2010年7月28日水曜日

林葉直子さん敗れる「15年ぶりプロ棋戦」 

28日、林葉直子さん(42)が、東京都内で行われた日本女子プロ将棋協会の公認棋戦「日レスインビテーションカップ」で15年ぶりにプロ棋戦に出場したが、中倉彰子女流初段(33)に敗れ、復帰戦を勝利で飾れなかったということであるのである。

林葉さんはアマチュアで活躍した後、1980年に女流プロになり、女流名人位、女流王将などタイトル通算15期の大活躍であったのであるが、ご存知のとおりの仲原さんとのすったもんだの不倫騒ぎ、失踪騒ぎを起こし、さらに豊胸手術。自己破産などでマスコミに大サービスをして、将棋どころではなくなって、95年に日本将棋連盟を退会したのであるが、今回は主催者特別推薦で参加したが、長いブランクが影響したのかどうなのか、初段にまけちゃったのである。

まあ、プロの初段であるから、まあ、その強さはなんとも申し上げようもないのであるが、とにかく負けてしまったので、「ああ、やっぱりね」と日本中を納得させたのは間違いないところである。

まあ、それはともかく、この対局のときの写真を見ると、いくらなんでもやせすぎであるのである。

まさに激やせであるのである。

今日のスポーツホーチによると、びらん性胃炎で43キロしかないそうであるのである。

また、痔が6箇所にできてその手術もしたそうである。

なんだか、すごい人生であるのであるが、それでもなんか楽しそうで、悲壮感がないのはこの人の性格なのかぱーなのか、なかなかおもしろいわけである。

まあ、これ、カテゴリーはいったい何になるのかと考えてみたが、芸能でもスポーツでもないので、やっぱり「文化」が妥当かね。

しかし、それにしては、胃炎や痔の話題が先行してしまうので、健康とか医療の範疇てな漢字もないのであるが、林葉さんには、今後も健康に留意して、世間をさらに笑わせて、楽しませていただきたいところである。

林葉さんが「結婚しよう」と言うと、皆さんお逃げになるとおっしゃっておられるのである。

あたしでも逃げるのである。

まあ、遠くから見て楽しむ分にはおもしろいが、巻き込まれたら中原さんになるのである。