2010年6月7日月曜日

アレルギー抑制物質「アラジン1」発見

渋谷彰・筑波大教授(免疫学)らが、アレルギー性鼻炎や花粉症を引き起こす、抗原にたいする抗体の過剰な化学物質放出を抑制する分子を発見したと米科学誌ネイチャー・イムノロジー電子版に発表したのである。

アレルギーは花粉や食べ物などに含まれる特定の物質である「抗原」に対して肥満細部が反応、炎症を起こすヒスタミンなどの化学物質が過剰に放出競れて起きるわけであるが、これらの化学物質の働きを抑える薬はあるが完全に抑えるのは難しいわけである。

そこで、研究チームはその化学物質を出させない方法探り、肥満細胞の表面にある特定の分子を刺激すると茂樹なしの場合に比較して放出される化学物質の量が半分程度に減ることを突き止めたそうである。

この分子は花粉などの抗原の種類に関係なくアレルギー反応を抑えることも分かり、その分子を研究チームは「アラジン1」と命名したのである。

まあ、これはマウスによる実験結果であるわけであるが、この「アラジン1」は人にも存在することを確認したそうである。

ううむ、なーかなかすごいニュースであるのである。

まあ、日本国民の3割がなんらかのアレルギーであるというデータもあるぐらい、今やアレルギーは国民病でもあるわけであるが、まあ、あたしも含めて、あたしの周りを見回しても、花粉症、アトピー、ぜんそくなどのアレルギーがまったくないと言う人のほうが希で、実際にはどなたもこなたも「わたしもわたしも」というぐらい、アレルギーを持っているのが実情であるのである。

これ、3割というデータはおそらく病気として、病院で治療を受けなければならないほどひどい、という人の数であると思うので、実際には、医者に行くほどでもないという人を入れると日本国民の半数以上はなんらかのアレルギー症状を呈すると思うのである。

まあ、とにかくこれ、基本的には免疫反応であるので、この能力がなくなったら人間は存在できないわけですから、これをなくすわけにはいかないので、アレルギーを起こす過剰な化学物質放出の量が半分程度になるというのは実になかなか以って香ばしい情報であるのである。

まあ、あたしがときどきネタにする、あたしの重度のぜんそくが完全に治っちまったのは、この肥満細胞の過剰な化学物質の放出が、なんかの事情で激減してしまったということであると思うのであるが、まあ、大昔、「ぜんそくの治し方」なんてサイトをやったことがあるのであるが、最近感じるのは、「なんで完全に治っちまったのかよくわからない」というのが実際の感想であるのである。

まあ、神のお授けだな。

困ったときの神頼みってな、このことである。