2012年12月24日月曜日

免疫すり抜ける「変異型」ノロウイルス

免疫をすり抜ける「変異型」ノロウイルスが大流行の兆しであるそうであるのである。

この冬、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎は大流行する兆しを見せているつーことであるのである。

なにしろ、“大流行の兆し”であるのである。

厚労省は、重症化しやすい子どもや高齢者らに特に注意を呼びかけているてなことであるのである。

国立感染症研究所が、全国約3000の小児科病院から報告を受けている定点調査によると、1医療機関当たりの感染性胃腸炎の平均患者数は、12月3~9日の1週間で今季最高の19・62人に達し、過去10年間で最も多かった2006年に次ぐ水準となったつーことであるのである。

感染研によると、今シーズン流行しているウイルスは、人間の免疫をすり抜けやすい性質に変異しており、感染が広がる一因になっているてことであるのである。

同じ変異型のウイルスは、世界的に流行しているとみられるつーことであるのである。

国内では今月に入り、大分県竹田市の病院に入院していた男性患者(当時84歳)が死亡したほか、京都市左京区の病院でも80歳代と90歳代の男性患者が死亡つーことであるのである。

広島市でも1000人以上が集団食中毒にかかるなどしたてなことであるのである。

西日本での流行が目立っているが、北海道や静岡など東日本の各地でも集団感染が確認されているつーよーなことであるのである。。

ううむ、いやはやいけませんねどうも。

免疫をすり抜けるってどーゆーことなんでしょうか。

抵抗できないでどんどんひどくなるということなわけかね。

やだねそれ。

あたしはどんなことがあっても意識不明になるまで医者には行かない主義であるので、免疫に頼る以外に手立てもないので、その免疫をすり抜けるてなことであると、これ、感染したら死ぬか生きるかてな大ごとになるのかね、もしかして、ははは。

笑ってる場合ではないのである。

これは、今から厳重な対策を建てないといけないのであるが、まあ、あたしの場合とにかく外食が多いので、飲食店のトイレに入ったときはよーく手を洗わないといけませんね。

さらに消毒液でよーく消毒もしないといけません。

さらにさらに家にも消毒液を負いで、外出から帰ったら手洗いと消毒を励行する習慣を身につけないといけないのである。

ううむ、無理だな。

そんなことするわけないのである。

インフルエンザがどんなに流行っていても、マスクもしないし、ワクチンも接種しないし、うがいも手洗いもしたことないので毎年かかり放題であるのであるから、まあ、これ、やっぱりノロウイルスもかかリ放題であることは想像に難くないのである。

まあ、今年のインフルエンザは主に香港A型が流行るつーことであるので、まあ、これは、インフルエンザかかり放題免疫抗体製造法のあたしはそれなりに免疫があるだろうから、どーでもいいのである。

ノロウイルスにワクチンがあるつーよーな話は聞いたことがないので、あたしら一般人の対策としては、これ、予防するには手洗いとこまめな手の消毒しかないかね。

まあ、ノロにかかったら思いっきりネタにしてやろうとは思うのであるが、死んでしまうとネタにできねいので、なんとか死なないように今から体力を付けておかないといけないわけである。

体力といえばやっぱり栄養であるので、なんか食いに行かなかければならないのである。

するとノロにかかるリスクも大になるねこれ。

ううむ、しかし食わないと体力が落ちるから食わないわけにはいかないし、あちらを立てればこちらが立たず、こちらを立てればあちらが立たず、とかくこの世は立ちにくいのである。

いや、別にシモネタではないので、あしからずご了承いただきたいのであるが、なにしろてきとーであるのでシモネタといえばそうかもしれないところがアレであるのである。

ううう、だめだ、まあ、いいや。

つーことで、読者の皆さんもあちらもこちらも立てて油断しないように対策を立てていただきたい。

あたしは、何言ってるんでしょうか。

ううむ、ハラ減ったのでめしを食いに行くのである。

さてさて、どうなることやら、明日も元気にゴタクを更新できるんでありましょうか。

まあ、何事も神の思し召しであるのである。

おいおい、霊能力はどこへ行ったんだ。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年12月21日金曜日

ついに本日マヤ暦終末で世界は大変

ううむ、ついに本日はマヤ暦による世界の終末の日である。

世界の衆生を救うために神に選ばれこの世の建て直しを請け負って現し世に現された大霊能者象師匠の神のお告げの御筆先による霊界神界黄泉の国からのチャネリング自動書記霊能新聞はこれを取り上げずしてなんの意味があろうやとゆー事態であるのである。

コーフンし過ぎておつむがまとまらないので、おびょーきの人の文章であるのは否めずといえどもいたしかたないので、どなたもあらいやんと言ってはあらいやんであるのである。

ううう、いかん、くるくるぷーがますます進行してる、おちつけ!あわてるナニはもらいが少ないという定説を知らんのか、このおちょーしもの!。

まあ、とにかくハラ減ったのでちょっとなんか食うので、休憩。


あー食った食った、えーとなんだっけ?、ああ、そうだ、世界の終わりだ。

いったい日本はどうなるのか、世界はどうなるのか、地球はどうなるのか、神は救いの手を差し伸べてくれるのか、あの方は復活するのか、明日は来るのか来ないのか、この世は何時頃で終わりなのか、花火は上がるのか?ってお祭りかよつーことで、さてさて、天変地異次元上昇アセンションは何時頃なのか、楽しみはつきないスピリチュアルイベント満載の2012年12月21日であるのである。

お隣のちゅーごくでは終末論できょーさんとー妥当をかかげた全能神てなシューキョーの皆さんが800人も拘束される騒ぎであるのである。

各地の聖地には自分だけは助かろうというさもしい衆生が集結して、それを目当てに屋台も出たりして終末まんじゅうを売るのか売らないのかどさくさに紛れて占い師も商売繁盛に励むのかハゲるのか、興味はつきないところであるが、日本では今ひとつ盛り上がらないのである。

まあ、いままで、何度もこの世界の終わり的ホラ話に騙されてきたので、さすがにウケなくなってしまったのか、世界の終わりよりも政権交代けんぽー改正こくぼーぐん誕生かさらには断層でげんぱつはどーなるのかAKB2年連続オリコントップ5独占のニュースの方が生活人生経済お楽しみに影響が大きいのかなんなのかどーなのか、なんにしても、だーれもネタにもしないのである。

困ったもんである。

これで、世界がホントに終わったら誰が責任を取るんでしょうか。

ううむ、つまらんのでこの辺でもういいかね。

どれどれ。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年12月18日火曜日

マヤ暦終末論でいよいよあと3日

いやはや、中国でも全能神てな無茶なネーミングの団体が、古代マヤ文明の暦に基づき、「今月21日に世界が滅びる」との終末論を展開しておられるのであある。

それで全能神の皆さんは「大きな赤い竜」と呼ぶきょうさんとーを打倒し、全能神が統治する国家の樹立をするてな無茶な主張しているつーことであるのである。

それで、公安当局におつかまりになった幹部の釈放を求めてけーせつの前で300人がひざまずくてな騒ぎがあったそうである。

これ、欧米各国でも政府が国民に声明を出すなどして同様を抑える騒ぎであるが、しかし、まあ、例の大ぼらのノストラダムス大センセーの予言のこじつけのときも、それを信じこんでショックでナニした人もいたので、まあ、世の中にはホラ吹きの話を真に受ける人が多々おられるということがわかるのである。

しかし、終末てなことで世界が滅びたら、政府だけでなく、本人も滅びてしまうわけであるが、どうも終末がきても全能神の信者の皆さんは滅びないみたいであるのである。

実に都合のいい話であるが、これ、まあ、あの方を信じれば最期の審判で救われるつー論理と同じで、教義としてはありきたりであるが、シロートさんにはわかりやすくてなかなか香ばしいネタであるのである。

まあ、インチキ宗教の皆さんの「信じないと地獄に落ちる」の反対であるが、人間の恐怖心につけこんだ不安商法てな範疇にはいる、まあ、いってみればマインドコントロールであるわけである。

まあ、以前の気功集団という名の元に信者を集めたしゅーきょーのときも大騒ぎになったのであるが、今回は真っ向からしゅーきょーの御旗を立てて信者を集めてるのであるから、そら、いろいろ大変であるのである。

