2010年8月29日日曜日

渡部恒三黄門様、小沢出馬に「いや~、恥ずかしい~」

まあ、渡部恒三黄門様のご意見は実に当たり前のことを当たり前にいってるわけであるのであるが、まあ、このことが政略権力争いに終始すると皆さんわけがわからなくなるわけである。

黄門さまは小沢いっちゃんのご出馬について「いや~、恥ずかしい~」とおっしゃておられるわけであるが、いっちゃんファンのあたしでも「いや~、お恥ずかしい~」のである。

いっちゃんは大丹田中の大丹田、すべてをにらみ倒す迫力でその政治生命をまっとうしていただきたいわけである。

この期に及んで、どうみても訴追逃れ目的みたいにみられるような出馬はそのイメージ沽券にかかわる情けない行動であるのである。

あたしらいっちゃん応援団の立場もなにもあったもんじゃないのである。

これでは前回自分があおられたお返しに「ご自分がお出になれば」とけしかけた田中真紀子お嬢は腹を抱えて大笑いであるのである。

どんなに取り巻きに煽られて乗せられても、今が出る時期でないのは冷静に考えればわかることであるのである。

某社調べの27、28日実施の世論調査でも、代表への支持率は、菅直人69.9%で小沢いっちゃん15.6%であるのである。

さらに菅代表の民主党支持率も38.7%から48.1%に上昇しているのである。

この支持率を見れば一目瞭然のとおり、国民は菅さんを指示して、さらに菅民主党の支持率も上昇させて、いっちゃんをけん制しているわけであるので、この国民の意向を無視してこのまま代表戦で負ければ、いっちゃんも鳩山さんも民主党での立場をすっかり失うのであるから、恥の上塗りであるのである。

これはまあ、場外の物見遊山でその森を見るとその木の高さが一目瞭然に判断がつくことであるのであるが、森の中に入り込むと木の高さが見えないので、その森の趨勢がわからないということになるので、いっちゃん指示に回るなんてとんちきな幹部も多々おられるわけである。

渡部恒三黄門様はいまさら派閥も権力も関係ないので、森の外から森を見ているので、現在、どの木が高くて勢いがあって、どの大木が腐って倒れんとしているのかが一目両全にわかるわけである。

これで、黄門様のご意見を無視して、もし鳩山、いっちゃんコンビが勝つことがあるようなら、黄門様おっしゃるように来春解散、民主党大敗、再度の政権交代となるのは必定であるのであるが、いくらなんんでもそれではバカ丸出しであるのである。

まあ、海外の評価どおり、ほんとに日本の政治はなんだかんだいっても優秀な官僚に支えられて、誰がやっても同じなので、民主党のお家の事情はどーでもいいのであるが、まあ、やっぱり海外に対しても「いや~、恥ずかしい~」のである。

そうは言っても物見遊山のあたしはべつに民主党指示ってわけじゃなくて、うちの先生は自民党であるのである。

でも、政権はどっちでもいいのである。

うちの会社に役に立っていただければ、どこの党でもどぶ板でけっこうであるのである。

もともとはあたしみたいな事情で日本の大方の政治が決定されていたわけであるが、テレビが入り込んでそれが新聞を凌駕して、テレビの影響による世論が一番の影響力を持つことになったわけである。

世論は昔は新聞各社記者のそれなりの偏向記事であったわけであるが、最近はテレビのニュースショーのコメンテーターの意見が大きな影響を占めることになったのである。

さらにえらそーな評論家や大学教授のコメントよりも、おなじ感覚のマツコさんやなぎらさんの意見の方が庶民には大きな影響力があったりするのである。

2010年8月27日金曜日

小沢一郎立つ

まあ、やっぱりここんとこの話題といえばこれである。

いや、びっくりしましたねえ、いっちゃんは諦めてなかったんですねえ。

まあ、今回の菅さんのずっこけが最後の最後のチャンスっちゃチャンスであるわけである。

これで、起訴されたりすれば、総理は決定的に夢のまた夢になるので、今回のチャンスになんと言われようと立たなければならないのはわかるのであるが、まあ、なんとゆーか、いっちゃんは民主党をつぶすつもりなんでしょうか。

