2010年9月15日水曜日

民主党代表選 菅大勝 小沢完敗 

まあ、いわんこっちゃないのである。

ううむ、いっちゃんファンのあたしとしては、いたしかゆしであるが、まあ、予想通りというか、まあ、これで、庶民の希望とはべつに、日本の景気経済はさらにっちもさっちもいかなくなるわけである。

まあ、この焦ったとしか見えない小沢いっちゃんの代表戦立候補は、もし起訴されたら、それこそ、さすがにこれはもう総理の椅子は絶望的になるので、その前になんとか菅さんの消費税発言による参院選大敗責任問題のどさくさに総理の椅子に座りたいということであるのはわかるが、いっちゃんの若かりしころに今がチャンスだ総理になれと進言したことがある渡部恒三黄門様がこの代表戦立候補は「恥ずかしい」というとおり、菅さんではだめだと思っている民主党議員票でも世間の風の流れを読んで菅さんに軍配があがったわけである。

しかし、この完敗でこの先、立場が非常に具合が悪くなったやわらちゃんを始めとする小沢ガールズや小沢側議員はそうとう応えてがっかりしているのに、おだてて煽っていっちゃんを代表戦に出馬させた小沢側応援団の代表の田中真紀子お嬢はゆうべのニュースでこの大敗に上機嫌で薄笑いのコメントであるのである。

まあ、大笑いでは敗戦側の応援団長として差しさわりがあるので、薄笑いとなったと思うのであるが、前回、いっちゃんに代表戦出馬を煽られて、「あたしゃ、小泉さんのときでこりてるから、あーたの傀儡にはなりませんよ、そんなこといってないであーたがお出になったらどーですかといやみをいってやってんですよ」といってたとおり、いっちゃんを大応援して、思ったとおりのこの結果で上機嫌薄笑いであるわけである。

すごいね、真紀子お嬢の丹田はさらに大きくなって、角栄おやじからの関係でいろいろあっても、いっちゃんとは切っても切れない仲であるわけであるが、子供の遊びが終わったように、この完敗でも上機嫌薄笑いであるのである。

つまり、煽って、おもしろがって応援に大活躍であったのであるが、それはそれとして、いくらなんでもこの結果は見えていたと思うわけである。

しかし、まあ、真紀子お嬢は、最近は仕分け人れんほーさんの迫力で、人気をいっきにさらわれて、女王の座はすっかり奪われているのであるが、丹田が大きすぎて、「あんなひよっこは相手にしてならない」ということなのかどーなのか、自分に関しては流れが読めていないような感じもないではないのである。

れんほーさんはタレント出身であるので、やっぱり視聴率という神様を拝んでいたおかげで、国民の方向性をつかむ能力が傑出していて、その反面、やっぱり政治家世襲の真紀子お嬢は、豪快大丹田お上(かみ)お代官上(うえ)様意識満杯で、城下のようすは天守閣から望遠鏡で除き見て、そのまんま永田町の常識は世間の非常識という常識で、風向きを読む能力にいささか欠如があるわけであるのである。

とんちきな行動で笑いを振りまいて国民を楽しませた鳩山由紀夫ちゃんは今後いったいどんなネタで笑いをとるのか、あるいはこれで、党内では、由紀夫ちゃんを誰も相手にしなくなってねずみ男になってしまうのか、誰もが予想の解散総選挙で再び渡部黄門様の出番はあるのか、キャラクター満載で民主党はさらにおもしろくなったような気もするのであるが、うちのセンセイは野党の自民党であるのである。

まあ、面白かったからなんでもいいや。

2010年9月13日月曜日

歯科医院理事長逮捕、無免許の助手に抜歯させる

歯科医師免許のない助手に診断や抜歯をさせたとして、警視庁は9月13日に東京都板橋区の「みなか歯科医院」を運営する医療法人「海原(うなばら)会」理事長渡辺真一(52)、元院長長板繁巳(55)、歯科技工士の男(41)を歯科医師法違反(無資格歯科医業)の疑いで逮捕したと発表したのである。

発表によると、渡辺容疑者らは同病院に勤務していた歯科助手の女性(47、昨年9月に死亡)に抜歯などの医療行為を行わせ、助手は2007年10月から08年11月までに約50人に対し医療行為を行っていたそうである。

てなことを今、テレビのニュースでやってるのである。

これ、困ったもんである。

あたしも医者に行かないとはいっても、歯医者はべつで、運動でけっこう歯を食いしばったりして、奥歯が根元まで亀裂が入ったりして、ものすごく痛くなって、しょーがないので大っきらいでも歯医者には行くのである。