まあ、ちゅーごくでは現在でもじんけんなんかあってないよーなもんであるのはご存知のとーりであるから、これ、公安におつかまりになってる皆さんはとんでもない目にあってるのは想像に難くないのであるが、まあ、信ずるものは救われるわけである。

でも、どうみても、21日に世界が滅びる様子はないのである。

そんなくだらん予言はするのに、震災の前に「日本の東北地方に地震が来るぞ、津波が来るぞ、避難しろ!」てな予言をした霊能者も予言者も預言者も占い師も霊媒師もチャネラーも神の使いもさっぱりいなかったのである。

世界屈指の天才気功家で稀代の念力超念力超能力サイコキネシスを駆使して衆生民主人類の苦難を救うことを旨とする神の使いの大霊能者象師匠がわからないものは誰もわからないのである。

いつも言うことであるが、わかると言ってるやつは間違いなくホラ吹きか詐欺師かおつむのちょーしがとても芳しくない人であるのである。

だめかなこれ。

どれどれ。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年12月8日土曜日

大霊能者象師匠、神のお告げで新発売のスマホを買う

まあ、なんだ、朝の禊ぎ祓い修祓の際の神のお告げで、ケイタイをスマホにしようてなことで、5日に買いに行って買ったのである。

まあ、我社の電話料金支払いの事情でスタイリッシュおしゃれ某あいふぉん5てなもんにできないので、殿様商売がタタって客離れがあらいやんなんて新聞にも書かれてたりする会社のお店に行って、薄くて軽い4.3インチえくすぺりあてなソニーさんのやつを買おうと思ったら、思ったよりも画面が小さくて、ううむ、これはいかん、ここはひとつやっぱり本日発売のあんどろいど4.1のぎゃらくしーえす3α4.8インチ大画面かなつーことで機種変更手続きに1時間もおねーちゃんの要領を得ない説明を聞いて、あたしには用のないあれやこれやの売り込みを全部お断りして買ったのである。

それで、買ってみたらやっぱりカメラの性能が一段とよろしくなっていて、それで象さんのご飯を2回更新してみたら、なんの問題もなくて、神の写真てな意味不明のブログの事情で最近次々に買った5台のカメラが無用の長物になってしまったのである。

まあ、1台は落として壊れてるので、実際の長物は4台であるのであるが、まあ、スマホにしたらおそらくこーなるだろうことはよーくわかっていたので、旧態依然古色蒼然のふぉーまをこれでもかと使っていたのである。

しかし、来年早々に某タイランド王国にご旅行遊ばすご予定が入っているので、日本との連絡に不便なので海外仕様ができるスマホにしようてなことで、早朝禊の際に神のお告げがあって、即日お買い上げになったわけである。

言ってることが支離滅裂わやくちゃであるのである。

神のお告げとはそうしたもんであるのである。

おつむの残念な人の文章みたいであるが、もちろん残念であるのは致し方のないことであるのである。

ううう、いかん、どんどん残念度が増して最高度の残念無念になっているのである。

まあ、なんだ、あたしはケータイはほとんど電話としてしか使わないのである。

昨今は携帯電話ではなく、ケ-タイであるので、さらにそれがスマホになって、皆さんどなたも電話として使うよりもそれ以外の使用目的でご使用になっておられると思うが、あたしは携帯電話として頑固一徹にご使用であるのである。

メールがきても、5文字ぐらいで返信終了であるのである。

絵文字なんか使ったこともないのである。

ケータイでググったりもしないのである。

ゲームもすっかり飽きてしまったので、いっさいやらないのである。

でも、まあ、辞書としては使うのであるが、ケータイでも別に問題はないので、今までスマホにしなかったわけである。

しかし、神のお告げにはさすがの大霊能者象師匠といえども否やを唱えるわけにはいかないのである。

でも、このスマホてなもんが、使ってみると大変便利で、電話以外も大変ご利用になってしまっているのである。

あたしも人の子であるのである。

もちろん神の子ではないのである。

当たり前であるのである。

象気功は当たり前のことしかいわないのである。

ああ、そうか、これで、生放送配信もできるのである。

でも、タイから生配信するとぱけほーだいがきかないのでとんでもない料金を請求されるのである。

でも、一応、サイトに行って設定してみるのである。

ううむ、アホ丸出しであるのである。

アホの壁であるのである。

なんのこっちゃと言われても残念度最高ランクのあたしのおつむはぴんぴろぴーであるのである。

だめだこりゃ。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年11月9日金曜日

念じて家電を操作する家公開

念じるだけで家電製品などを思いのままに動かせる「ブレーン・マシン・インターフェース」の技術を採り入れた家を、通信会社らが出資してつくった国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などが京都府精華町につくり、報道陣に公開したてなニュースであるが、あたしもテレビでこの話題を見て、おどろいちゃったのである。

まあ、これ、実は体の不自由な人や高齢者らを補助する生活環境づくりを目指している研究であるそうである。

その仕組は、頭にかぶった特殊な装置が送信者の脳血流の変化と脳波を読み取って無線で送信して、それをネットワークにつながったコンピューターが、送信された送信者の意思を判断して機器に指令する仕組みでつーことである。

今のところ成功率は7~8割で、念じてから最短6.5秒でその意思を判断できるということであるのである。

車いすに乗った男性が部屋を移動しながら、手を一切使わずにテレビのチャンネルを変えたりカーテンを開け閉めしたりつーのをテレビでも放送してたのである。

この研究は総務省からの委託で、2015年度まで総額約24億円をかけて続けられ、20年度までの実用化を目指しているつーことであるのである。

iPS細胞の研究同様になかなか明るい未来予想を彷彿とさせ、人間もまだまだ捨てたもんじゃないと実感させるニュースであるのである。

なにしろ、ブレーン・マシン・インターフェースであるのである。

すごいねどうも、象気功的には念力装置つーことであるのである。

脳血流と脳の電位の変化である脳波を読み取って電気信号に変えて送信して、コンピューターが判断するわけである。

それで、受信側のモーターが駆動したりして、各種の機器が動いたりするわけである。

まあ、送信者には送信装置が必要であり、受信側の機器には受信装置が必要であるわけであるが、その先には受信装置があらゆるものに組み込まれると、数十年後の将来には総てが思うだけで周囲の物が動くようになるという社会が実現する可能性もあるわけである。

科学的念力時代の到来の幕開けかもしれないのである。

たとえば数十年前に現在の携帯電話、スマホ、タブレットによる情報社会の到来を予測した人は、SFマニア以外にはいなかったと思うのである。

いろいろな未来社会を予見していた漫画の神様手塚先生の想像をもはるかに上回る速度でそのテクノロジーはさらに進化しているのである。

そうなると、その先には、念力を送信装置により発信して、受信側に受信装置のない物をも動かすことができる時代が来ないとも限らないわけである。

科学で念動力を実現するわけである。

ううむ、世界最大最強稀代の天才科学的霊能念力者である象師匠としては、科学者研究者の皆さんにがんばっていただいて、あたしが生きてるうちになんとかその黎明をみせていただきたいもんである。

ううむ、あたしの勝手な願望希望妄想幻想と研究の方向性が違うかもしれないのであるが、そこはそれ科学的霊能念力者であるので、役に立たないお楽しみトークに終始することを旨として日夜暴走するわけである。

ああ、全知全能の神は何ゆえに、人類に限りない変革をもたらす巨大な前頭葉という魔物を与えたのでありましょうか。

しらんがな。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年11月7日水曜日

オバマ米大統領再選

米大統領選は6日、全米各地で投開票が行われ、米メディアによると、民主党のバラク・オバマ大統領(51)が共和党のミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事(65)を破って、再選を確実にしたつーことであるのである。

まあ、よかったというのか、これで今まで変わりなく米経済は低迷してその煽りで日本経済はさらに低迷してさらなるデフレは加速するという、あたしにとっては実にありがたい状況つーことになるかもれないのである。

まあ、アメリカの皆さんも古きよき強いアメリカ回帰よりは、もめごとをやめる方向のアメリカ継続を選んだわけである。

そらそうである。

景気経済の活性化よりも、いつどうなるかわからないという危機的状況を生み出す可能性のあるリーダーを選ぶより、できるだけ穏便な方向にことを進めるリーダーの方が安心であるのである。

