2010年8月20日金曜日

愛知リサイクル工場でゴミの中から312万円

19日午前11時頃、愛知県豊川市南千両のリサイクル会社「加山興業」豊川工場で、男性作業員がごみの中から現金を発見し、豊川市役所に連絡したそうである。

現金312万円と破れた紙幣数十点で、市職員が豊川署に届け出たのである。

同署の発表によると、工場は同市から新聞紙などのごみの委託処分を受け、市内の家庭から収集したごみをリサイクル処理している施設である。

この312万円と破れた紙幣数十点は拾得物とし豊川署が持ち主を捜しているのである。

まあ、こんな事件が大貫さんの1億円拾得依頼、いーろいろ取りざたされてきたのであるが、どーゆーわけかほとんどの場合、ほんとの持ち主は現れないのである。

しかし、ほんとの持ち主でない人はものすごく現れるそうである。

どう考えても虚偽の理由を言いまくってなんとかその拾得物を自分のものであると言い張る人がたーくさん現れるわけであるが、そのほんとでない持ち主はやっぱりすこしおつむもほんとでないので、そのほんとでない人にその拾得物は渡ることがなく、発見者に拾得物として法律の期限がくると無事お下げ渡しになられるのである。

まあ、自分がこれ、たとえば1億円を拾ったらどうするかというと、これは迷うのである。

もちろんあたしは象形流気功法宗家大霊能気功家象師匠でありますので、ネコパパなんて真似をする気は十分に間満々にあるわけであるのであるが、これ、ネコババがバレたときの一撃はネコババしたおいしさを遥かに凌駕して、あたしの社会的信用は失墜して、この前、お仕事の関係でうっかりお捕まりになった同じ町内会で懇意の大親分同様に立ち直りが容易ではなくなるのである。

大親分はお仕事の関係でありますので、もう、当分、お別荘暮らしになるご予定でありますが、あたしなんかは、新聞に出たあとは、書類送検程度でありますので、べつにお別荘に入居するなんてこともないので、すぐ社会復帰してネコパパおやじという、もう、わいせつ男同様の情けない男の部類の扱いになって、ものすごくめんどくさいこことになるのである。

それを考えると、まあ、当たり前におまわりさんに届け出るのが妥当であるわけであるが、これ、そのことはもちろん新聞に出るわけである。

そうなると、これがまた、大騒ぎになって、マスコミが押し寄せて、テレビのニュースにも無理やりご出演になったりして、世間を出歩くのも困難になって、さらにこれ、持ち主が現れないとなると、これが税金を引いてあたしのところへ起こしになるので、まーたまたマスコミが押し寄せて、それをひがんだ脅迫電話や手紙、ネットの脅迫、さらには知人、親戚から急な無心、借金の申し出が相次いで、それを断れば、なんてひどいやつだと罵倒されて、もう、これ、ネコババよりもめんどくさいことになるのである。

だから、1億円を見つけたら、知らん顔して拾わずに立ち去るのが今のところ一番よろしい対処法であるのである。