2011年2月28日月曜日

携帯持ち込み禁止、文科省要請、国公立から

これ、今日の読売夕刊である。

あのね、だから当たり前だーね。

だれが考えても、携帯持ち込みって、これ、辞書持込みと同じだーね。

これ、携帯電話って、電話かける意外にもんのすごく便利だってことをおっさんはしらないんですよ。

あたしはまあ、けっこう、英語がわかんないわけじゃありませんが、英文を辞書なして書けって言われたら四苦八苦で、EMSでエアメール送るだけでも、その送り状書くのにもう大変てなギブ状態になるのであるが、これが、携帯電話があったら、もう、たいていの英文は天下無敵でどんとこいになるわけだから、国語辞典も同様で、携帯を受験会場に持ち込むってのは、英和、和英、国語辞典を持ち込むのと同様だということが、学校関係者のおっさんたちにわかんないというところが問題だーねこれは。

さらにネットでわかんないことを聞くと、たいていのことは答えてくれるということなんか、わかんないわけである。

まあ、信じられないことであるが、おっさんは今だにやっぱりITに疎いんだーね、この時代でも。

あたしの周りでもおっさにITを説明するのは大変だから、今回のことではじめてやほーの知恵袋なんてことを知って、「ああ、携帯電話はこんなこともできるのか!」と驚いたおっさんが多いのはよーくわかるのである。

たとえばおっさにチャットというと株式チャートと思うおっさんがけっこういるということを理解しないと、この日本の受験会場携帯電話持ち込み野放し放題の現状を理解できないわけである。

ああ、あたしもおっさんだった。

ニュース批評   ニュースブログランキング

東京マラソン、猫ひろし驚異の2時間37分49秒

まあ、これ、日本人1位で2時間8分37秒で走って韓国で行われる世界選手権の切符を手にした学校職員の市民ランナーの川内さんといい、なんというか、金と時間をかけて、あちこちの高校や大学から有名エリート選手を集めて、練習面から栄養や健康まで厳重に管理しておやりになっている実業団の皆さんはコーチも含めてめんつ丸つぶれであるのである。

まあ、今日のテレビのレポートを見てると川内さんは公務員であるので、もちろん公務員給与以外の収入は公務員法で禁止されてるのでスポンサーも付かず、さらに時間もないので、午前中2時間の練習以外は朝の出勤のときも練習に含めて、スーツにリュック背負って駅まで走って、勝手に練習して、世界選手権出場の基準を突破であるのである。

さらに猫さんは体格もひじょうに小柄で年齢も33歳で、なにしろ芸能人であるので、メディアの出演もあり、舞台もあり、ライブもあり、営業もありで、仕事の時間も不規則で練習も栄養管理も健康管理もままならない状態での練習であるから、それはまた一般人とは違ったマラソン選手としては劣悪な条件の中でのこの記録であるから、いわば、企業の予算で、元オリンピック選手のコーチをつけて、何から何まで面倒みてもらって、マラソンだけに専念しているエリートの皆さんはこれ、つまり、コーチの考えと方針を根底から考えなおさないといけない事態であるのである。

何かがとんちんかんな方向に行ってるのである。

まあ、要するに、管理されて「走らされてる」のと、好きで「走りたい」のと、の差であるかもしれないわけである。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2011年2月27日日曜日

京大入試ネット投稿、被害届提出へ

被害届提出ねえ。

まあ、そらそうだよねえ。

しかし、まあ、携帯電話を試験会場に持ち込めばこうなることは目に見えてるのに、なんで未だに規制しない大学があるのかも不思議な話である。

まあ、あたしなんかも、携帯電話があれば、国語辞典も英和辞典も和英辞典も電卓もカメラもついてて、ネットは見れるはメールはできるはで、仕事上でも、ものすごく便利で、携帯がないてなことになったら仕事にもとんでもなく差し支えるのであるが、逆に言えばそれだけ試験にだって隠れて使えば絶対的に有利になるわけである。