これ、いっちゃんが代表になって、総理になったら、そりゃ国民の民主党に対するイメージは最悪になるのである。

いっちゃんがいくらにこにこをアピールしても、コワモテ、豪腕、起訴寸前なんてイメージはぜんぜん払拭できないのである。

いっちゃんはどうみても悪人づらであるので、その分の損を割りびいても、起訴の可能性の問題もあって、よろしいイメージはぜんぜんないので、民主党は首を自分で絞めるという構図しか見えてこないのである。

まあ、菅さんがおもわぬへっぽこで参院選の消費税発言でヘタこいたイメージがあるのであるが、あれはヘタこいただけで菅さんのイメージや民主党のイメージが悪くなったわけではないのである。

しかし、いっちゃんが大表になった場合は、民主党のイメージが真っ黒けになるのである。

鳩山さんから菅さんに代わったときは、まあ、一時的でも、期待で支持率が上がったわけであるが、これ、いっちゃんが大表になったら、どう考えても支持率はさらに暴落する可能性の方が大きいのである。

いっちゃんファンのあたしでもどうかと思うのである。

当たり前であるがべつにいっちゃんは極悪人でも非人道的な犯罪者でもないのであるが、顔がこわいのと、言動、行動が強引であるので、お茶の間に入りこむには不適格なのである。

今の選挙はテレビによるイメージが大勢を決定するので、いわばお茶の間選挙であるので、お茶の間には、コワモテ、豪腕、強引、起訴されて犯罪者になるかもしれないなんてのはけっして優位なことではないのである。

さらにこれで、代表戦にも破れたら、これはもう、いっちゃんはアウトで、これからはずーっと黙っていなけりゃならないのであるが、まあ、その危険よりも、政治家としての最終目的の総理の椅子は民主党をつぶそうが、再びの政権交代を招こうが、なにがなんでも座りたい椅子であるわけである。

がんばれ、いっちゃん、心臓のちょーしは大丈夫か?

2010年8月26日木曜日

三重県に163歳の男性が存在する、はず

ううむ、某読売ネットによると、大阪市では、戸籍上は生存しているのに、住民基本台帳(住基)に登録されていない120歳以上の人が、5125人にも上るそうだ。

それで、三重県志摩市では、163歳の男性が戸籍上いると判明してさらに、大阪市も同日、安政4年(1857年)生まれの152歳がいると発表したそうである。

その他にも140歳以上で生存しているはずの人がぞろぞろ出てきて、世界に冠たる日本の戸籍法はもう信憑性もなにも総崩れであるのである。

まあ、これで日本の平気寿命世界一はぜんぜん当てにならないデータから出たもんであるので、なにがなんだかわからない状況になったわけである。

まあ、学者さんのご意見によると、人間の寿命の限界はだいたい140歳であるそうであるので、140歳近辺の人は生きておられる「可能性」はあるわけであるが、まあ、どう考えても生きてはおられないので、この日本で国民が生きてるのか死んでるのかわからない人がたーくさんおられるということであるわけである。

これ、世代を限らずに調べると、行方不明者はどのくらいいるかわからんだろうね。

仲たがいした親子や家族、親族は、そのまま分かれると捜索願いなんか出すわけもないし、役所に届けるわけもないから、どこでどうなってるのかぜんぜんわからない人がものすごい数でいることになるわけである。

つまり、これ、日本の人口のデータもそうとう怪しいのである。

こうなるとあたしなんかは、実際上の人口は9割ぐらいしかいないんじゃなかろうかとか、だから、年金も破綻しそうなんじゃなかろうかとか、幽霊も払っていることを想定して徴収金額が決められて、さらに高齢者の幽霊に年金を延々160歳まで払ってるとなると、幽霊が収めたはずのものを幽霊が受け取ってるわけだから、そりゃ、機構は立ち行かなくなるわけであるのであるなあとか、いろいろご無体な面白想像妄想が湧いてくるわけである。

