2012年10月6日土曜日

FB利用者10億人、世界の7人に1人利用

インターネットの交流サイト、フェイスブックは4日、過去1カ月間にフェイスブックにログインするなどした利用者が世界で10億人に達したと発表したのであるのであるつーことである。

国連の昨年の試算によると世界人口は約70億人で、7人に1人が使っていることになるつーことであるのである。

 2004年に同社を立ち上げたザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は「10億人をつなぐ手伝いをするのは、驚きであり、身の引き締まる思いであると同時に、人生の中で最も誇りに思うことだ」とコメントを出したつーことである。

 まあ、それで、利用者の平均年齢は約22歳で、1億人に達した08年8月と比べて4歳ぐらい若いてなことである。

また、携帯端末での利用者は約6億人おり、「いいね!」機能が09年2月に始まってからは、約1兆1300億回使われているというてなことであるつーことである。

まあ、なんだね、平均年齢が22歳で、昨今さらに低年齢下してるつーことは、これ、ネットの特徴で今さらながらお子様文化であるわけである。

まあ、あたしの周囲でも、親族知人友人のお子様から、お子様ではないいい大人の多くの皆さんもこれを利用しておられるわけであるが、あたしは登録してないのである。

これ、基本が本名であるからである。

象師匠なんて本名はないのである。

それで、現在までまったくこれを利用する気はなかったのであるが、利用者が世界で10億人てなことになると、これを利用しないと時代から取り残されるんじゃなかろうかてな危惧焦燥苛立ちを隠せないなんてね、ううう、泣きそうだ。

象気功も場所でもないし、企業名でもないし、単なるフェブサイトの名称であるので、そんなもん登録できるのかねしかし。

でも、まあ、登録情報を見てみると「著名人・有名人」てな項目があるので、「象師匠」てなお名前はこじつければそれに類しないことでもないてなことは言えないこともないのである。

しかし、住所も晒せないし、年齢も晒せないし、写真も晒せないしで、プロフィールも作成できないのである。

知らせる知り合いもおらんし、とくに友達も欲しくないしで、じゃあ、なんのために始めるのかわからんのであるが、なにし利用者10億人、世界人口の7人に1人がやってるのであるから、最先端科学的霊能者の象師匠が参加しないわけにはいかないのである。

何をいってるのか自分でもわからんのであるが、まあ、ものすごく遅ればせながら流行りもんには一応のっとけのっとけつーことであるのである。

ツイッターもてきとーにやって何度も停止されてるぐらいであるのであるが、てきとーいいかげんな利用法をするとやっぱり停止されるのかねこれも。

まあ、やってみなけりゃわからんので、暇があったら登録してみるのである。

もちろんほったらかしになるのは目に見えてるし、時間の無駄かもしれないのであるが、いずれにしても暇つぶしの人生であるので、望むところであるのであるが、そんなに張り切るもんでもないのである。

ううむ、めんどくさくなってきた。

興味がないのにネタにするから無理矢理だね。

ニュース批評   ニュースブログランキング