2012年2月20日月曜日

活躍してない家電第1位は食器洗い乾燥機

家庭の中で活躍していない家電は、「食器洗い乾燥機」「衣類乾燥機」「ホームベーカリー」てな結果が、昨年12月にハウスキーピング協会(東京都渋谷区)が行った家事労働に関する調査で出たそうであるのである。

ううむ、ものすごくどーでもいい。

こんなことをネタにするのもどーかと思うが、これ実は先日、仕事でいっしょに昼飯を食ったおじんさに飯くいながらのクイズで出された問題であったのであるが、今日のネットを見てみたらば本日20日付のニュースで取り上げられていたので、「ううむ、なるほど」と読んでしまったのである。

まあ、あたしは、紙の新聞は某あさひの石井センセーご執筆の「ののちゃん」をご愛読する以外は、じゃいあんつ御用組合紙某スポーツお報知の1紙だけであるので、この記事ので出どこが某さんけいさんだったのかどーなのか、その時のあたしの答えはまるっきり不正解であったのである。

以前には電子レンジが一番使われない家電てなことがニュースになったことがあるのであるが、その後電子レンジはグルメ番組なんかでいーろいろ便利な使い道を紹介されたのかなんか今回はベスト3にもお入りになっておられないのである。

まあ、電子レンジは我社御用達のおコンビニ弁当お惣菜には欠かせない神器であるので、コンビニ文化隆盛の昨今、どこのご家庭も電子レンジなしには生活できない食文化事情で、一番活躍している家電てな部類かもしれないのである。

まあ、たとえば仕事場ではインスタントコーヒーやティーバッグの紅茶なんかを飲むときにも我社では電子レンジでカップに入れた水をお湯にして作るので、事務所の電子レンジも朝から晩まで大活躍であるのである。

まあ、衣類乾燥機は以前には某まつしたさんのやつが自宅にもあって、これ、ものすごく重宝で、けっこう使っていたのであるが、ある日ものすごく焦げ臭くなって、どこかの配線から煙が出てきたので、そのまま、役所の処理場に持って行って捨ててしまったのである。

まあ、考え様に寄っては、電気製品の発火であるので、これクレームで連絡すればメーカーとしてはリコールの対象にもならないではない事態であるが、なにしろあたしゃ日本一のめんどくさがりであるので、そんなことでもめてる時間がもったいないので、すぐ捨ててしまったのである。

そのあたしが大変重宝して発火するほど使っていた衣類乾燥機が活躍していない家電に入ってるってのは、よくわからんのであるが、やっぱり日に干さないと雑菌細菌がどうのこうのと心配になるからなのか、まあ、やっぱりこのエコ加速の時代背景による電気代節約であるのかね。

まあ、あたしの場合は、アイロンなんかも最近はほとんど使わないっちゃ使わないのである。

ほら、あの形態安定てな処理加工のせいで、ワイシャツなんかでも洗ってそのままでもけっこう着られたりして、なんでもかんでもアイロンかけないと着られなかった時代と比べるとクリーニング屋さんにも影響多大であると思うぐらいであるから、早晩、アイロンは使われない家電にお入り成る可能性があるかもしれないね、うん。

なんだこりゃ。

まあ、書いちゃったから、一応UPしましょうね、うふん。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年2月15日水曜日

脂肪燃焼効果報道でトマトジュース売り切れ

フードファディズムてなことであるそうである。

フードファディズムつーのは、まあ、健康やダイエットに効果あるてな商品が報道されると、あたしも含めたアホな消費者が我も我もと列をなして飛びついて、その商品が一時的に品切れになるてな現象であるのである。

まあ、以前、バナナダイエットがブームになったときはスーパーの店頭のバナナが品薄になって、売り切れたりもしてたのをご存知の方も多々おられると思うが、すぐ飽きられたのかどーなのか、現在はバナナは盛りだくさんで陳列されているのである。

これ、トマトを1日に6個食うとマウス実験の同様の効果が得られるてなことであるが、毎日毎日、トマトを6個も食ってたら、ご存知のとおり、大昔は国によってはトマトは毒野菜てな見方もあったとおり、トマトは仮性アレルギー・アレルギー誘発食品で、ヒスタミン、アセチルコリン、サリチル酸化合物などのアレルギーを引き起こす成分・因子がこれでもか含まれているわけであるので、大量に毎日摂取すれば、アトピーなどのアレルギー体質の人はとんでもないことになったりもするわけであるので、なんでもかんでも飛びくのはどーかと思うのはあたしだけではないと思うのである。