今回、投稿で流出したみたいに長い文章を打ってその答えを見たりしてるわけであるから、監視員がいても、辞書もネットも電卓もなんのこともなく使えるわけである。

さらにわからないことは、メールで聞けばいいわけだから、これ、やりたい放題ではありませんか。

携帯電話持ち込みを許可しておいて、それを今回みたいに使ったらば警察に突き出すぞなんてのは本末転倒であるような気もしないではないのである。

猫に餌撒いといて、それ食ったら叩くぞなんていってるみたいなもんである。

即刻、試験会場への携帯電話持ち込みは禁止にするべきであると思うが、緊急がどうのこうのというなら、試験会場に入るときに主催者に預けるてなことにすればいいわけである。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2011年2月25日金曜日

小向美奈子さん成田空港に到着

例の件で大騒ぎの小向美奈子さん(25)が25日夜、滞在先のフィリピンから成田空港に到着したそうである。

当然、警視庁は入国手続き後お捕まえになる方針であるそうである。

ご存知のように、小向さんは09年2月にも執行猶予3年の判決を受けているのであるが、判決後にイランの人がリーダーのはっきりとは言えないご商売のグループのお友達と、いろいろとナニをナニしていたんじゃないかてな疑いであるそうである。

それで、ニュースによると、小向さんはフィリピンにもビザを取得せずに滞在しておられたそうである。

まあ、フィリピンの場合は不法滞在の罰則が、たしか出国のときに日本円に換算すると800円程度とられるだけてな話であるので、まあ、日本人からすると罰則がないにも等しいのであるが、まあ、とにかくビザなしでは不法滞在であるわけであるから、違法といえば違法であるのである。

まあ、これまでの行動を拝見していると、小向さんはどうも、何事も違法でないと気がすまない性格なのかどうなのか、まあ、たしかにあたしの周囲にも、とにかくまともなことはしたくないてな人がいないではないのである。

まあ、あのお顔であのスタイルであるから、普通に生きてもそうとうよろしい人生を送ることができると思うのであるが、性格とはいかんともしがたいものであるなあ。

まあ、最近のあの田代さんのお姿を見ていても、なんでこんなに才能ある人がこんなんなっちゃうのかと思うと不思議であるが、まあ、脳がそうなっちゃってるとしかいいようがないのである。

自分が特別だと思うプレッシャーをから離れて、普通にお暮らしになったらいかがと思うはあたしだけでしょうか。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2011年2月16日水曜日

フェィスブックは日本に定着するか

フェィスブックは全世界でいまや5億人が利用しているそうである。

すぐにも地球の人口の10人に1人が利用するてな勢いであるのである。

最近ではチュニジアやエジプトのデモに利用されて、その絶大な威力を見せつけたわけである。

さらにイランやリビアなどにも波及して、中近東の国々の体制がこのフェースブックによりひっくり返ろうとしている感さえあるのである。

それで、日本でこのフェイスブックはまだ登録者が200万人弱で、ミクシイの10分の1で、いまひとつ普及しないのは、基本的に本名で登録しなければならないというところであるということであるのである。

まあ、これ、たしかにインターネットがコミニュケーションの道具として、ここまで急速に普及している理由のひとつに「匿名性」ということがあるわけである。

しかし、この匿名性というのは、責任の所在が不明であるので、信用度が測れないという欠点もあるのであるわけである。

しかし、フェイスブックの場合は本名であるので、その情報源がはっきりしているので、デモの参加を呼びかける場合にも、本人であることを確認できるわけである。

これが、つまり、名刺がわりになるてなこともあるわけであるが、逆に考えるとそれを知られることにより、自宅もわかり、トラブルが起きたときはめんどうなことになるのは分かりきっているので、いまひとつ登録することに躊躇するわけである。

あたしも「象師匠」で登録できるなら、登録しないでもないが、とても本名を公開して登録する気にはならないのである。

どう考えてもほかの国々に比較すれば極めて平和で安全で不満のない日本に住んでいて、わざわざ生活に混乱を起こす可能性のあるシステムに乗る気持ちにはならないわけである。

それでも、フェイスブックはさらに普及するのは当然であるが、まあ、日本人のほとんどは英語ができないから、世界中とつながるてなこともないから、ミクシイでいいわけであるが、ああそうか、あたしゃ、英語でフェイスブックを始めればいいのか。