先進国の共通した傾向で、できるだけ平穏に暮らすことでを選ぶのである。

今がそれなしに安定してるのに、それをぶち壊してまで、向上しようとは思わないわけである。

いわゆる恒常性の維持であるのである。

まあ、それでも半分はロムニーさんに投票したわけであるから、その皆さんは危機的状況を波乱ていても、今の苦境を脱したいという皆さんもたーくさんおられるのが現状であるのである。

日本でも、あたしみたいな現在のデフレ続行をこよなく愛するろくでなしと、なんとかこの状況を変えたいとする非常事態宣言の皆さんがおらるわけである。

野田さんもストレスでろれつが回らなくなってる状況でさてさて解散は年内なのかはたまた正月早々なのか、オバマさん再選でこの先野田内閣の生命線はいったい伸びるのか切れるのか、阿部さんの胃腸の具合はどうなのか、維新のがらくた国会議員を橋本さんはこの先いったいどーするのか、どう考えてもにっちもさっちもいかない石原さんはこのまま暴走老人から痴呆老人に名称を変更するのか、わがままを叱られた真紀子お嬢は家に帰って腹立ちまぎれに直紀さんをしばくのかどうなのか、ますます波乱を含んで日米経済と霊能新聞の明日はどっちだ。

ははは、なんだこりゃ。

なんか悪いもん食ったのかね。

今日の昼飯の某まるちゃんせーめん醤油味のせいかな。

テレビで役所さんが「なんだこりゃ!?」と連呼してるので、ぜひ何なのか解明しないといけないので、速攻で仕事のついでに通りがかりのスーパーで買ってきたのである。

まあ、これね、たしかに乾麺なのに麺が生麺みたいな食感で、なるほどと思うのであるが、つゆがねえ、あたし的にはたいしてまいうーでもないのである。

これ、あくまでもあたし的にはであって、人によっては大変まいうーなのかもしれないのはいうまでもないことであるのである。

まいうーって今時ゆーやつもいるのかいないのか、石ちゃんもこのさきあのデブを保てるのかどうなのか、とーにょーが出たらデブタレはそれで終了であるのである。

象さんのご飯かよ。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年11月6日火曜日

万里の長城ツアー遭難と旅行会社向け保険

中国河北省張家口(ちょうかこう)市郊外の万里の長城で日本人観光客4人と中国人添乗員1人が遭難、3人が死亡した事故で、ツアーを企画した「アミューズトラベル」(東京都千代田区)が、直接、現地の下見を行っていなかったことも判明し、観光庁は旅行業法に基づき立ち入り検査をすることとなったてなことであるのである。

大変だねどうも。

まあ、このツアーを企画販売したのは8年前にも北海道で同様のずさんな企画で8人が亡くなられるという前代未聞のとんでない遭難事故を起こした会社であるのである。

前回の8人の遺族への保証で会社が潰れてしまうのではないかというご心配をよそに「おかげさまで20周年!」なんてことで絶好調であるのである。

そこはそれ、こういう業界の常で、事故があったときの備えとしてそれなりに保険をかけてあるので、その辺は抜かりがないわけである。

それで、旅行会社向けにどんな保険があるのかしらんなんてことでググってみると、旅行事故対策費用保険、旅行業者賠償責任保険、旅行特別補償保険さらには宿泊施設での万が一の場合に備えて旅館賠償責任保険てなもんがあるのである。

なるほどこれならいつどんな事故が起きても会社側は保証で右往左往することはないわけである。

前回の北海道での遭難事故の教訓から学んだ会社側ではさらに厳重に保険を検討し、かけていたことは想像に難くないのである。

しかし、保険には反映されてるだろう前回の事故の教訓は、営業サイド、客の安全に関することにはさっぱり反省されていない様子であるのである。

まあ、その保険金、保証金で遺族を黙らせる自信があるのかないのか、今回の遭難の経緯の説明と謝罪に責任者である社長が出てこないのはいったいどーゆー体質なのかと思うのはあたしだけではないと思うのであるわけである。

まあ、しかし、保険がどうのこうのよりもツアーの企画がいいかげんで事故となったわけであるので、旅行会社としての評判が落ちて、売上がた落ちで潰れるんじゃなかろうかと思うのが当然であるわけである。

ところがこの会社の主力商品が中高年に人気の登山ツアーやトレッキングツアーであるので、振り込め詐欺にいとも簡単にひっかかるおじいさんおばあさんてなところに向けた中高年どころか老人老婆向け隙間産業的旅行ツアーつーよーな立案企画によるところがこの会社の存続をならしめているおいしさ満点の要点なのかもしれないわけである。

まあ、おそらく、客側でも遭難事故に備えてのそれなりの旅行災害保険に加入させられてからツアーに参加ということであるだろうから、文句がそんなにでないのかどうなのか、聞いてみたわけではないので定かではないのである。

まあ、あたしも一時期、山歩き、トレッキングに凝って、あちこち登ったり歩いたりしてみたのであるが、そのころは登山ツアーてなもんはなかったように思うので、これ、昨今の不景気に寄る現役の勤労世帯よりも多い年金ぐらしの年収で趣味が多様化している団塊の世代中心の現象であることは否めないんじゃなかろうかとあたしなんかは勘ぐるわけである。

ううむ、勘ぐるはおかしいか。

まあいいや。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年10月19日金曜日

インターネット生放送をやってみる

まあ、最近、個人配信てえのか、インターネットで生放送配信が誰でも簡単にできるわけである。

いわば、テレビ番組やラジオ番組を個人で作って配信できるわけである。

先日、ロンブーの淳さんも某生放送主として参加して話題であるが、まあ、あたしも天下無双今世紀最大最強古今未曾有の大霊能者象師匠としては流行に乗り遅れるわけにはいなかいので、試しにやってみたのである。

やってみると、これ、ウェブカメラの付いたノートパソコンがあれば、あたしみたいなIT音痴でも簡単にできるのであるから、おにーちゃんおねーちゃんはこれにはまって、学校も行かず仕事も辞めて朝から晩まで放送してるなんて人もいるのである。

まあ、実際に放送してみると、不特定多数の人間が見ているわけであるから、それなりにテンションが上がって、アドレナリンもドーパンミンも大放出で、まあ、おクスリをやった状態になるわけである。

だから、人によっては、これ、まあ、いわゆるちゅーどくになるわけである。

ネトゲ廃人あるいはゲーム依存症てな言葉があるが、いわば放送廃人あるいは放送依存症てなことになるんだろうね、ううむ。

さらには、ニート、ひきこもりの皆さんには唯一の社会との接点つながりになったり、さらには同様の状態の人同士でオフ会をやったりしてお楽しみであるのである。

それで、この放送しかやってない皆さんは視聴者リスナーからのギフトてなことで現物や現金振込等で生活をなさっておられる人もいるのである。

まあ、この皆さんの用語ではコジるてなことをいうのである。

まあ、昔から、ナニと役者は3日やったらやめられない、てなことをいうわけであるが、これ、ナニの方は仕事をせずに暮らせるし、役者の方は生放送てなものはいわば役者そのものであるので、両方共みごとに兼ね備えた現代版「ナニと役者」に当てはまって、学業も仕事もほっぽり出して夢中であるわけである。

これ、いろいろ見てると、お笑い同様「殴られたらおいしい」てなことの延長線上に「けーさつ来たらもっとおいしい」てな視聴数アップ、ランキングアップの思惑で、けーさつを巻き込んでのやりたい放題であるのである。

それで、その個人生配信者をみてみると、まあ、大半はネタで馬鹿騒ぎをしてるだけであるのであるが、中にはモノホンのおつむのおびょーきの人もけっこういて、某配信サイトでは、おつむのちょーしが悪くてその手のびょーいんに入院してるうら若い20代のおねーさんのお部屋から24時間生中継なんてのがあって、食事から寝てる姿からお風呂上りまで24時間リアルタイムで実況中継してるのである。

これ、いったい放送コードてなものはあるのかないのか、見る方は興味津々大笑いでも、ご家族が見たら驚天動地びっくり仰天であるのである。

「うわあ、うちの娘がおつむのびょーきを自慢してる、誰か何とかしろおおおっ」

てなことなのかどうなのか、先日、アカウントが削除されて、録画も全部削除されてたのである。

まあ、放送してるあたしもハタから見ればおびょーきの人の1人かもしれないのである。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年10月6日土曜日