親知らずが虫食って3本抜いて、もう一本は親知らずが横に生えてきて、それも抜いたので、抜歯もされているのである。

その抜歯は歯科医師の免許を持っている医者でも、抜歯専門でない充填専門の歯医者なんかだと、うまく抜けなくて、そうとう、ひどいめに合わされる場合もあるのであるが、これ、さらに歯科助手ってな、教育もそのシミュレーションもしていないものが、麻酔をかけて、それで、歯を引っこ抜くのは、おどろきを通り越して、ホラーみたいな話でもあるのである。

免許を持ってる医者に抜かれるのも怖いのに、免許を持っていないおばさんに、てきとーに麻酔されててきとーに抜かれるわけであるから、事故がおきなかったのが実にラッキーなのか、そのおばさんが抜歯の才能があって、ものすごく歯を引っこ抜くのかうまいのか、いずれにしてもテレビで見るこのおまわりさんに連行される院長の顔は、あちゃーという顔であるので、まあ、こんなことになるのは当然であるような感じはするのである。

そうはいっても、患者には、その歯を引っこ抜くおばさんが医師免許を持ってるかどうかなんてわかるわけもないし、あの椅子に座らされたら、もう、これ、死刑執行で、逃れようもない状態であるので、痛いの我慢して、抜いてもらうしかないわけであるので、それが無免許医師がどうかなんて考える患者はいないのである。

あんな痛いことを平気でした上に、保険が利かないといってとんでもない料金を請求する歯医者さんは人間の心があるのかどうかと常々思っていたのであるが、さらにそれが歯科助手とはいえ、まあ、いってみれば抜歯に関してはみようみまねのおばさんだったとなると、これ、患者は災難にあったというしかないわけであるが、まあ、人生は油断してると何があるかわかったもんじゃないのである。

2010年9月10日金曜日

振興銀行破綻、1000万円保証、払い戻し13日以降

日本振興銀行破綻で、預けられていた預金のうち、元本1000万円とその利息は預金保険で払い戻しが保証されるという、初のペイオフが発動されるのである。

なんつっても発動であるから、すごいのである。

それで、問題の1000万円を超える部分については民事再生法に基づく法的整理の手続きに沿って、優良資産と不良資産を振り分ける作業などが行われ、残った資産の配当金などとして支払いを受けることになり、一部がカットされる場合もあるてなことであるのである。

ううむ、すごいね、しかし、自分の金を預けてある銀行が破綻するてなことが起きたらいったいどんな気持ちになるのかね。

さらに1000万以上預けている預金者は、これ、いったいどうなるのか、気が気でないのがよくわかるのである。

まあ、実際にその数は、預金者11万人のうち1000万円を超えるのは約3560人(計471億円)で預金者の3%にとどまるそうであるが、それにしても3560人はその1000万円超の部分についてはどうなるかわからないわけであるので、大あわてのおばさんがテレビで「欲の皮がつっぱりすぎた、1000万パー」てなコメントをしてがっかりしているのはこのことであるわけである。

まあ、この心配を防ぐためには預金が1000万以上になったら、他の銀行に分散して預ければいいわけであるが、まあ、自分の銀行は大きいので大丈夫だろうなんてのはだめである。

このご時世であるから、どーなるかわかったもんじゃないのである。

あたしも某三井住友と某みずほと郵便局と某農協に分散してあるのであるが、まあ、金利はどこも無いのと同じで意味がないのであるが、これが、さらに破綻なんかされて、1000万以上がぱーになるなんてことになったら、バカ丸出しであるので、ううむ、この際、友人のいる金利の高いオーストラリアにでも預金を移そうかと思うのであるが、世界がこの状況であるので、外国だってどーなるかわかったもんじゃないので、これ、床下に穴掘って埋めとくのが一番安全かも知れないのである。

2010年9月9日木曜日

代替医療「ホメオパシー」 、荒唐無稽vs治療症例ある

日本の科学者の代表組織「日本学術会議」が、植物、鉱物、昆虫などの物質を極度に希釈した水を含ませた砂糖玉を飲む代替医療「ホメオパシー」の有効性を全面否定する異例の会長談話を発表したことが波紋を呼んでいるのである。

これに日本医師会など9団体が賛同する声明を出す一方で、もちろんホメオパシーを信望推進する一部の推進団体からは「有効性は証明されている」とする意見が出され、対立しているのである。