そうかといって、以前のようにおまわりさんが戸籍調査に来て、一人一人確認するてなこともプライバシーの問題で無理だろうし、国民総ナンバー制も同様の問題で反対者が多いだろうし、人間ひとりが生きてるかどうかを確認する方法を何か考えないと、お隣の人口大国中国同様に正確な人口はぜんぜん把握できないということになるのである。

2010年8月24日火曜日

タイガー・ウッズ、ついに離婚 慰謝料600億円か

米メディアによると、タイガー・ウッズくん(34)と、妻のエリンさん(30)との間で23日、予想通り、離婚が成立したそうである。

お二人は同日、連名で「われわれの結婚生活が終わったことは悲しいが、お互いの未来がうまくいくよう願っている」との声明をお出しになったそうであるが、まあ、この先のウッズくんの夜の大活躍を考えるとエリンさんは、絶対に、ウッズくんの未来がうまくいくようには願ってはいないんじゃないでしょうか。

慰謝料の額など離婚の詳しい条件は明らかにされていないが、米メディアからは以前からの予想通り、最大7億ドル(約600億円)に上るだろうとの大方の見方であるのであるが、あいかわらずダイナミックなハナシである。

まるで、企業の増資みたいな額である。

それで、2人の子供の親権は共同で保持されるということであるのであるが、つまり、子供は定期的にお二人の間をいったりきたりするということかね。

法廷文書によると、離婚は今年7月、「結婚生活は取り返しのつかないほど壊れてしまった」としてエリンさん側から申し立てられたそうであるが、まあ、慰謝料がこの額かどうかはべつにして、たしかに結婚生活はぶっ壊れておしまいになってるでしょうから、離婚する以外にはないっちゃないと、無関係なあたしでも大きなお世話をするのである。

ご存知の通り、ウッズくんは昨年11月、自宅前で起こした自動車事故をきっかけに、タブロイド紙で報道されたウッズくんの浮気に激怒した奥さんがアイアンで殴りかかっただのなんだのから、次々と愛人が「わたしも、わたしも」と名乗り出て、その数があっというまに十数人に膨れ上がって、その後も増え続けて、とんでもない数になって、とても試合になんかお出になれないので、ツアーから一時姿を消したのである。

しかし、反省謝罪記者会見を開いたりして、その後、今年4月、今季のメジャー初戦となるマスターズ・トーナメントから復帰を果たしたわけである。

まあ、これで、復帰して、連続優勝してくれれば、世界のおとーさんたちのウッズくんの裏評価は最高点になるわけであるが、さすがにウッズくんは世界の種馬代表となるにはまだまだ修行が足りない様子で、ずーっと絶不調であるのでる。

がんばれ、ウッズくん、世界のおとーさんは夜も含めて君の大活躍を心から応援してるぞ。

2010年8月21日土曜日

TBSが謝罪「自己破産」誤情報

TBSは13日夜放送の情報番組「がっちりアカデミー」の中で、「自己破産」について誤情報や不適切な表現があったとして、同番組などで謝罪したそうである。

問題の放送では「自己破産が発表されると、給料の4分の1が1カ月間差し押さえられる」と説明したのであるが、実際には「裁判所で自己破産が認められると、給料は差し押さえられない」と訂正し、また「自己破産の否定的な側面が強調され、誤解を与えかねない表現があった」とおっしゃられたそうである。