FB利用者10億人、世界の7人に1人利用

インターネットの交流サイト、フェイスブックは4日、過去1カ月間にフェイスブックにログインするなどした利用者が世界で10億人に達したと発表したのであるのであるつーことである。

国連の昨年の試算によると世界人口は約70億人で、7人に1人が使っていることになるつーことであるのである。

 2004年に同社を立ち上げたザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は「10億人をつなぐ手伝いをするのは、驚きであり、身の引き締まる思いであると同時に、人生の中で最も誇りに思うことだ」とコメントを出したつーことである。

 まあ、それで、利用者の平均年齢は約22歳で、1億人に達した08年8月と比べて4歳ぐらい若いてなことである。

また、携帯端末での利用者は約6億人おり、「いいね!」機能が09年2月に始まってからは、約1兆1300億回使われているというてなことであるつーことである。

まあ、なんだね、平均年齢が22歳で、昨今さらに低年齢下してるつーことは、これ、ネットの特徴で今さらながらお子様文化であるわけである。

まあ、あたしの周囲でも、親族知人友人のお子様から、お子様ではないいい大人の多くの皆さんもこれを利用しておられるわけであるが、あたしは登録してないのである。

これ、基本が本名であるからである。

象師匠なんて本名はないのである。

それで、現在までまったくこれを利用する気はなかったのであるが、利用者が世界で10億人てなことになると、これを利用しないと時代から取り残されるんじゃなかろうかてな危惧焦燥苛立ちを隠せないなんてね、ううう、泣きそうだ。

象気功も場所でもないし、企業名でもないし、単なるフェブサイトの名称であるので、そんなもん登録できるのかねしかし。

でも、まあ、登録情報を見てみると「著名人・有名人」てな項目があるので、「象師匠」てなお名前はこじつければそれに類しないことでもないてなことは言えないこともないのである。

しかし、住所も晒せないし、年齢も晒せないし、写真も晒せないしで、プロフィールも作成できないのである。

知らせる知り合いもおらんし、とくに友達も欲しくないしで、じゃあ、なんのために始めるのかわからんのであるが、なにし利用者10億人、世界人口の7人に1人がやってるのであるから、最先端科学的霊能者の象師匠が参加しないわけにはいかないのである。

何をいってるのか自分でもわからんのであるが、まあ、ものすごく遅ればせながら流行りもんには一応のっとけのっとけつーことであるのである。

ツイッターもてきとーにやって何度も停止されてるぐらいであるのであるが、てきとーいいかげんな利用法をするとやっぱり停止されるのかねこれも。

まあ、やってみなけりゃわからんので、暇があったら登録してみるのである。

もちろんほったらかしになるのは目に見えてるし、時間の無駄かもしれないのであるが、いずれにしても暇つぶしの人生であるので、望むところであるのであるが、そんなに張り切るもんでもないのである。

ううむ、めんどくさくなってきた。

興味がないのにネタにするから無理矢理だね。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年10月1日月曜日

文科相に元外相の例のあの人起用へ

野田佳彦首相は10月1日、3回目の内閣改造を行う。文部科学相に田中真紀子元外相を起用することが内定したつーことである。

田中氏は9月の民主党代表選で出馬を期待する声があったが、首相の再選支持に回ったつーことであるのであるそうである。

民主党幹事長代行に就いた安住淳財務相の後任に城島光力前国対委員長、政調会長に就いた細野豪志環境相の後任には長浜博行官房副長官を起用であるのであるつーことである。

法相兼拉致問題担当相に田中慶秋党副代表、厚生労働相に三井辨雄(わきお)党政調会長代理、国家公安委員長に小平忠正衆院議院運営委員長の起用が内定したてなことであるつーことであるそうである。

田中真紀子元外相は「総理から話がございました。私でお役に立つか、わからないけれども、ということは申し上げた」と話したということであるつーことであるのである。

なるほどね、まあ、これ、真紀子さんの起用は、総裁選を降りてもらうつーことで事前の話し合いがあったのかどうなのか、まあ、とにもかくにも第1次小泉内閣での外相以来10年ぶりに入閣したわけである。

まあ、真紀子さんも小沢いっちゃんが出てってしまったし、さらには防衛相で脳なしを露呈してしまったダンナの穴埋めなのかなんなのか、ここはひとついよいよ自分が表舞台に出る布石にしようてな気持ちがあるのかどうなのか、まあ、もちろん小泉さんのときのように人気取り人寄せ何とかに利用されてるのは本人もご承知だろうねいくらなんでも。

まあ、小泉さんのときに外務省と大もめになって、結局は大損するはめになった経験から、今度は文科省とは仲良くやっていくのかどうなのか、始まってみなきゃわからないというお楽しみを孕(はら)みつつ、まあ、野田さんもそこんところはよーく言い聞かせてあるとは思うが、どうなんだろうか。

まあ、これ、もちろん、功罪はあれ偉大なお父様の築いだ日中関係のパイプの影響力を頼りに、尖閣問題を見据えた人事であるてなわかったようなわからないような外野のざわめきもざわざわと喧(かまびす)しく聞こえてくるわけであるが、なにしろ外相ではなく文科相であるのであるから、どーだかこーだかホントのところはわかったもんじゃないのである。

しかし、果たしてこれでホントに多少でも効き目があるのかないのか、単なる気休めなのか気の迷いなのか、どーなるのかこーなるのか、日本の明日はどっちだ?

ああ、やっぱりあっちか。

あっちもなあ、ううむ。

象師匠ったら、ぜんぜん真剣に考えてないのね。

いやん、めっかっちゃった。

さんまかおまえは。

ううう、つまらん。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年9月30日日曜日

橋下維新代表「尖閣決着は国際司法裁判所で」

新党「日本維新の会」代表の橋下徹大阪市長は29日に大阪市内で開かれた同党の公開討論会後の記者会見で、次期衆院選での自民党との連携について「安倍晋三総裁とも考え方が重なる部分があるが、自民党とは選挙では戦わざるを得ない。政策を選択してもらう」と述べ、対決する方針を改めて示したそうである。

一方、橋下氏は同討論会で、尖閣諸島や竹島、北方領土の問題に関して「(日本の)固有の領土と言うだけでなく、解決方法として国際司法裁判所(ICJ)を活用する戦略を打ち出したい」と述べ、先に表明したICJ活用案を次期衆院選までに同党の方針とする考えを明らかにしたつーことである。

しごくごもっともなご意見であるのである。

まあ、竹島問題に関しては、先日のこちら側の国際司法裁判所への提訴提案をあちら側がお逃げになってるということは、これ、あちら側がそうなると不利であることがわかっているということがあちら側にわかっているということであるわけである。

国際司法裁判所への提訴は両国が同意しないと取り上げられないつーことであるので、まあ、日本が提訴を提案してあちら側お逃げになってるのであるから、竹島問題に関しては、なんつーのか、ことの正否はともかく国際的な印象もこちら側が有利であると考えられるわけである。

しかし、そうはいっても、選出されている国籍の違う任期9年の15人の裁判官の裁決が実際にはどうであるかはその場になってみないとわからないのが裁判であるのであるのは覚悟しなければならないのは言うまでもないことであるのである。

尖閣問題に関しても野田さんの先手を打った国連総会での国際裁判所提訴の提案発言に対して、しまったと思ったのか、あちら側も米メディアにいろいろと積極的にアプローチして広告などをお出しになって布石を打って、印象を自国有利にしようてな意図が感じられるわけである。

1012年ストックホルム世界平和研究所の発表によると、昨年のこちら側593億ドル、あちら側1430億ドルてな世界有数のとんでもない予算の有事の備えがあるわけであるので、これが発動されればお互いに取り返しの付かないことになるのはわかりきっていることであるので、どちらの首脳も自国民の手前いろいろとパフォーマンスはあっても、本気でやりあう気はないわけである。

そうなると、国際司法裁判所の裁定に従うか、あるいは首脳間の極秘裏の話し合いで両国民が納得する妥協案をみつけて、まあ、いわゆる和解工作をするのが解決の道であるわけである。

