2011年1月31日月曜日

コースター転落事故で東京ドーム株年初来安値

これ、東京ドームシティアトラクションって、以前の後楽園遊園地のことかね。

まあ、あたしゃ、数年前にこの東京ドームにジャイアンツの試合を観に行って、その見る前に、この遊園地に入って、いちおう、なんだか、あのなんていうのかたしか海賊船みたいな、おおきな船のブランコに乗って冷や汗をかいた記憶があるのであるが、あのときは後楽園遊園地であると思っていたのであるが、後楽園球場から東京ドームになったときにこの遊園地も名称がすでに変わっていたということがこのニュースでわかったのである。

ものすごくうかつであるのである。

まあ、だいたいがあたしはうかつであるので、ものごとはいいかげんに覚えているので、ときどきおどろいちゃうのである。

まあ、どーでもいいが、コースターってあたしゃ、それ自体がだめであるが、好きな人は好きなんだよねこれ。

落ちたのは大柄な男性だというから、この人はもしかすると、コースターがあたしみたいに嫌いなのに、連れの女性か子供にねだられていっしょに乗って、身体が大きいので、ロックが閉まらなかったのかどうなのか、これ、今日のニュースで、女性アルバイト従業員がロックを手で押しこんで確認しなかったてなことであるが、まあ、あたしも嫌いなコースターに乗ったことがないではないのであるが、ロックを手で押し込んで確認なんてことはしてなかったような気がするのであるが、これ、まあ、あたしがコースターてなもんに乗ったのは数十年前であるので、現在の大変スリルのあるコースターでは逆さまになったりもするだろうから、大柄でロックが危ない男性なんかの場合はロックの状態を確認をするのは経営側の責任であるので、まあ、この先業務上過失致死てな問題で、責任者、しいては社長の進退問題になる可能性もあるわけである。

まあ、ジャイアンツの人気が以前とは比べ物にならないほど落ちて、テレビ中継もおざなりになって、東京ドームも四苦八苦であろうと思うのであるが、株価暴落で株主ともどもさらに四苦八苦になるのである。

まあ、これで、このあと、このコースターが再開されるのかどうか、あるいは、この手の危険なアトラクションはやめて、浅草花屋敷状態になってしまうのかわからんが、まあ、落ちた方には大変気の毒であるが、あたしゃどんなによろしいおねーちゃんにねだられても、今後とも絶対にこの手のアトラクションは乗る気はないのである。

まあ、簡単に言うとスリルよりも高いところは腰砕けになるので、ぜんぜんダメであるのである。

ううむ、あまり興味がないせいか、うまくまとまらんな。

ニュース批評   ニュースブログランキング