2012年12月24日月曜日

免疫すり抜ける「変異型」ノロウイルス

免疫をすり抜ける「変異型」ノロウイルスが大流行の兆しであるそうであるのである。

この冬、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎は大流行する兆しを見せているつーことであるのである。

なにしろ、“大流行の兆し”であるのである。

厚労省は、重症化しやすい子どもや高齢者らに特に注意を呼びかけているてなことであるのである。

国立感染症研究所が、全国約3000の小児科病院から報告を受けている定点調査によると、1医療機関当たりの感染性胃腸炎の平均患者数は、12月3~9日の1週間で今季最高の19・62人に達し、過去10年間で最も多かった2006年に次ぐ水準となったつーことであるのである。

感染研によると、今シーズン流行しているウイルスは、人間の免疫をすり抜けやすい性質に変異しており、感染が広がる一因になっているてことであるのである。

同じ変異型のウイルスは、世界的に流行しているとみられるつーことであるのである。

国内では今月に入り、大分県竹田市の病院に入院していた男性患者(当時84歳)が死亡したほか、京都市左京区の病院でも80歳代と90歳代の男性患者が死亡つーことであるのである。

広島市でも1000人以上が集団食中毒にかかるなどしたてなことであるのである。

西日本での流行が目立っているが、北海道や静岡など東日本の各地でも集団感染が確認されているつーよーなことであるのである。。

ううむ、いやはやいけませんねどうも。

免疫をすり抜けるってどーゆーことなんでしょうか。

抵抗できないでどんどんひどくなるということなわけかね。

やだねそれ。

あたしはどんなことがあっても意識不明になるまで医者には行かない主義であるので、免疫に頼る以外に手立てもないので、その免疫をすり抜けるてなことであると、これ、感染したら死ぬか生きるかてな大ごとになるのかね、もしかして、ははは。

笑ってる場合ではないのである。

これは、今から厳重な対策を建てないといけないのであるが、まあ、あたしの場合とにかく外食が多いので、飲食店のトイレに入ったときはよーく手を洗わないといけませんね。

さらに消毒液でよーく消毒もしないといけません。

さらにさらに家にも消毒液を負いで、外出から帰ったら手洗いと消毒を励行する習慣を身につけないといけないのである。

ううむ、無理だな。

そんなことするわけないのである。

インフルエンザがどんなに流行っていても、マスクもしないし、ワクチンも接種しないし、うがいも手洗いもしたことないので毎年かかり放題であるのであるから、まあ、これ、やっぱりノロウイルスもかかリ放題であることは想像に難くないのである。

まあ、今年のインフルエンザは主に香港A型が流行るつーことであるので、まあ、これは、インフルエンザかかり放題免疫抗体製造法のあたしはそれなりに免疫があるだろうから、どーでもいいのである。

ノロウイルスにワクチンがあるつーよーな話は聞いたことがないので、あたしら一般人の対策としては、これ、予防するには手洗いとこまめな手の消毒しかないかね。

まあ、ノロにかかったら思いっきりネタにしてやろうとは思うのであるが、死んでしまうとネタにできねいので、なんとか死なないように今から体力を付けておかないといけないわけである。

体力といえばやっぱり栄養であるので、なんか食いに行かなかければならないのである。

するとノロにかかるリスクも大になるねこれ。

ううむ、しかし食わないと体力が落ちるから食わないわけにはいかないし、あちらを立てればこちらが立たず、こちらを立てればあちらが立たず、とかくこの世は立ちにくいのである。

いや、別にシモネタではないので、あしからずご了承いただきたいのであるが、なにしろてきとーであるのでシモネタといえばそうかもしれないところがアレであるのである。

ううう、だめだ、まあ、いいや。

つーことで、読者の皆さんもあちらもこちらも立てて油断しないように対策を立てていただきたい。

あたしは、何言ってるんでしょうか。

ううむ、ハラ減ったのでめしを食いに行くのである。

さてさて、どうなることやら、明日も元気にゴタクを更新できるんでありましょうか。

まあ、何事も神の思し召しであるのである。

おいおい、霊能力はどこへ行ったんだ。

ニュース批評   ニュースブログランキング