まあ、それで、もちろん国際司法裁判所が必ずしもこちら側に有利な裁定を下すかどうかはなんともいえないところであるが、まあ、子供のけんかのようにあーだこーだ言い合っていてもさっぱりものごとが進展せず、お互いに経済的損失がどんどん大きくなるので、なんとか妥協点をみつけて、うまく解決するには、もめごとはやっぱり第三者に付託して解決するのが泥沼にはまり込まない大人の知恵であるわけである。

霊能新聞社説かよ。

つーことで、ううむ、台風17号が強烈なのね。

関東地方には今夜から明日未明にご来駕遊ばすのね。

東京で風速45mかね、すごいね。

雨量は明日までに400mmって、いやはや、いったいどのくらい降るのかね。

  ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年9月23日日曜日

少女誕生会に4千人殺到、ネットで誤招待

まあ、これオランダのメディアによると、同国北部ハーレンで21日夜、インターネット上で16歳の少女の誕生会が開かれることを知った約4000人が、少女の自宅周辺に殺到して、一部がぼーと化して逮捕者まで出たつーことである。 

少女は自宅から避難していて無事だったつーことであるが、その少女が、会員制交流サイト・フェイスブックに掲載した招待状を誤って、一般公開したのが騒動のきっかけで、友人だけに送ったつもりだったのが、約3万人が招待状を見ることになったつーことである。

招待状を誤って一般公開した後、インターネット上には、米映画で高校生が企画した誕生会に多数の人々が集まり大騒ぎになる様子を描いた作品を模倣した、少女宅周辺に集まるよう呼びかけるサイトが複数設置されていたつーことである。

つまり、これ、ようするにおもしろがって誤招待に便乗したネット上のイタズラがエスカレートしたわけである。

人口約1万8000人の町に押しかけた4000人の若者らの一部は商店を襲撃したり、車にほーかしたりして暴れたうえ、おまーりさん達とも衝突して、34人が逮捕され、30人以上が負傷したそうであるから、近隣の住民にとってはえらい迷惑な話しである。

誕生会開始までのカウントダウンや、Tシャツ販売も行われていたつーことであるが、まあ、しかし、なんだね、ネットの影響で政権がひっくり返る時代であるから、面白がってもいられないわけである。

まあ、それで、日本との国民性の違いなのか、先進国でも国によっては集まるとたいてい一部あるいは全部がぼーと化して大暴れするてなことになって、おまーりさんともめてお捕まりになる人やけが人が出るのである。

これ、そうなるとぼーと化した皆さんはたいてい近隣の目についた無関係の商店をお壊しになったり火をお付けになったり商品を無断でお持ち出しになったりてな大活躍ぼーきょにおよぶのである。

近隣の商店の皆さんにはとんでもない災難であるのである。

これって災害保険や盗難保険てなもんが適用されるのかねしかし。

まあ、とにかくこれが現在の日本であると、ネットを見たおやんきーや族の皆さんが多少その中に混じってお集まりになったとしても、小競り合いはあれ、ぼーと化して無関係の商店に雪崩れ込んで火をお付けになるてなことはおそらく頼まれてもしないのである。

誰が考えても、無意味なことでその後ものすごくバカをみることになるからである。

やっぱり、諸外国では、無意味なことでバカをみても暴れたいぐらい、国や生活に不満のある若者が多いつーことなのかね。

逆にゆーとなんだかんだいっても現在の日本は無意味なことで暴れてバカを見るてなことはしたくないぐらいの程度には安定してるつーことだろうねうふん。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年9月8日土曜日

レスベラトロールに食物アレルギー予防効果?!

赤ワインなどに豊富に含まれるポリフェノールの一種「レスベラトロール」に、食べ物で発症するアレルギーを抑える効果があることを、山梨大大学院の中尾篤人教授(免疫学)らのチームがマウスを使った実験で突き止め、4日付の米オンライン科学誌「プロスワン」に発表したのであるのである。 

卵や小麦、牛乳などで体の免疫機構が過敏に反応し、ショック症状を起こす食物アレルギーは近年増加し、ご存知のように重症化すると死亡することもあるのである。

有効な予防法はなかったが、中尾教授は「この成分は既にサプリメントとして製品化されており、予防ができればメリットは大きい」としているのであるのである。

つーよーなことであるが、かつてレスベラトロールはサーチュイン遺伝子を活性化し長寿につながるということでブームになったのであるが、その後「効果が確認できないので臨床を断念した」てなニュースもあったりして、あたしのマイブームも沈静化してすっかり飽きて、思い出した時だけ飲むつーよーな、それこそ効果があるんだかないんだかてなことになってたのである。

まあ、なにしろ長寿効果なんてのは臨床のスパンが数十年に渡るだろうから、地道な研究者による今後の報告を待つしかないので、現状では賛否の情報が錯綜してなんともいえないわけである。

それで、あたしは基本的にぜんそく持ちでアレルギー性鼻炎であるのでこのニュースが気になったわけであるが、まあ、今までレスベラトロールを飲んでみて何か効果があると感じたことはないのである。

このニュースでも食物アレルギーに効果があるとしているので、やはりあたしのアレルギーには効果がないみたいねどうもうふん。

うふんはよけいである。

もうこれを書くのに飽きてしまったのでおつむがふざけているのである。

とにかく飽きっぽいのでレスベラトロールもすぐ飽きてしまったので、サプリメントの棚にまとめ買いした壜が大量にあるのである。

まあ、サーチュイン遺伝子活性化もそうであるが、マウス実験でそれが人間にも即効果があるかどうかは臨床を待たないとなんとも言えないわけであるが、食物アレルギーを持つ人からすると命にかかわることであるので待ってもいられないかもしれないのである。

あたしはメロンを大量に食うと胃がおかしくなるので、メロンの食物アレルギーかもしれないのであるが、メロンが特に好きというわけではないので大量に食うことはないので、メロンを食う前に予めレスベラトロールを飲むてなことは今後もないだろうね。

ううむ、あたしのアレルギーとあんまり関係ないのでいまひとつテンションが上がらなくてだらだらになってしまったのである。

まとまらんが、こんなところでひとつ、お願いしますよ。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年8月18日土曜日

某若貴母藤田紀子さん(64)と某ピース綾部さん(30)

ううむ、なんである、世間は領土問題が三所攻めであちこちから押し寄せて、それをなかったことにしようと画策する野田さんのお手並み拝見てなことでニュースはそれ一色の中、紀子さん64歳と綾部さん30歳のご交際であるのである。

まあ、綾部さんはネタも含めて、常々、じゅくじょ好きを公言していることから、まあ、ご交際がおもいっきり週刊誌に露出したわけであるが、しかしこれ、じゅくじょ好きというよりはろーば好きじゃなかろうか。

ただいま紀子さんに対し大変失礼な発言がありましたことをお詫びして訂正いたします。

ろーば好き→おばあさま好き

ううむ、まあこれ、じゅくじょてなもんが何歳までかつーことになるわけであるなあ。

ほほう、なるほど「30代から50代の成熟したお色気の漂う女性」てなことであるのである。

そうだろうね、あたしも同感であるのである。

まあ、しかし、これは個人的な感覚の問題であるので、綾部さんにとってはもしかすると80代までがターゲットの範囲かもしれないのである。

まあ、このへんになるとお笑いを通り越して、その女性の財産狙いとか言われかねないのであるが、ううむ、実にどーでもいい話題である。

どーでもいいならこんなネタはやめて、まともなニュースを取り上げればいいだろうてな話であるが、ところがどっこい象気功はスピン・オフも含めて役に立たないことがコンセプトであるのである。

まあ、それで、残念なことに昨日の笑っていいともは綾部さん出演の曜日ではないので、その顛末のコメントが聞けなかったのである。

これをタイムリーに生でネタにできない綾部さんも大変残念に思っているんじゃなかろうかと思うのであるが、まあ、なんだね。

現在のお笑い芸人てなものは数十万人の死亡者いや脂肪者いやこれもちがう志望者おおこれだこれだ、そのものすごい数のお笑いタレント志望者の中から這い上がってくるのであるから、綾部さんのような人気芸人といえども後ろにはいくらでも順番待ちの若手が並んでいる状態であるわけである。

