2011年1月14日金曜日

音声通話、アンドロイド搭載無線ルーター

14日にイー・モバイルは、音声通話機能と米グーグルの基本ソフト「アンドロイド」の最新版を搭載した、持ち運び型の無線LAN(構内情報通信網)ルーター「ポケットWiFi(ワイファイ)S」を発売したのであるのである。

この「ポケットWiFi S」の無線LANルーターをワンタッチで接続し起動すれば、ノートパソコンや携帯音楽プレーヤーなどを外出先でインターネットに接続できるそうである。

さらに加えて、アンドロイドの最新版を搭載し、スマートフォンとしても使えるのが特徴であり、電話やカメラ、ウェブ閲覧、メールなどの機能を新たに搭載し、画面を大きくし電池寿命も延ばしたということであるのである。

背面のカバーは着脱も可能で、ブラックとブルーや、女性に人気のおしゃれなピンクの3色があるそうであるのである。

まあ、カラーなんかはなんでもいいのであるが、端末価格は、一括購入で1万9800円だそうである。

イーモバイルはなんでそんなに安いのかね。

あたしのドコモの携帯なんか、買ったときは、もちろん無線LANルーターなんかじゃないし、ワンセグとカメラが付いてるだけぐらいで4万ぐらいしたのである。

ドコモが儲け過ぎかね。

ううむ、これ、無線ルーターの上に、音声通話もカメラもWebもメールもついてスマートフォンとして使えるなら、いずれこれだねしかし。

まあ、携帯はいずれスマートフォンが普通になるだろうから、まあ、これ、なかなかコンセプトの方向性がよろしいと思うが、他社も同様のものを出すだろうから、まあ、それからかもしれないのである。

まあ、そこまでしてPCをいじくる時間があるかどうかの方が問題であるが、おもちゃとしてのPCということを考えると、これ、PCがどこでも、ネットに繋がって、あたしはいつでもどこでも象気功を更新できて、便利っちゃ便利であるわけであるが、まあ、実際に買えば仕事中にマックでコーヒー飲みながら更新なんてことはしないのは目に見えてるので無駄っちゃ無駄であるのであるが、無線ランだけならほんとに無駄であるが、スマートフォンとしての部分はもちろんぜんぜん無駄ではないわけであるが、どーでもいい無駄話であるのであるとは思うのである。

なに言ってんでしょうか。

IT関係はどんどん進化して、何がどこへ行くのかわからんのであるが、まあ、いろいろ楽しめるわけである。

ITのニュースばかりだね。

ニュース批評   ニュースブログランキング