2010年7月12日月曜日

民主党大敗

まあ、最近の政治はどちらに転ぶかぜんぜんわからんのである。

選挙前は鳩山さん退陣で菅さんが総理になって、支持率も怒涛の回復で、民主楽勝の雰囲気であったのが、菅さんの消費税発言で形勢はいっきに逆転でこの始末である。

まあ、それだけ、不況が長引いて、これ以上出費が増えてはかなわんという、庶民感情を逆なでしてしまった結果であるわけであるが、まあ、ご多聞にもれず現在の日本は大借金国でありますので、それをなんとかつじつまを合わせようという泥縄方式の消費税増税であるのであるが、そんなこたあ、一般庶民にはどーでもよくて、あしたのおまんまの心配が当然先であるので、こうなるのは当たり前であるのである。

まあ、これで、ねじれ国会となり、さらにおもしろくなったわけでありますが、自民は解散総選挙一本やりで、まあ、いってみれば日本の行く末よりも自党の政権復帰に向けて全精力を傾けてお働きになるわけである。

まあ、この状態では民主は身動きとれないわけであるから、なんとか連立を画策するわけであるが、まあ、渡辺さんのところとお手々をつないでなんとかするのが早道であるのであるが、渡辺さんはわが党はアジェンダであるから絶対に手をつながないと言い張っているのである。

まあ、渡辺さんも政治家ですので、前言なんか簡単に翻すことにはやぶさかでないでしょうから、可能性もなくはないわけでありますが、それでも過半数にいかないので、あとはまた福島さんに頭を下げてなんとかするしかないわけであるが、福島さんも絶対連立しなだろうから、まあ、あちこちに打診して、それでだめなら、そうなるとてっとり早いのは当然、本丸の自民党との連立であるのである。

まあ、つまり、昔の自民党政治に戻るわけである。

白戸次郎候補も当選して、今後の活躍が期待できるわけであるが、選挙が終わって次のネタはなんになるんでしょうか。