そうなると、なんでもいいから話題が世間に周知されないといつのまにかいなくなってしまったりするので、私生活も含めてお楽しみを常に用意して話題作りをしていかないと競争に生き残れないわけである。

私生活も含めてのエンターテイメントであるのが現在のお笑いであるので、一日中、寝てる間も芸をやってる状態だろうから、ううむ、そうとうなエネルギーがいるね。

まあ、これが綾部さんが事務所ぐるみで意図的に仕掛けたもんなのか、紀子さん側が仕掛けたもんなのかどーかは定かではないのであるが、とにかく露出が欲しい芸能人としては願ったりかなったりの仕儀であるだろうね。

紀子さんはこれまでにも奇妙な行動言動の大活躍で数々の面白ネタを発信してくれて、我々お笑い好きには実になんともうれしい存在であるのである。

しかしこれ、おにーちゃんや親方を含めた紀子さんの親族からしてみたら困った人であるのは想像に難くないのであるが、まあ、お互い様かね。

メディアにリア凸されちゃう芸能人有名人は毎日が大変であるのであるが、まあ、それがご商売であるのでいたしかゆしであるのである。

午後6時のニュースで領土問題の後にこのネタであるから日本はまーだまだ盤石であるのである。

そうでもないかね。

まあ、なんでもいいや。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年8月3日金曜日

ロンドンオリンピック雑感

まあ、なんである、ものすごく久々の更新であるのである。

こんなに間が開くといったい何が新聞なのかつーことで、記事がすっかり古聞になってるのである。

そうこうしてるうちにロンドンオリンピックも陸上競技が始まろうてな勢いで進行して、日本期待の柔道も男子100キロ超級と女子78キロ超級を残すのみとなったわけである。

まあ、それで、その全日本柔道連盟と日本国民の期待を背負って2回戦で負けちゃった選手もおられるわけである。

その敗者にインタビューするアナウンサーがまた下手で、身も蓋もない質問で、血も涙もないあたしがひくような場の雰囲気であるのである。

まあ、あたし的には、柔道人口で日本を上回る国もあったりして、日本選手を凌駕する各国選手が登場することは実にめでたいことであると思うのであるが、これが発祥国のプライドに照らし合わせると柔道連盟的にはそうでもなくなるらしいのである。

それで、うっかり負けた選手は「申し訳ない」と泣いて詫びるわけであるが、これ自体がご無体で見てらんないのである。

まあ、これはそうさせる役員監督コーチのプレッシャーが原因であるわけであるので、選手の皆さんに申し上げてるのではないのである。

勝負であるから、同じ人間が同じ体重で同じような練習を積めば、さらにはビデオなどで事前の研究も同様にできるわけであるから、外国選手が勝つこともあるのは当然でなんの不思議もないのである。

勝負は時の運で、うっかり負けたからといって、取り返しの付かないこの世の終わりみたいに悲嘆にくれる話ではないと思うのはあたしだけかね。

とくにスポーツは緊張して固くなればなるほど力が出ないというのはシロートでも知ってることであるから、「絶対に負けられない」てなプレッシャーを掛けられたら勝てるもんも勝てなくななるのはそうとうなぱーでもわかるわけである。

実践の場においての監督コーチの役目は、いかに選手をリラックスさせてその力を最大限に引き出すかということも重要であるのは当たり前であるのである。

緊張させて力を最小限にするようなプレッシャーのかけ方はなんの意味があるのかねしかし。

まーだ、根性論で勝とうしてるとしか思えないのである。

今後もこのままの方向性であれば、日本柔道はさらにオリンピックで勝てなくなるのである。

それはそれとして、あの敗者インタビューはどうにかならんのかね。

負けてこれでもかと悲嘆にくれてる敗者にさらに下手くそなインタビューで責め立てて、翌日は朝から晩までこれでもかと一日中にわたってそれを何度も放送して晒し者にするのはなんとかやめにしてくれと選手が声を上げたほうがいいんじゃなかろうか。

見てるほうが気の毒で見てらんないのである。

さらにはその晒し上げを一日中見てるご両親ご家族の心情をご推察申し上げると、これなんといっていいのか。

さてさて今夜の試合はどうでしょうか。

リラックスできるかな。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年2月20日月曜日

活躍してない家電第1位は食器洗い乾燥機

家庭の中で活躍していない家電は、「食器洗い乾燥機」「衣類乾燥機」「ホームベーカリー」てな結果が、昨年12月にハウスキーピング協会(東京都渋谷区)が行った家事労働に関する調査で出たそうであるのである。

ううむ、ものすごくどーでもいい。

こんなことをネタにするのもどーかと思うが、これ実は先日、仕事でいっしょに昼飯を食ったおじんさに飯くいながらのクイズで出された問題であったのであるが、今日のネットを見てみたらば本日20日付のニュースで取り上げられていたので、「ううむ、なるほど」と読んでしまったのである。

まあ、あたしは、紙の新聞は某あさひの石井センセーご執筆の「ののちゃん」をご愛読する以外は、じゃいあんつ御用組合紙某スポーツお報知の1紙だけであるので、この記事ので出どこが某さんけいさんだったのかどーなのか、その時のあたしの答えはまるっきり不正解であったのである。

以前には電子レンジが一番使われない家電てなことがニュースになったことがあるのであるが、その後電子レンジはグルメ番組なんかでいーろいろ便利な使い道を紹介されたのかなんか今回はベスト3にもお入りになっておられないのである。

まあ、電子レンジは我社御用達のおコンビニ弁当お惣菜には欠かせない神器であるので、コンビニ文化隆盛の昨今、どこのご家庭も電子レンジなしには生活できない食文化事情で、一番活躍している家電てな部類かもしれないのである。

まあ、たとえば仕事場ではインスタントコーヒーやティーバッグの紅茶なんかを飲むときにも我社では電子レンジでカップに入れた水をお湯にして作るので、事務所の電子レンジも朝から晩まで大活躍であるのである。

まあ、衣類乾燥機は以前には某まつしたさんのやつが自宅にもあって、これ、ものすごく重宝で、けっこう使っていたのであるが、ある日ものすごく焦げ臭くなって、どこかの配線から煙が出てきたので、そのまま、役所の処理場に持って行って捨ててしまったのである。

まあ、考え様に寄っては、電気製品の発火であるので、これクレームで連絡すればメーカーとしてはリコールの対象にもならないではない事態であるが、なにしろあたしゃ日本一のめんどくさがりであるので、そんなことでもめてる時間がもったいないので、すぐ捨ててしまったのである。

そのあたしが大変重宝して発火するほど使っていた衣類乾燥機が活躍していない家電に入ってるってのは、よくわからんのであるが、やっぱり日に干さないと雑菌細菌がどうのこうのと心配になるからなのか、まあ、やっぱりこのエコ加速の時代背景による電気代節約であるのかね。

まあ、あたしの場合は、アイロンなんかも最近はほとんど使わないっちゃ使わないのである。

ほら、あの形態安定てな処理加工のせいで、ワイシャツなんかでも洗ってそのままでもけっこう着られたりして、なんでもかんでもアイロンかけないと着られなかった時代と比べるとクリーニング屋さんにも影響多大であると思うぐらいであるから、早晩、アイロンは使われない家電にお入り成る可能性があるかもしれないね、うん。

なんだこりゃ。

まあ、書いちゃったから、一応UPしましょうね、うふん。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年2月15日水曜日

脂肪燃焼効果報道でトマトジュース売り切れ

フードファディズムてなことであるそうである。

フードファディズムつーのは、まあ、健康やダイエットに効果あるてな商品が報道されると、あたしも含めたアホな消費者が我も我もと列をなして飛びついて、その商品が一時的に品切れになるてな現象であるのである。

まあ、以前、バナナダイエットがブームになったときはスーパーの店頭のバナナが品薄になって、売り切れたりもしてたのをご存知の方も多々おられると思うが、すぐ飽きられたのかどーなのか、現在はバナナは盛りだくさんで陳列されているのである。