ホメオパシーに傾倒して通常医療を受けずに児童などが死亡したとみられるケースもあり、この代替医療は以前から問題を指摘されているのであるが、さらに批判を浴びることになったわけである。

このホメオパシーは、200年以上前の18世紀末ドイツの医師医療ライターであるサミュエル・クリスティアン・フリードリヒ・ハーネマン(1755年 - 1843年)によって創始提案された思想をもとにした理論であり、「症状を起こすものは、その症状を取り去る」という「同種の法則」に基づき、植物や鉱物、昆虫などの物質を分子がなくなるまで極端に薄めた水を含ませた砂糖玉「レメディー」を使い、水に存在した物質の分子がたとえ1分子も存在しなくなっても、その記憶が水に存在するという疑似科学に基づいた代替医療であるのである。

例えば、発熱した場合、同じような症状を起こす植物を使用すると、体は熱がきたと判断し、自然治癒力が引き出されるという理論であるのである。

欧州では英国など公的医療保険が適用されている国もあるが、ドイツやスイスなどは適用から外したそうである。

まあ、なんというか、なにしろこれ、200年以上前の理論でありますので、もう、医学、医療というよりは、宗教、信仰の範疇であるので、その砂糖玉である信仰食品「レメディー」は薬ではなく、ご神水、聖水、ご神体のパン、ワインてな類のものであるわけである。

しかしこれ、たとえば、ある人体に毒性があるとするものを100倍に希釈してさらにそれを200回繰り返すなんて方法で、1分子も残らないぐらいに希釈したものを飲ませるという方法であるので、まあ、これ医学的に治療効果があるという根拠はもちろんないのであるが、しかし、プラシーボ(偽薬)効果が当然あるだろうし、信ずるものには神のキャンディーであるから、効かないともいえないのでものすごくやっかいであるのである。

しかし、基本的に医学的根拠もなにもないただの砂糖玉であるので、重篤な疾病もつ病人には効果があるはずもないので、現代医療をいっさい中止してその神の奇跡に頼るのはいかがなものかと思うが、まあ、宗教、信仰であるので、それを信ずるものに、それはナンセンスだとよってたかっていくら説いても、レメディーキャンディーを舐めさせることと同様に効果はないのである。

つまり正しい効果のある治療法に出会うかどうかも神の思し召しであるのである。

2010年9月3日金曜日

帝京大学病院で院内感染の疑い、患者9人死亡

今、テレビのニュースショーで、帝京大学医学部付属病院で、3日、複数の抗生物質が効かない「多剤耐性の細菌アシネトバクター(MRAB)」の院内感染で、内科病棟の入院患者を中心に46人に感染し、このうち27人が死亡し、9人については死亡と感染の因果関係が否定できないということで、「こんなことになってしまい、大変申し訳ありません」と院長が謝罪してるのである。

ううむ、この多剤耐性ということは、ほとんどの抗生物質が効かないということであるそうであるので、これ、免疫力の低下した重篤な患者は、この細菌に感染すると治療法がないわけである。

なんでこれが院内で広がるのかは、まあ、あたしも先日知人が脱水で大学病院に入院して、その見舞いで行ってみると、手の消毒用の消毒液のポンプスプレーがあちこちにおいてあるのであるが、これ、あたしも実際には忘れてそのまま、その見舞いする患者の病室に入ったりして、これ、その患者がその多剤耐性菌に感染していたら、あたしがトイレなんかに立ち寄った際にもあちこち振りまいてしまうのである。

それにあの消毒液は入院患者の病気が見舞い客に移るのを予防するためのような感じをうけるのである。

病院側は見舞い客に対して、あの消毒液は見舞い客が患者の病気に感染するのを防ぐのが目的ではなく、免疫力の弱った病人にいろいろな菌が感染するのを防ぐ目的であるということを理解させないといけないのである。

まあ、しかし、大学病院の忙しさの実際を見ると、これ、とてもきめ細やかな清潔さの保持管理は不可能であるのである。

確実に耐性菌を広げないようにするというなら、見舞い客は一切禁止にしないと、あのうろうろところかまわず、きたない土足と消毒しない手であちこち歩き回る見舞い客で、菌なんか散乱し放題であるのである。

そう言ってるあたし自身が、病院の中を手を消毒するのも忘れて、点滴中の患者と握手したりして、そのまま、病室からどこからどこまでうろうろ歩き回ってナースセンターのカウンターからトイレのノブからあちこち触りまくるのであるから、これ、耐性菌がだれかに感染したら、もう、止めようがないと思うのである。

