2010年6月4日金曜日

総理は菅さんは樽床さんか

樽床さんって誰なんだ?という話題でワイドショーは盛り上がっているのであるが、まあ、全体としてどうみても菅さんできまりなので、まあ、おざなりであるのである。

菅さんは東京工業大学在学中に「マージャンの点数計算機」を発明し、これの特許も持っているのであるが、企業がどこも食いつかないので、いまだに発売されていないそうである。

樽床さんについてはぜんぜんわからないので、まあ、とにかく衆院環境委員長であるらしいのである。

樽床さんを良く知る人によると、「クリーンな人だが、華がない」ということである。

まあ、華がないのに代表に立候補したのはなんかここらでひとつという思いがあるのかなんだか、この人にだってそれなりに政治家になったからには最終目的は総理の椅子であるわけであるから、いっちょういったれということであるのは当然であるのである。

まあ、岡田さんも前原さんも立候補しないというのは、まあ、順番があるので、まあ、小沢いっちゃんの威力がもっと衰えるのを待っていざ出陣ということであるのであると思うが、まあ、樽床さんにはそりゃ、これからの政治家としての地盤作りに知名度アップにも無駄な努力ということでもなかろうから、がんばっていただきたい。

なんかこのところの小沢いっちゃんの動きをみてると、昔の金丸さんとかぶるのであるが、そうこうしてるうちに金丸さんみたいに政界のドンとかなんとかいわれながら死んじゃうのであるのであろうから、まあ、世の中の盛衰は人を飲み込んでいいことも悪いことも水面の藻屑であるのである。

まあ、やっぱりこの先の選挙を考えるとテレビ、マスコミへの露出度で人気が決まるので、樽床さんもここで、いっぱつ露出しておけば有利になるのは当然であるので、せいぜいがんばって露出度を上げて、知名度を上げていたきたいと思うが、樽床さんはどうみてもほんとに華がないのである。

まあ、代表選は結論が見えてるから、内閣人事が中心ね。

小沢色をどうするかどうかだろうが、菅さんだから、けっこう面白いね。

今、テレビで樽床さんが代表選挙立候補演説をしてるのであるが、まあ、まだまだ無理だな。

演説のネタがなんだか、びんぼー人ネタで、あのノックさんの予算委質問みたいである。

いや、べつにあたしゃ樽床さんをぜんぜん知りませんのでもちろん遺恨もなにもありません。