2011年3月18日金曜日

福島事故、レベル5に引き上げ

ほーら、やっぱりレベル5だった。

米国防省は日本の本州に勤務する米軍人の家族2万人に対して自主的な国外退去を支援することを決めたって、ううむ、これ、日本政府の情報はなんかそうとう隠してることがあるのかね。

きちんと開示しないから、不信感で諸外国の大使館やメディアさえどんどん引き上げてるし、あたしらも、実際に何が起きてるのかぜんぜんわからなくて、テレビ番組の情報から想像するだけである。

核専門家のエドウィン・ライマン博士が「日本は絶対絶命の試みを続けているが、もし失敗すれば、もう手立てはない」てなことをおっしゃってるそうであるが、日本政府の楽観的な情報とは違って、世界は危機感を募らせているわけである。

なんだよ、地震直後に米政府からの測定装置提供の申し入れを日本政府は当初断り、事態が悪化してこれを受け入れたって、おいおい、なんだこれは。

さらに、「支援不要は東電の判断、海水投下は米政府の要請」って、どうゆーことなんだ?

どうも、今まで米軍が手伝いにこないと思ったら、東電が断ってたんじゃないか。

東電は事故が起きるたびになんでもかんでも隠すのは今までの通例だが、これ、外人が逃げ出す気持ちもよーくわかるねしかし。

米国は上空に無人機を飛ばして独自の情報収集をしてるって、そうだよ、無人ヘリコプターを飛ばしてCCDカメラで中を見れば簡単に様子がわかるんじゃないのかね。

そんなもん、テレビ局に言えばどうにでもなるだろうに、なんでそれをやらないのかね。

それをやると隠してることがバレるから、なかったことにしてるのかね。

しっかし、専門家と言い張る連中の常套句の「直ちに健康に影響が出るレベルではない」って、あーた、「直ち」に影響が出なくても、それを長期にわたって恒常的に浴びたらどうなるんだいったい、ああ?

世界中の政府もメディアもこの事故の成り行きをどのくらい危機感をもって注視してるか理解してないから今だにバレるとまずいことを隠してるんだろうが、事態は深刻どころか「絶対絶命」なんだから、背水の陣でなりふり構わず世界の援助を受け入れないとレベル7に引き上げなんて言い出すことになるのである。

とにかく、東電はほんとのことを言いなさいよほんとのことを。

それで、今日もうちの前のガソリンスタンドには朝から長蛇の列で、順番めぐって大げんかで、仕事に出てスーパーにメシ買いに寄ったら、なんだかしらんが、大きなスーパーにおじーさんおばーさんがものすごい人数で必死で食品や雑貨を買いまくっていて、買い物用のキャリーバッグに買ったもん詰め込んで、それでも足りなくて大きなスーパーの袋を持って、さらにおじーさんも2つ持って、ああ、なるほどそれで、おばーさんだけじゃ持ちきれないからおじーさんとおばーさんが二人できてるのかなんて納得したのであるが、皆さんパニック状態であるのである。

皆さん、気が上がって焦って買いまくってるのがよーくわかるのである。

まあ、おじーさんおばーさんにしてみれば、事態がなにがなんだかわからないから不安で、とにかく買いだめしないと日本化から食いもんがなくなってしまうと思い込んで焦ってるんだと思うが、まあ、あと1週間ぐらいはこの馬鹿騒ぎが続くのかね。

ニュース批評   ニュースブログランキング