2010年8月27日金曜日

小沢一郎立つ

まあ、やっぱりここんとこの話題といえばこれである。

いや、びっくりしましたねえ、いっちゃんは諦めてなかったんですねえ。

まあ、今回の菅さんのずっこけが最後の最後のチャンスっちゃチャンスであるわけである。

これで、起訴されたりすれば、総理は決定的に夢のまた夢になるので、今回のチャンスになんと言われようと立たなければならないのはわかるのであるが、まあ、なんとゆーか、いっちゃんは民主党をつぶすつもりなんでしょうか。

これ、いっちゃんが代表になって、総理になったら、そりゃ国民の民主党に対するイメージは最悪になるのである。

いっちゃんがいくらにこにこをアピールしても、コワモテ、豪腕、起訴寸前なんてイメージはぜんぜん払拭できないのである。

いっちゃんはどうみても悪人づらであるので、その分の損を割りびいても、起訴の可能性の問題もあって、よろしいイメージはぜんぜんないので、民主党は首を自分で絞めるという構図しか見えてこないのである。

まあ、菅さんがおもわぬへっぽこで参院選の消費税発言でヘタこいたイメージがあるのであるが、あれはヘタこいただけで菅さんのイメージや民主党のイメージが悪くなったわけではないのである。

しかし、いっちゃんが大表になった場合は、民主党のイメージが真っ黒けになるのである。

鳩山さんから菅さんに代わったときは、まあ、一時的でも、期待で支持率が上がったわけであるが、これ、いっちゃんが大表になったら、どう考えても支持率はさらに暴落する可能性の方が大きいのである。

いっちゃんファンのあたしでもどうかと思うのである。

当たり前であるがべつにいっちゃんは極悪人でも非人道的な犯罪者でもないのであるが、顔がこわいのと、言動、行動が強引であるので、お茶の間に入りこむには不適格なのである。

今の選挙はテレビによるイメージが大勢を決定するので、いわばお茶の間選挙であるので、お茶の間には、コワモテ、豪腕、強引、起訴されて犯罪者になるかもしれないなんてのはけっして優位なことではないのである。

さらにこれで、代表戦にも破れたら、これはもう、いっちゃんはアウトで、これからはずーっと黙っていなけりゃならないのであるが、まあ、その危険よりも、政治家としての最終目的の総理の椅子は民主党をつぶそうが、再びの政権交代を招こうが、なにがなんでも座りたい椅子であるわけである。

がんばれ、いっちゃん、心臓のちょーしは大丈夫か?