ううむ、しかし、そうなると英語圏の連中の相手をサシですることになるわけであるから、サシでは日本人でもめんどくさいのに、さらにめんどくさいので、まっぴらごめんであるのである。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2011年2月9日水曜日

米運輸長官、一転「トヨタ車安全、買うべきだ」娘に

ラフード米運輸長官は8日の記者会見で、末娘からの「どの車が安全か?」という問い合わせに、「トヨタ車は安全だから買うべきだ」とお墨付きを与えたことを明らかにし、末娘は昨年、トヨタの2011年型ミニバン「シエナ」を購入したということである。

このラフードさんは昨年2月「トヨタ車の運転をやめるように」と発言した人である。

さてさて、その2月の発言後、1年の間にラフードさんにいったい何があったのでしょうか?

だれかがラフードさんにあれしてこれしてなにしてそんなことまでしたんでしょうか。

でなければ、個人的な末娘の車購入の事情を公的な記者会見の席上で発表してまでするトヨタ安全宣言てのはなんの意図があるのかお聞きしたいもんである。

まあ、なにしろ現在のメディア操作による政治介入の先駆者であるアメリカの運輸長官であるから、これ、どこのメーカーにからナニしてナニされたらナニしてお返するのが当然のマナーであるだろうし、某ぼんぼん社長がそれをしなかったために「トヨタ車の運転をやめるように」ということになったのかと、あたしたちシロート筋は勘ぐってしまうのである。

「娘は決定的な保証を欲しがった」そうであるが、そのお買いになった車のナニをもってして「決定的な保証」なのかもわれわれシロート筋には理解出来ないのである。

「決定的な保証」なら、メルセデスかボルボてな安全対策中心の車にすべきじゃないのかとシロート筋は思うわけである。

まあ、資本主義の代表であるアメリカであるから、政治家は当然、スポンサーである資本家の代弁者であってもしょーがないのであるが、手のひらを返すとはこのことであるのである。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2011年2月2日水曜日

大相撲八百長メール発覚

さっきテレビのニュースで放駒理事長が記者団にこれでもかと責められて、「徹底的に原因を究明する」てなことを言ってるのであるが、これ、原因はわかっているので、「徹底的に調査する」ということを言いたかったと思うのであるが、まあ、大変である。

野球賭博の取り調べで、携帯電話を押収したらこれが出てきちゃったらしいのであるが、すごいことになってるのである。

20万、30万なんて金額まで出てきてるので、これ、いったいどうなるのか、あたしみたいな相撲ファンならずとも、いったいどうなるのか興味津々で、放駒理事長はいったいどこをどうするのか、どう踊り切るのか、これ、まあ、理事長本人も仰るとおり「大相撲の根幹を揺るがす」おおごとであるのである。

根幹がぐらぐら揺れるわけであるから、そのまま倒れる場合だってあるわけである。

これが今日のニュースで13人がからんでいるということであるので、いままで「八百長は絶対に無い」てなこと一本やりであったのが、どうもこれは危ない状況になってきているので、以前に裁判所に出廷して「絶対に八百長はありません」なんて言い切ってた朝青龍もどーなんだかこーなんだか、この先さらにてんやわんやになる可能性もあるのである。

これで、13人がそれを認めたら、いままでの主張はまるっきり根拠もなにもなくなってしまうのであるから、協会側としては、ここはなんとかその13人に、今回の疑惑を絶対に認めてもらいたくないわけであるわけであるが、今回は前回の裁判のときと違って、そうとう旗色が悪いのである。

以前は日本相撲協会の理事長は、大変名誉な職であり、日本の著名人であったので、なんとかその職につきたい親方の順番待ちであったと思うのであるが、最近、とくにここに至っては罰ゲームみたいな趣になってきているので、できれば皆さん理事長の椅子には座りたくないお心持ちであるとご推察申し上げる次第であるのである。

完全に貧乏くじというのか、誰がやっても、次から次へと問題噴出で、必ずてんやわんやで理事長交代となるので、まあ、放駒さんもこの先どう見ても風前の灯であるのである。

ううむ、お気の毒であるのである。

ニュース批評   ニュースブログランキング