2010年9月15日水曜日

民主党代表選 菅大勝 小沢完敗 

まあ、いわんこっちゃないのである。

ううむ、いっちゃんファンのあたしとしては、いたしかゆしであるが、まあ、予想通りというか、まあ、これで、庶民の希望とはべつに、日本の景気経済はさらにっちもさっちもいかなくなるわけである。

まあ、この焦ったとしか見えない小沢いっちゃんの代表戦立候補は、もし起訴されたら、それこそ、さすがにこれはもう総理の椅子は絶望的になるので、その前になんとか菅さんの消費税発言による参院選大敗責任問題のどさくさに総理の椅子に座りたいということであるのはわかるが、いっちゃんの若かりしころに今がチャンスだ総理になれと進言したことがある渡部恒三黄門様がこの代表戦立候補は「恥ずかしい」というとおり、菅さんではだめだと思っている民主党議員票でも世間の風の流れを読んで菅さんに軍配があがったわけである。

しかし、この完敗でこの先、立場が非常に具合が悪くなったやわらちゃんを始めとする小沢ガールズや小沢側議員はそうとう応えてがっかりしているのに、おだてて煽っていっちゃんを代表戦に出馬させた小沢側応援団の代表の田中真紀子お嬢はゆうべのニュースでこの大敗に上機嫌で薄笑いのコメントであるのである。

まあ、大笑いでは敗戦側の応援団長として差しさわりがあるので、薄笑いとなったと思うのであるが、前回、いっちゃんに代表戦出馬を煽られて、「あたしゃ、小泉さんのときでこりてるから、あーたの傀儡にはなりませんよ、そんなこといってないであーたがお出になったらどーですかといやみをいってやってんですよ」といってたとおり、いっちゃんを大応援して、思ったとおりのこの結果で上機嫌薄笑いであるわけである。

すごいね、真紀子お嬢の丹田はさらに大きくなって、角栄おやじからの関係でいろいろあっても、いっちゃんとは切っても切れない仲であるわけであるが、子供の遊びが終わったように、この完敗でも上機嫌薄笑いであるのである。

つまり、煽って、おもしろがって応援に大活躍であったのであるが、それはそれとして、いくらなんでもこの結果は見えていたと思うわけである。

しかし、まあ、真紀子お嬢は、最近は仕分け人れんほーさんの迫力で、人気をいっきにさらわれて、女王の座はすっかり奪われているのであるが、丹田が大きすぎて、「あんなひよっこは相手にしてならない」ということなのかどーなのか、自分に関しては流れが読めていないような感じもないではないのである。

れんほーさんはタレント出身であるので、やっぱり視聴率という神様を拝んでいたおかげで、国民の方向性をつかむ能力が傑出していて、その反面、やっぱり政治家世襲の真紀子お嬢は、豪快大丹田お上(かみ)お代官上(うえ)様意識満杯で、城下のようすは天守閣から望遠鏡で除き見て、そのまんま永田町の常識は世間の非常識という常識で、風向きを読む能力にいささか欠如があるわけであるのである。

とんちきな行動で笑いを振りまいて国民を楽しませた鳩山由紀夫ちゃんは今後いったいどんなネタで笑いをとるのか、あるいはこれで、党内では、由紀夫ちゃんを誰も相手にしなくなってねずみ男になってしまうのか、誰もが予想の解散総選挙で再び渡部黄門様の出番はあるのか、キャラクター満載で民主党はさらにおもしろくなったような気もするのであるが、うちのセンセイは野党の自民党であるのである。

まあ、面白かったからなんでもいいや。