2011年3月23日水曜日

東京都の水道水から210ベクレルの放射性ヨウ素131を検出

まあ、1回や2回飲んでも、長期的にこの放射性ヨウ素131入りの水道水を摂取しなければ健康に影響はないそうだって、おいおい、あのね、水を1回や2回って、水は毎日これでもかと長期にわたって毎日飲むわけだから、どうやったって長期に摂取するだろう。

もう、これで、近所のスーパーからミネラルウォーターは買い占められて消えてるから、まあ、ネットでもすぐ売り切れてなくなるだろう。

今日、あたしの知人のミネラルウォーターの製造会社の株が大暴騰してるが、この会社の水は東京都の水道水を浄水して詰めてるだけだから、この会社の水を買って飲んでも意味がないんじゃなかろうかと思うが、まあ、日本の他のメーカーも同じことをしてるメーカーはそれなりに似たようなもんだろう。

先日の雨で、どこの水源も汚染されてるのは当然だろうから、細かく調べれば、関東や東北で生産された水物は全部だめだろうと思うのは当然であるのである。

まあ、こうなると、外国産の水を飲むしかないわけだ。

心配な人はボルヴィックとかエビアンとかカイザーとかをネットで大量に注文するしかないねこりゃ。

あたしも以前は飲料水はミネラルウォーターを飲んでいたのであるが、うちの水のレベルを測ってもらったら某てんねんすいよりもよろしいというので、それからは思いっきり東京都水道局の水をそのまんま飲んでるのであるが、残念ながらそのレベルの高い水は放射性ヨウ素131入りになってしまったわけである。

まあ、現在は乳児の基準の100ベクレルを超えているが、大人の基準の300ベクレルを超えていないので、大人は飲んでもよろしいそうであるので、まあ、現在210ベクレルであるので、事情によってもよらなくてもおそらくそのうち300ベクレルを超えるのは必然であると思うが、あたしは東京都の水道水を300ベクレルを超えても飲むのである。

めんどくさいから、なんでもいいのである。

しかし、ねえ、海外のメディアの言うとおり、このまま収束するわけなんかなくてこーなるのは目に見えてるのに、どんどんこーなるのはやっぱり神の思し召しであるのである。

まあ、事故が起きた当初から東電も政府も大丈夫大丈夫てなことを連呼してるのであるが、ぜんぜん大丈夫ではないのである。

事故の早期に米軍の家族に避難指示が出たのはスリーマイルの経験でこーなるのがわかってるからである。

まあ、日本の野菜も原乳も魚も食えなくなって、水も飲めなくなったら、まあ、外国から輸入するしかないやねって、そんなことじゃ済まないのであるが、でも、そうなってるのである。

しかし、すごいねどうも、東電も政府も、こんなもん造ったらいずれこんな当たり前のことが起きるってえことに想像力がないのかね。

まあ、こーんなことになってる現在でも推進派だなんて大きな顔してテレビに出てるバカがいるのであるから、まあ、世の中というものはしょーがねーなー。

しかし、これ、東京でこれなのに、福島周辺の地域の水道水はいったいどうなるのかね。

東京は言える範囲内で、福島周辺の地域はそれを言ったら大パニックになるから、とても言えない状態なのかね。

ううむ、政府もいろいろ隠すことが多くて大変だろう。

これ、しかし、収束するのかね。

海外のメディアはもうリビアで大騒ぎであるのである。

世の中はなるべくしてなりならないべくしてならないのである。

しかしなんだねえ、どんどんすんごくなってるよねえ。

食の安全もへったくれもないよねえ。

ニュース批評   ニュースブログランキング