2010年12月23日木曜日

麻木さん、山路さんに家賃、車など援助、「疲れた」破局

12月22日にタレントの麻木久仁子(48)さんが東京・赤坂のTBSで緊急会見し、タレント、大桃美代子(45)さんの元夫でAPF通信社代表の山路徹氏49)さんと2006年から交際していたことを認め、大桃がツイッターで暴露した「不倫」関係は事実だったということであるのである。

しかも、交際開始時は麻木さんと山路さんは既婚者同士でW不倫状態でさらに、麻木さんは資金繰りに苦しむ山路さんに対し公私にわたり金銭的援助を続けた末、「疲れた」ということで1カ月前に破局したことを明かしたのであるのである。

当然、破局の原因にはこの金銭問題が裏側にある可能性もあるわけである。

昨日に引き続き、今朝はどこのワイドショーもこのネタでもちきりである。

麻木さんが水曜レギュラーのTBSの「ひるおび!」でも今日はこのネタをメインに扱うとテレビ欄に書いてあるのである。

まあ、なんとゆーか、この麻木さんが認めた関係は、麻木さんも山路さんも離婚前のことで、W不倫ということになるそうである。

最高であるのである。

石田さんが言うまでもなく、不倫は文化であり、人生の極上の楽しみであり、さらにW不倫となればその背徳感、罪悪感で脳内ホルモンは限界放出で、誰が止めてもさらに驀進して、まあ、この恋愛に関する一時の気の迷いを起こす脳内ホルモンはだいたい3~4年ででなくなって、「ううううう、なんだこの男は、金ばっかり食いやがって」と気がつくのである。

そうなると「金の切れ目が縁の切れ目」てなことで山路さんとはぜんぜんうまく行かなくなったわけであるわけである。

まあ、麻木さんも大桃さんも基本的には色男の山路さんにこれでもかと貢いでいたのがやんなっちゃってお別れになったような感じである。

山路さんはそうとうなフェロモンを振りまいて、この先もいろいろ鵜匠として貢いでもらうというコンセプトで人生を謳歌なされていただきたいが、麻木さんや大桃さんみたいに稼ぐ鵜もなかなかおられないので苦しいだろうなあ。

まあ、麻木さんも大桃さんも年収はそのへんの男の何倍もあるわけであるので、いくらフェロモン満載の男でも、やんなっちゃったらすぐお別れになるのである。

しかし、大桃さんは婚姻中に山路さんに浮気されて、さらにそれが、麻木さんだったということで、ものすごくむかついて当然の腹いせでツイッターに書き込んだと思うわけであるが、これ、麻木さんとっては、ダメージにならないんじゃないでしょうか。

逆に大桃さんのイメージダウンになったようなならないような、ううむ、あたしゃ両方共ファンなので、まあ、このネタでさらにお二人ともお仕事が増えることを願うばかりであるが、民放バラエティが仕事場の麻木さんはこれで仕事が減るてなこともないと思うが、大桃さんは某国営放送のお仕事は来なくなるかもしれないのである。

まあ、こんなところかね。

ニュース批評   ニュースブログランキング