これ、トマトを1日に6個食うとマウス実験の同様の効果が得られるてなことであるが、毎日毎日、トマトを6個も食ってたら、ご存知のとおり、大昔は国によってはトマトは毒野菜てな見方もあったとおり、トマトは仮性アレルギー・アレルギー誘発食品で、ヒスタミン、アセチルコリン、サリチル酸化合物などのアレルギーを引き起こす成分・因子がこれでもか含まれているわけであるので、大量に毎日摂取すれば、アトピーなどのアレルギー体質の人はとんでもないことになったりもするわけであるので、なんでもかんでも飛びくのはどーかと思うのはあたしだけではないと思うのである。

まあ、肥満、デブ、太り過ぎなんて人は、特殊な場合を除いて、基本的に動くことが嫌いで食うことが好きな人間であるので、痩せるための食事制限や運動てな努力や辛抱のいることは嫌いで、できれば楽をして痩せたいということであるので、この手の、「食うだけで痩せられる」てなニュースがあると居ても立ってもいられず、スーパーに直行突撃するわけである。

まあ、ご存知の方はご存知のとおり、あたしも人後に落ちないむちゃくちゃな大食いであるので、肥満、高血圧、高脂血症、動脈硬化てなことを考えると、とにかく脂肪燃焼をしたいわけである。

あたしはそのために、とにかく運動運動で、日々、大暴れをしているわけであるが、これ、とにかくめんどくさいっちゃめんどくさいわけである。

だから、できれば、何にもしないで「食うだけで痩せられる」てな商品があれば、試してみたいわけであるが、だいたいが、「世の中にうまい話はころがってない」というのが実感であるのである。

あたしなりのダイエット経験からいうと、地道に適度な運動と食事時間帯も考慮に入れた適度な食事制限であるのである。

まあ、当たり前であるのである。

象気功は当たり前のことしかいわないのである。

当たり前でないことはできるだけやらない方が無難であるのは当たり前であるのである。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年2月13日月曜日

ホイットニーさんの人生

ホイットニーさんが、昨日、日本時間午前8時55分にホテルの部屋で亡くなられているのが発見されて、世界中で大騒ぎであるのである。

まあ、なにしろホイットニーさんは世界で最も売れている歌手の1人てなことをいわれて、例の「ボディガード」のサウンドトラックが4200万枚以上の売上で、累計セールスはアルバムは1億4,000万枚以上、シングルは5,000万枚以上売りあげて、アメリカ合衆国のRIAAより「アメリカ合衆国で(女性アーティスト史上)4番目に売れている歌手」と評価されてるつーことで、まあ、天才クラブ歌手といわれたあたしもさすがに、この人には負けると言わざるを得ない全盛時の歌声であるのである。

誰が天才クラブ歌手だ。

ううむ、昼飯を食った直後なので、ボケも間抜けでツッコミはされに間抜けになってしまった。

ホイットニーさんの全盛時の歌声を聞くと、他の歌手の歌声が雑音にしか聞こえないほどレベルがちがうわけであるが、それで、世界有数の大金持ちになっても、本人の趣味嗜好に加えて男の趣味が悪いと、ご存知のその後のてんやわんやの人生で、お亡くなりになる2日前のパーティーで撮られたビデオを見ると、あの美貌どこへやら、すっかりどこかに置き忘れてしまって、余興にしか聞こえない声の出ない情けない歌声を聞くと、「ああ、なにごとも人生というものはフィフティフィフティであるなあ」と感慨にふけるわけである。

まあ、しかし、好みというものはいかんともしがたく、ホイットニーさんが好きなら、らんぼーものでも、度重なる犯罪、不祥事続出の困ったボビーさんでも、それはそれ、一度惚れたらあばたもえくぼ鶏も孔雀で、ううむ、鶏が孔雀には見えんか、まあいい、とにかく、その人生が融合されて巻き込まれて、あらえっさっさーてなことになるわけである。

ホイットニーさんが倒れていたのは、ビバリーヒルズにあるビバリー・ヒルトンホテルの客室で、発見したのはホイットニーさんのボディーガードだったそうであるが、地元警察は会見で「事件性はない」と発表したそうである。

まあ、いろいろ転落没落で奈落の底へ落ちても、腐っても鯛、歌えなくてもホイットニーで、最後がビバリーヒルズのビバリー・ヒルトンホテルであるところが、最後まで世界の歌姫であったわけであるが、なんだね、人間つーのはおもしろおかしくできてるもんであるのである。

これで、ホイットニーさんが、いっちょう生き方男癖を変えて、能なしでも堅物で危ないことヤバイことは大嫌いなんて男にくっつけば、使い切れない莫大な財産資産で、豪華絢爛満願成就勇気凛りんのこの世の天国で一生を終えることができたと思うのであるが、そこはそれ、ホイットニーさん自身が自分でも持て余す爆発的エネルギーであるので、同様に持て余すエネルギーで子供の頃より大暴れのボビーさんとすっかり意気投合してねんごろにおなりになって、本人の趣味嗜好に加えてさらに乱暴狼藉な生活に突入して、人生をわやくちゃにしてお楽しみになったわけである。

まあ、世間様とゆーものはあたしも含めてやっかみひがみで、有名人著名人がお亡くなりになると他人の不幸は蜜の味で、その欠点災難を洗い出して、それみたことかと、ゴミ塵芥吹き溜まりのような自分の人生を棚にあげて、これでもかとあることないこといいたてて楽しむわけであるが、もちろん、ご本人ご家族には大きなお世話であるのである。

まあ、くだらないあたしの人生も含めて、人生はすべからくなるようにしてなりならないべしてならないわけであるのである。

心より、安らかなるご冥福をお祈り申し上げるのである。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年2月11日土曜日

中畑さんもインフルエンザ、学級閉鎖等、前年比2倍以上

いよいよ、インフルエンザの本番到来であるのである。

今年はホンコンA型だそうであるが、まあ、仕事をしながらのニュースの聞きかじりであるのでどーだかね、まあいいや。

まあ、とにかく毎年早めにインフルエンザにかかって免疫を作りたいあたしは年末から年始にかけて、まだ数少ないインフルエンザらしい人に近寄って、努力の成果でめでたく感染したのかどうなのか、38度5分の熱が出て、鼻詰まりで閉口したのであるが、まあ、そのときの症状とベイスターズの中畑監督のインフルエンザの症状とを鑑みるに、おそらくこのインフルエンザであると思うのであるので。

つーことであたしの今年のインフルエンザ対策は絶好調OKであるのである。

まあ、ジャイアンツの組合紙スポーツお報知でもジャイアンツの記事よりもインフルエンザにかかった中畑さんの記事関係ばっかり目立って、組合紙の意味がないんじゃないかと思うくらい中畑人気絶好調であるが、まあ、元気が売り物で頑健な体躯の持ち主の中畑さんも、さらにこれ以上丈夫な人間はいないだろうと思われるプロ野球の現役選手もインフルエンザにみごとにかかるわけである。

まあ、現役選手の場合は限界までトレーニングをするので、いくら頑健でも免疫力が限界になって、しょっちゅうインフルエンザでない風邪もお引きあそばすわけであるが、これはスポーツ選手にとっては宿命でもあるわけである。

マラソンで実業団をなぎ倒している市民ランナーの川内さんも「風邪を引かなければ7分台を出せる」てな豪語をなされているわけであるが、これは前回のレースで風邪を引いて思うようにトレーニングができなず、日本人1位とはいいながら本人にとっては不満足のできであったわけである。

この風邪を引くか引かないかのギリギリのところでトレーニングの強度負荷をスケジュールにたてて行うわけであるが、これが、どうしても、もっともっとああもっともう少してなことで、まあ、スポーツや運動をしたことがある方はご経験のとおり、気持よくてやめられなくなって、ついついオーバートレーニングになっちまうのである。

このオーバートレーニングによる免疫力低下が風邪の原因であるのであるが、これが象気功の常套句の「わかっちゃいるけどやめられない」であるのである。

あの、まわしいっちょう裸がユニホームご商売のお相撲さんもこの風邪との戦いであるのである。

もう、お相撲さんの稽古てなものは、技はもとよりであるが、それよりもなによりも、本来が力比べから始まった競技であるので、とにかく体力腕力脚力馬鹿力の養成が主体であるため、これ、稽古は毎日がオーバートレーニングみたいなもんであるのである。

これを、うまく本場所に風邪を引かないように計画的に稽古をしていかなくてはならないわけであるが、これがね、なーかなかそうは問屋が卸さない件(くだん)の事情で、本場所の解説なんかを聞いてるとけっこう風邪引いて熱出したままお相撲とってるお相撲さんがおられるわけである。