まあ、肥満、デブ、太り過ぎなんて人は、特殊な場合を除いて、基本的に動くことが嫌いで食うことが好きな人間であるので、痩せるための食事制限や運動てな努力や辛抱のいることは嫌いで、できれば楽をして痩せたいということであるので、この手の、「食うだけで痩せられる」てなニュースがあると居ても立ってもいられず、スーパーに直行突撃するわけである。

まあ、ご存知の方はご存知のとおり、あたしも人後に落ちないむちゃくちゃな大食いであるので、肥満、高血圧、高脂血症、動脈硬化てなことを考えると、とにかく脂肪燃焼をしたいわけである。

あたしはそのために、とにかく運動運動で、日々、大暴れをしているわけであるが、これ、とにかくめんどくさいっちゃめんどくさいわけである。

だから、できれば、何にもしないで「食うだけで痩せられる」てな商品があれば、試してみたいわけであるが、だいたいが、「世の中にうまい話はころがってない」というのが実感であるのである。

あたしなりのダイエット経験からいうと、地道に適度な運動と食事時間帯も考慮に入れた適度な食事制限であるのである。

まあ、当たり前であるのである。

象気功は当たり前のことしかいわないのである。

当たり前でないことはできるだけやらない方が無難であるのは当たり前であるのである。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年2月13日月曜日

ホイットニーさんの人生

ホイットニーさんが、昨日、日本時間午前8時55分にホテルの部屋で亡くなられているのが発見されて、世界中で大騒ぎであるのである。

まあ、なにしろホイットニーさんは世界で最も売れている歌手の1人てなことをいわれて、例の「ボディガード」のサウンドトラックが4200万枚以上の売上で、累計セールスはアルバムは1億4,000万枚以上、シングルは5,000万枚以上売りあげて、アメリカ合衆国のRIAAより「アメリカ合衆国で(女性アーティスト史上)4番目に売れている歌手」と評価されてるつーことで、まあ、天才クラブ歌手といわれたあたしもさすがに、この人には負けると言わざるを得ない全盛時の歌声であるのである。

誰が天才クラブ歌手だ。

ううむ、昼飯を食った直後なので、ボケも間抜けでツッコミはされに間抜けになってしまった。

ホイットニーさんの全盛時の歌声を聞くと、他の歌手の歌声が雑音にしか聞こえないほどレベルがちがうわけであるが、それで、世界有数の大金持ちになっても、本人の趣味嗜好に加えて男の趣味が悪いと、ご存知のその後のてんやわんやの人生で、お亡くなりになる2日前のパーティーで撮られたビデオを見ると、あの美貌どこへやら、すっかりどこかに置き忘れてしまって、余興にしか聞こえない声の出ない情けない歌声を聞くと、「ああ、なにごとも人生というものはフィフティフィフティであるなあ」と感慨にふけるわけである。

まあ、しかし、好みというものはいかんともしがたく、ホイットニーさんが好きなら、らんぼーものでも、度重なる犯罪、不祥事続出の困ったボビーさんでも、それはそれ、一度惚れたらあばたもえくぼ鶏も孔雀で、ううむ、鶏が孔雀には見えんか、まあいい、とにかく、その人生が融合されて巻き込まれて、あらえっさっさーてなことになるわけである。

ホイットニーさんが倒れていたのは、ビバリーヒルズにあるビバリー・ヒルトンホテルの客室で、発見したのはホイットニーさんのボディーガードだったそうであるが、地元警察は会見で「事件性はない」と発表したそうである。

まあ、いろいろ転落没落で奈落の底へ落ちても、腐っても鯛、歌えなくてもホイットニーで、最後がビバリーヒルズのビバリー・ヒルトンホテルであるところが、最後まで世界の歌姫であったわけであるが、なんだね、人間つーのはおもしろおかしくできてるもんであるのである。

これで、ホイットニーさんが、いっちょう生き方男癖を変えて、能なしでも堅物で危ないことヤバイことは大嫌いなんて男にくっつけば、使い切れない莫大な財産資産で、豪華絢爛満願成就勇気凛りんのこの世の天国で一生を終えることができたと思うのであるが、そこはそれ、ホイットニーさん自身が自分でも持て余す爆発的エネルギーであるので、同様に持て余すエネルギーで子供の頃より大暴れのボビーさんとすっかり意気投合してねんごろにおなりになって、本人の趣味嗜好に加えてさらに乱暴狼藉な生活に突入して、人生をわやくちゃにしてお楽しみになったわけである。