見舞い客は当たり前であるが、健康であるので、もちろん免疫も強く、耐性菌もなにもぜんぜん気にかけてませんから、手の消毒も何も意識にないのである。

しかし、見舞い客を一切禁止にすると患者は家族にも会えなくなるわけであるので、これ、そうも行かないでしょうから、まあ、入院してるわけであるから、免疫力の弱った重篤な患者ばかりであるという認識を持って、見舞いに行くときは病院の入り口から手の消毒を忘れずに確実に励行しようと、今更ながら、さすがにいいかげんがもっとーのあたしも今日のニュースで決心したのであるが、あたしゃ、健康診断も受けない医者嫌いであるのである。

2010年9月1日水曜日

菅、小沢、全面対決

先日の由紀夫ちゃんと菅さんとの怪談、いや階段、ああこれもちがう、会談、ああこれだこれだ、会談のあとの記者会見で、由紀夫ちゃんが菅さんのことは「菅さん」と呼び、小沢いっちゃんのことは「小沢先生」と呼んでいたのであるが、あれ、よく菅さんは怒らなかったもんである。

前党代表で前総理の由紀夫ちゃんがが現総理を「さん」付けで呼び、単なる元幹事長を「先生」と呼び、それに対して、現総理が意義を唱えず、別段、あのイラ菅が不快感も表さないというのはつまり、要するに民主党では、いっちゃんの立場は「先生」であるわけである。

菅さんもいまさら、小沢いっちゃんにポストを用意する気もないだろうし、人事に口出しされるのはもっといやだろうし、いっちゃんもあの性格だから、「あっちに行っとけ」と追い払われたのに、その追い払った当人に、今更「お願いします」ともいわないだろうから、こうなるのは、まあ当然といえば当然であるが、しかし、由紀夫ちゃんの意味のわからないトロイカ体制復活に向けての大活躍は何も効果がなかったわけである。

つまり、いっちゃんは坂本竜馬気取りの由紀夫ちゃんの仲介も拒んだわけであるので、面子(めんつ)をつぶされた由紀夫ちゃんはこの先どう出るのでありましょうか。

再び方向を変えて、菅さんの方にしっぽを振って、また餌をもらえないとさらに方向を変えて、いっちゃんのところに走っていったりするのでありましょうか。

しかし、これ、由紀夫ちゃんに元総理の貫禄がどこにもないというのは、非常に不思議な御仁であるのであるが、これは有名人芸能人タレント丹田鑑定名鑑で鑑定したとおり、由紀夫ちゃんの丹田がいっちゃんのような大丹田ではなく、中丹田であるというところに、由紀夫ちゃんのあの豹変ちょこちょこ尻軽行動の所以があるのであるのである。

まあ、よく言えば、自在闊達、悪く言えば軽佻浮薄で、決断力も決定力もないので、これまでもすべてはいっちゃんの顔色をうかがっていろいろ動いていたことが想像にかたくないわけである。

逆にいっちゃんは大丹田頑固一徹星一徹ちゃぶ台ひっくり返して怒涛の代表戦出馬でありますので、まあ、正直言うとあたしら物見遊山の見物人にはこのお祭りのけんかはいったいどうなるのかという、祭りのついでの余興みたいなもんであるので、どちらが勝っても、べつに日本の国体がひっくり返るなんてことはないので、民主党内大騒ぎの割には、世間はあきれてどーでもいいと思ってる人が大半であるとは思うのである。

これ、しかし、現在の景気経済無策の状況につけ込んだつもりの代表戦出馬としても、その元来の鳩山政権での景気経済無策の一端はトロイカ体制の一角のいっちゃんにもあったわけであるので、いっちゃんがもし勝っても、なにか景気経済浮揚になにか決定的な秘策があるとはとても思えないので、景気回復はぜんぜん期待できないし、さらに民主党支持率は暴落する可能性の方が大きいのであるから、ワイドショーコメンテーターが口をそろえて、「いっちゃんはバカなんじゃなかろうか」てなことをいってるのが正論であるとあたしも思うのである。

でも、出るからにはいっちゃんがんばれ、この日本経済、世界経済のどん詰まり日本の未来将来は「小沢先生」の動向で開けるかもしれないかもしれないかも、どーだか「知らない」のである。

しかし、これ、ほんとに無意味な代表戦出馬だよなー、いっちゃんファンとしては。

ねー。