2010年6月23日水曜日

名古屋場所NHK放送中止の可能性も

まあ、予想通り、武蔵川理事長のところからも「やっちゃいました」てな力士が申し出られて、武蔵川理事長も辞任問題を記者につっこまれて、逆切れしてさらにマスコミであれこれいじられて、さらにNHK大相撲放送中止の話も出て、やくさんなんかは「もう、無理」とおっしゃられているのであるから、これ、もう、どーしよーもなくなっているのであるが、相撲協会側では未だに名古屋場所開催を念頭に処理を進めようとしているように見えるのであるが、これ、やくさんのおっしゃるとおり、どーみても「もう、無理」なんじゃないでしょうか。

しかし、まあ、人間はどうしても低きに流れるのであるのである。

別に野球でなくとも、公営のものが最近はインターネットでも、携帯でも買えるのであるから、「力士は目立つから買いにいけない」なんてこともないのであるから、いいわけにもならないのである。

さらに、部屋で札束を積んで花札、ちんちろりんではこれ、とても財団法人、国技ではないのである。

まあ、身体の大きな乱暴ものに礼儀をしつけて、品格を与えようということであるから、猛獣使いみたいなもんであるので、うまくいかないと食われてしまうわけであるが、これが、ついに猛獣の檻が壊れて、大暴れしてしまったわけである。

まあ、相撲協会の大タニマチの永谷園さんも降りてしまってこれから先どーするのか、事態をまともに捉えることができているのか、なんか政権交代前の自民党のあのときに似てるような気がするのはあたしだけでしょうか。

まあ、こんなところでひとつ。