まあ、世間様とゆーものはあたしも含めてやっかみひがみで、有名人著名人がお亡くなりになると他人の不幸は蜜の味で、その欠点災難を洗い出して、それみたことかと、ゴミ塵芥吹き溜まりのような自分の人生を棚にあげて、これでもかとあることないこといいたてて楽しむわけであるが、もちろん、ご本人ご家族には大きなお世話であるのである。

まあ、くだらないあたしの人生も含めて、人生はすべからくなるようにしてなりならないべしてならないわけであるのである。

心より、安らかなるご冥福をお祈り申し上げるのである。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年2月11日土曜日

中畑さんもインフルエンザ、学級閉鎖等、前年比2倍以上

いよいよ、インフルエンザの本番到来であるのである。

今年はホンコンA型だそうであるが、まあ、仕事をしながらのニュースの聞きかじりであるのでどーだかね、まあいいや。

まあ、とにかく毎年早めにインフルエンザにかかって免疫を作りたいあたしは年末から年始にかけて、まだ数少ないインフルエンザらしい人に近寄って、努力の成果でめでたく感染したのかどうなのか、38度5分の熱が出て、鼻詰まりで閉口したのであるが、まあ、そのときの症状とベイスターズの中畑監督のインフルエンザの症状とを鑑みるに、おそらくこのインフルエンザであると思うのであるので。

つーことであたしの今年のインフルエンザ対策は絶好調OKであるのである。

まあ、ジャイアンツの組合紙スポーツお報知でもジャイアンツの記事よりもインフルエンザにかかった中畑さんの記事関係ばっかり目立って、組合紙の意味がないんじゃないかと思うくらい中畑人気絶好調であるが、まあ、元気が売り物で頑健な体躯の持ち主の中畑さんも、さらにこれ以上丈夫な人間はいないだろうと思われるプロ野球の現役選手もインフルエンザにみごとにかかるわけである。

まあ、現役選手の場合は限界までトレーニングをするので、いくら頑健でも免疫力が限界になって、しょっちゅうインフルエンザでない風邪もお引きあそばすわけであるが、これはスポーツ選手にとっては宿命でもあるわけである。

マラソンで実業団をなぎ倒している市民ランナーの川内さんも「風邪を引かなければ7分台を出せる」てな豪語をなされているわけであるが、これは前回のレースで風邪を引いて思うようにトレーニングができなず、日本人1位とはいいながら本人にとっては不満足のできであったわけである。

この風邪を引くか引かないかのギリギリのところでトレーニングの強度負荷をスケジュールにたてて行うわけであるが、これが、どうしても、もっともっとああもっともう少してなことで、まあ、スポーツや運動をしたことがある方はご経験のとおり、気持よくてやめられなくなって、ついついオーバートレーニングになっちまうのである。

このオーバートレーニングによる免疫力低下が風邪の原因であるのであるが、これが象気功の常套句の「わかっちゃいるけどやめられない」であるのである。

あの、まわしいっちょう裸がユニホームご商売のお相撲さんもこの風邪との戦いであるのである。

もう、お相撲さんの稽古てなものは、技はもとよりであるが、それよりもなによりも、本来が力比べから始まった競技であるので、とにかく体力腕力脚力馬鹿力の養成が主体であるため、これ、稽古は毎日がオーバートレーニングみたいなもんであるのである。

これを、うまく本場所に風邪を引かないように計画的に稽古をしていかなくてはならないわけであるが、これがね、なーかなかそうは問屋が卸さない件(くだん)の事情で、本場所の解説なんかを聞いてるとけっこう風邪引いて熱出したままお相撲とってるお相撲さんがおられるわけである。

まあ、あたしもインフルエンザ以外にもときどき風邪を引くわけであるが、これは、食いたいもんを食うためのトレーニングやり過ぎ失敗のオーバートレーニングに起因するのである。

まあ、あたしはダイエットてなことのために食いたいもんを食わないてなことはまっぴらごめんであるのである。

どう生きても今生100年足らずの短い人生であるので、食いたいもんを食いたいだけ食って、飲みたいもんを飲みたいだけ飲みたいわけである。

しかし、中高年まっさかりの基礎代謝の著しく落ちたおっさんが、食い放題飲み放題をすると、当たり前であるが、糖尿病、高脂血症、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞てな成人病罹患は目に見えているわけである。

食いたいだけ食って飲みたいだけ飲むてな食生活をお楽しみになるためには、食ったもん飲んだもんを全部消費しなければならないわけである。

そのためには日々とにかくこれでもかと運動して、さらに週に何回かは車や自転車で近所の公共の体育館に行って大暴れするわけである。

まあ、公共体育館つーのはなにしろ体育館つーぐらいであるので、これが、当たりまえであるが、運動趣味人間のために作られているので、あたしみたいな運動趣味人間の天国みたいにできているわけであるのである。

