2012年2月15日水曜日

脂肪燃焼効果報道でトマトジュース売り切れ

フードファディズムてなことであるそうである。

フードファディズムつーのは、まあ、健康やダイエットに効果あるてな商品が報道されると、あたしも含めたアホな消費者が我も我もと列をなして飛びついて、その商品が一時的に品切れになるてな現象であるのである。

まあ、以前、バナナダイエットがブームになったときはスーパーの店頭のバナナが品薄になって、売り切れたりもしてたのをご存知の方も多々おられると思うが、すぐ飽きられたのかどーなのか、現在はバナナは盛りだくさんで陳列されているのである。

これ、トマトを1日に6個食うとマウス実験の同様の効果が得られるてなことであるが、毎日毎日、トマトを6個も食ってたら、ご存知のとおり、大昔は国によってはトマトは毒野菜てな見方もあったとおり、トマトは仮性アレルギー・アレルギー誘発食品で、ヒスタミン、アセチルコリン、サリチル酸化合物などのアレルギーを引き起こす成分・因子がこれでもか含まれているわけであるので、大量に毎日摂取すれば、アトピーなどのアレルギー体質の人はとんでもないことになったりもするわけであるので、なんでもかんでも飛びくのはどーかと思うのはあたしだけではないと思うのである。

まあ、肥満、デブ、太り過ぎなんて人は、特殊な場合を除いて、基本的に動くことが嫌いで食うことが好きな人間であるので、痩せるための食事制限や運動てな努力や辛抱のいることは嫌いで、できれば楽をして痩せたいということであるので、この手の、「食うだけで痩せられる」てなニュースがあると居ても立ってもいられず、スーパーに直行突撃するわけである。

まあ、ご存知の方はご存知のとおり、あたしも人後に落ちないむちゃくちゃな大食いであるので、肥満、高血圧、高脂血症、動脈硬化てなことを考えると、とにかく脂肪燃焼をしたいわけである。

あたしはそのために、とにかく運動運動で、日々、大暴れをしているわけであるが、これ、とにかくめんどくさいっちゃめんどくさいわけである。

だから、できれば、何にもしないで「食うだけで痩せられる」てな商品があれば、試してみたいわけであるが、だいたいが、「世の中にうまい話はころがってない」というのが実感であるのである。

あたしなりのダイエット経験からいうと、地道に適度な運動と食事時間帯も考慮に入れた適度な食事制限であるのである。

まあ、当たり前であるのである。

象気功は当たり前のことしかいわないのである。

当たり前でないことはできるだけやらない方が無難であるのは当たり前であるのである。

ニュース批評   ニュースブログランキング