まあ、あたしもインフルエンザ以外にもときどき風邪を引くわけであるが、これは、食いたいもんを食うためのトレーニングやり過ぎ失敗のオーバートレーニングに起因するのである。

まあ、あたしはダイエットてなことのために食いたいもんを食わないてなことはまっぴらごめんであるのである。

どう生きても今生100年足らずの短い人生であるので、食いたいもんを食いたいだけ食って、飲みたいもんを飲みたいだけ飲みたいわけである。

しかし、中高年まっさかりの基礎代謝の著しく落ちたおっさんが、食い放題飲み放題をすると、当たり前であるが、糖尿病、高脂血症、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞てな成人病罹患は目に見えているわけである。

食いたいだけ食って飲みたいだけ飲むてな食生活をお楽しみになるためには、食ったもん飲んだもんを全部消費しなければならないわけである。

そのためには日々とにかくこれでもかと運動して、さらに週に何回かは車や自転車で近所の公共の体育館に行って大暴れするわけである。

まあ、公共体育館つーのはなにしろ体育館つーぐらいであるので、これが、当たりまえであるが、運動趣味人間のために作られているので、あたしみたいな運動趣味人間の天国みたいにできているわけであるのである。

数百円の使用料を払えば、もうこれ、運動し放題であるのである。

まあ、ご存知のように、この公共の体育館てなものには一応おにーちゃんやおねーちゃんのトレーナーがいて、トレーニングスケジュールを作ったり個別にトレーニングのご指導もいただけるわけであるが、ところがぎっりょん、あたしの場合は天下の象形流気功法宗家大インチキ教団象源教教祖大霊能気功家象師匠であるので、トレーナーのおにーちゃんやおねーちゃんの言うことなんか片腹痛くて聞くわけも無いので、勝手に体力の限り大暴れして馬鹿丸出しで疲労困憊汗だく息も絶え絶えになって本日の運動終了となるわけである。

それで、もう、かなり長くこの「食ったら大運動会」という生活を続けているので、どのへんまでやったらヤバイということはよーくわかるのであるが、そこがそれ、スポーツや運動がご趣味の皆さんはご理解いただけると思うが、「気持ちよくてやめられない」のである。

それで、「ああ、やりすぎた」と反省するときは、時遅しで、免疫が切れてるとお風邪をお召しになるのである。

でも、食いたいものを食いたいだけ食って飲みたいものを飲みたいだけ飲むには、この馬鹿丸出しのお楽しみをお亡くなりになるまで継続するだろうことがあたしのカルマの刈り取りであるのである。

ちがうか。

よい子は真似をしちゃいけません。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年2月1日水曜日

オセロ中島さんと霊能者占い師

ううむ、すごいね、今朝のワイドショーはオセロ中島さんに食いついて自宅に同居する霊能者と言い張る占い師家族と、事務所と自宅の家賃滞納600万のネタで大騒ぎであるのである。

まあ、これ、ネットではだいぶ前から大騒ぎであったらしいのであるが、さらに、このマンションの部屋の大家さんがモッくんだつーことで、モッくんも巻き込んで大騒ぎであるのである。

もちろんなんの責任もないモッくんも、間に入っている管理会社の家賃訴訟の話から強欲大家みたいなイメージになって大迷惑であるのである。

まあ、今朝の某日テレはさんま御殿収録中のラサールさん(56歳)の娘より年下24歳ご令嬢とのご結婚報告に差し替えであるが、まあ、各局なにかしらの形で、中島さんの占い師使用前使用後みたない激太りのお写真をネタにあーでもないこーでもないとコメンテーターの言いたい放題であるのである。

あたしゃこの騒ぎにはとくに興味がなかったので、ことの成り行きを知らなかったのであるが、どうも、中島さんは某俳優との破局の悩みからこの霊能者と言いはる占い師と関係ができて、そこからさらに某ミュージシャンとのすったもんだでさらに関係が深くなり、思いっきり食いつかれて、その後レギュラー番組を3回連続でキャンセルして長期休業と言うなのもとに自宅にこもったきりで、最近では、寝込んでるだの、動けないだの、親戚は何してるだの、誰か救出してあげろだの、その霊能者と言い張る占い師の悪評だので、とんでもないことになってる様子であるのである。

まあ、だいぶ前の角界某横綱タカさんに食いついた霊能者気功師騒ぎだの、各新宗団体広告塔の芸能人騒ぎだのでこの手のネタはワイドショーには大喜び格好の材料であるわけである。

各新宗団体広告塔てなもんの皆さんの場合は、多数の者の資産財産をこまかく集めるためのマスマインドコントロールてなもんであるわけであるが、中島さんさんやタカさんの場合は個人の資産財産収入に食いつくミニマムマインドコントロールであるわけである。

常々象気功では象師匠も含めて霊能者だの神のお告げだのなんて言い張ってるものにろくなもんはいないと喝破宣告申し上げているわけであるが、これが、おつむのちょーしが変な分、腹が異常に座った霊能者と言い張るぱーに取り込まれると、なーかなかマインドコントロールから脱却することは困難になっちまうのである。

まあ、中島さんのお母さんは「娘の金がなくなればこの霊能者と言い張る占い師が離れていくだろうから、早く金がなくればいい」とおっしゃられているそうであるが、ううむ、中島さんのご家族親族事務所関係者の皆さんのご苦労ご心労をお察しするともに、当の中島さんの行く末の暗澹たる闇に、一刻も早い救出をお祈り申し上げるばかりであるのであるが、しかし大変だねこれ。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年1月28日土曜日

石原新党立ち上げで日本経済は健康を取り戻せるのかどうなのか

まあ、たまにはね、霊能新聞も更新しないとてなことで、某A日新聞をののちゃんだけ読んで、「ああ、いしーセンセーはあいかわらず面白いな-」なんて、その他はページをペラペラ捲ってナナメ読み流し読みで、新聞代がもったいないてな馬鹿丸出を反省してもべつに政治にはまったくもって興味がわかんし、野田さんはキャラクター設定ができていない漫才師みたいでそのお間抜けな演技にもういいかげん食傷だし、自民党もなーんにもないし、橋本さんだけが大阪で大騒ぎで、あたしみたいな東京モンには遥か遠くの火事騒ぎみたいなもんで、どーでもいいので、やっぱりA日もY売もM日も、やっぱり新聞はスポーツH知ねと芸能欄をと2面だけのスポーツニュースのハイライトみたいな社会経済政治国際を取り混ぜた記事をかいつまんで読んで一日が始まるのであるのである。

まあ、そこへ持ってきて、亀井さんに担ぎ上げられてちょーしの乗ったのかなんなのか、石原さんが新党立ち上げなんて、そら、あーたがお元気なのはよくわかりますが、まもなく傘寿になろうてなお歳であるのであるから、これ、小沢いっちゃん同様やっぱり総理になる夢捨てきれずなのかね。

まあ、そら政治家を志したらなっつっても大蔵くんでも日本の親方元締めあんたがたいしょーの総理大臣になることが目標であろうから、あえてお止めはしませんが、すごいねどうも。

それで、伸晃さんはどーすんのかね。

それこそ伸晃さんは自民が政権奪還したらば当然、石破さんの対抗馬にならんとも限らん立場人気であるのであるから、今更、鞍替えてなことができるはずもなかろうから、これ、おとっつぁんの軽挙暴挙を大笑いしてみてるのかどうなのか、進次郎くんも喚いてるとおり、今、自民に期待してる国民なんかおりませんよ。

ははは、日本語がむちゃくちゃになってしまったが、なんでもいいや。

いや、勘違いしちゃあ、いけませんよ、うちのセンセーは以前は某K泉番頭さんでありましたが、いーろいろあれこれが国民にバレて力がなくなってあまりの役立たずにおやめいただいて、現在はその子分だった自民党都議のセンセーであるので、自民の悪口をいってるわけじゃもちろんありませんし、もちろん叱咤激励てなことでもないのである。

いやー、しかし外野席はいいね、何でも言えて。

てなことでひとつどーでしょーか。

え?内容がない?

象師匠にそんなもんあるわけないでしょ。

ニュース批評   ニュースブログランキング