数百円の使用料を払えば、もうこれ、運動し放題であるのである。

まあ、ご存知のように、この公共の体育館てなものには一応おにーちゃんやおねーちゃんのトレーナーがいて、トレーニングスケジュールを作ったり個別にトレーニングのご指導もいただけるわけであるが、ところがぎっりょん、あたしの場合は天下の象形流気功法宗家大インチキ教団象源教教祖大霊能気功家象師匠であるので、トレーナーのおにーちゃんやおねーちゃんの言うことなんか片腹痛くて聞くわけも無いので、勝手に体力の限り大暴れして馬鹿丸出しで疲労困憊汗だく息も絶え絶えになって本日の運動終了となるわけである。

それで、もう、かなり長くこの「食ったら大運動会」という生活を続けているので、どのへんまでやったらヤバイということはよーくわかるのであるが、そこがそれ、スポーツや運動がご趣味の皆さんはご理解いただけると思うが、「気持ちよくてやめられない」のである。

それで、「ああ、やりすぎた」と反省するときは、時遅しで、免疫が切れてるとお風邪をお召しになるのである。

でも、食いたいものを食いたいだけ食って飲みたいものを飲みたいだけ飲むには、この馬鹿丸出しのお楽しみをお亡くなりになるまで継続するだろうことがあたしのカルマの刈り取りであるのである。

ちがうか。

よい子は真似をしちゃいけません。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年2月1日水曜日

オセロ中島さんと霊能者占い師

ううむ、すごいね、今朝のワイドショーはオセロ中島さんに食いついて自宅に同居する霊能者と言い張る占い師家族と、事務所と自宅の家賃滞納600万のネタで大騒ぎであるのである。

まあ、これ、ネットではだいぶ前から大騒ぎであったらしいのであるが、さらに、このマンションの部屋の大家さんがモッくんだつーことで、モッくんも巻き込んで大騒ぎであるのである。

もちろんなんの責任もないモッくんも、間に入っている管理会社の家賃訴訟の話から強欲大家みたいなイメージになって大迷惑であるのである。

まあ、今朝の某日テレはさんま御殿収録中のラサールさん(56歳)の娘より年下24歳ご令嬢とのご結婚報告に差し替えであるが、まあ、各局なにかしらの形で、中島さんの占い師使用前使用後みたない激太りのお写真をネタにあーでもないこーでもないとコメンテーターの言いたい放題であるのである。

あたしゃこの騒ぎにはとくに興味がなかったので、ことの成り行きを知らなかったのであるが、どうも、中島さんは某俳優との破局の悩みからこの霊能者と言いはる占い師と関係ができて、そこからさらに某ミュージシャンとのすったもんだでさらに関係が深くなり、思いっきり食いつかれて、その後レギュラー番組を3回連続でキャンセルして長期休業と言うなのもとに自宅にこもったきりで、最近では、寝込んでるだの、動けないだの、親戚は何してるだの、誰か救出してあげろだの、その霊能者と言い張る占い師の悪評だので、とんでもないことになってる様子であるのである。

まあ、だいぶ前の角界某横綱タカさんに食いついた霊能者気功師騒ぎだの、各新宗団体広告塔の芸能人騒ぎだのでこの手のネタはワイドショーには大喜び格好の材料であるわけである。

各新宗団体広告塔てなもんの皆さんの場合は、多数の者の資産財産をこまかく集めるためのマスマインドコントロールてなもんであるわけであるが、中島さんさんやタカさんの場合は個人の資産財産収入に食いつくミニマムマインドコントロールであるわけである。

常々象気功では象師匠も含めて霊能者だの神のお告げだのなんて言い張ってるものにろくなもんはいないと喝破宣告申し上げているわけであるが、これが、おつむのちょーしが変な分、腹が異常に座った霊能者と言い張るぱーに取り込まれると、なーかなかマインドコントロールから脱却することは困難になっちまうのである。

まあ、中島さんのお母さんは「娘の金がなくなればこの霊能者と言い張る占い師が離れていくだろうから、早く金がなくればいい」とおっしゃられているそうであるが、ううむ、中島さんのご家族親族事務所関係者の皆さんのご苦労ご心労をお察しするともに、当の中島さんの行く末の暗澹たる闇に、一刻も早い救出をお祈り申し上げるばかりであるのであるが、しかし大変だねこれ。

ニュース批評   ニュースブログランキング