ、画面タッチで操作でき、インターネットに繋がって、電子書籍、音楽視聴なんかができるという、いわばアイフォンの大型てなもので、まあ、これ、前にもこれが米国で話題になったときに取り上げたのであるが、これ、ノートパソコンの制作面をはしょって、受動面を主体にした機能であるので、ノートパソコンより、格段に軽く、680グラムということがあるのであるが、まあ、これで出版形態が変わるかどうかは、なんともいえないことであるのであるが、ううむ、どうみても変わるね、将来的には紙による本は激減するね、これでやっぱり出版は革命的に変化するのは目に見えてるのであるが、まあ、あたしはそれよりも、並ぶのがものすごく嫌いなのでその、並ぶということの方が食いつく話題であるのである。

あたしはとにかく、スーパーのレジでも並ぶのがいやなのである。

「こらっ、フロアマネージャーとレジのマネージャーはどこだっ、レジをあけろレジをっ、」とわめきたくなるぐらい並ぶのはなにがなんでもいやなのである。

メシを食いに行って並んでる店なんてのはもってのほかであるので、だーれも並んでいない店に行ったりして、当然だれも並ばないような空いてる店であるので、やっぱりまずかったりするのである。

それでも並ばないのである。

だから、なにか国家間のもめごとが起きて、メシが配給制なんかになったりして、並ばないとメシが食えないなんてことになったらものすごく困るのでなんとか、世界中で仲良くしていただきたいのである。

さらに、なにか法務省の皆さんになんかご異論のあることをして、お別荘に入って、並ばされて行動するなんことはどう考えてもできそうもないので、違法なことはなにもできないのである。

まあ、子供のころは学校生活でとにかくなにかあると並ばされるわけであるのでいやもおうもないわけであるが、あたしはおそらくその記憶で並ぶのが大嫌いになったと思うのであるが、逆にその記憶で並ぶのが大好きになった皆さんがものすごく沢山おられるわけである。

まあ、これ、おそらく、並ぶことが好きな皆さんは、皆と同じことをしていないと不安になるので、並んでいれば安心感を得ることができるということであるかもしれないのである。

ちがうか。