ううむ、いったいなんなんでありましょうか。

こんなことを調べないで放送したのでありましょうか。

まあ、こんなことはどう考えても普通は調べてから放送するのであるが、てきとーに放送して、視聴者か関係者から指摘されたのでありましょうか。

しかし、自己破産というのは否定的な側面ではないということであるわけであるのかね。

自己破産が認められると、それ以上追い込まないように法律で守られるということなのかね。

ふうむ、まあ、自己破産は国民としての権利を放棄するてなイメージがあったのであるが、そうでもないわけである。

こまったときには自己破産であるわけである。

そういえば有名人はけっこう自己破産を申告してるのである。

しかし、一般的には、あたしの周囲には夜逃げしたのはいても、自己破産を申告したものはいないのである。

一般人は自己破産というのはかなり勇気がいることで、夜逃げの方が気楽であるのかもしれないのである。

なにしろ、まあ、あたしなんかも今までの自己破産のイメージは、なにしろ自分自身が破産してしまうというイメージであるから、人格が否定されてあらゆる権利を剥奪されて、生きてるだけという状況になるという感じであるので、一般人はにっちもさっちも行かなくなるというイメージで夜逃げするわけである。

これが、自己破産すると法律で守られるということになると、多重債務を繰り返して、自己破産して、またさらに多重債務を繰り返すということにはならないんでしょうか。

まあ、世の中には弁護士さんに聞いてみないとわからない摩訶不思議なことが多々あるわけであるが、まあ、できるだけ弁護士さんのお世話にならないように世渡りをしたいもんである。

2010年8月20日金曜日

XJAPAN・YOSHIKI、20億円請求に逆提訴も

ロックバンド、XJAPANのリーダー、YOSHIKIの所属事務所「ジャパンミュージックエージェンシー」が19日、報道各社に向け、1998年に死去したXJAPANのギタリスト、HIDEさん(享年33)の肖像権をめぐってなんと20億円の使用料を請求されたことを明かしたそうである。

ジャパンミュージックエージェンシー側は、HIDEさんの事務所らの対応次第では、逆提訴も辞さない構えであることを示したのである。

なんだか両者で向きになっておおもめしているご様子でありますが、いったいなんなんでしょうか。

なにしろ20億円である。

まあ、さすがといえばさすがであるが、これ、逆提訴して訴訟となった場合に、最終的には和解ということで落ち着くんでしょうが、お亡くなりになられてからこの騒ぎであるから、まあ、商品としてはお亡くなりにられても商品であるわけである。

マイケル・ジャクソンさんと同様に、お亡くなりになられてもお稼ぎになるのが、そのえねるぎーであるわけである。

一般人もまあ、お亡くなりになると、その遺産相続でおおもめになって、あたしの知人も親戚がむしりあって、親戚のお付き合いは断絶になったなんて人がたーくさんおられるのである。

まさにこれ、骨肉の争いになるわけであるが、商品の場合はまあ、純粋に「まだこれは、いろいろ商売になる」てなお考えなのか、遺恨が渦巻いているのか、いずれにしても、億単位であるので、なかなか壮絶なバトルが予想されて、メディア、マスコミ、芸能デスク、レポーターのみなさんはわくわくしてことの成り行きをお待ちになるわけである。

まあ、さすがにあたしなんんかもそんなに関心がないので、一般的にもそれほどアピール度もないわけであるが、まあ、それぞれの事務所が話題提供でYOSHIKIもHIDEもXJAPANも忘れちゃいやよてな思惑もないではないと思うのであるが、どーでもいい話題であるのである。

愛知リサイクル工場でゴミの中から312万円

19日午前11時頃、愛知県豊川市南千両のリサイクル会社「加山興業」豊川工場で、男性作業員がごみの中から現金を発見し、豊川市役所に連絡したそうである。

現金312万円と破れた紙幣数十点で、市職員が豊川署に届け出たのである。

同署の発表によると、工場は同市から新聞紙などのごみの委託処分を受け、市内の家庭から収集したごみをリサイクル処理している施設である。

この312万円と破れた紙幣数十点は拾得物とし豊川署が持ち主を捜しているのである。

まあ、こんな事件が大貫さんの1億円拾得依頼、いーろいろ取りざたされてきたのであるが、どーゆーわけかほとんどの場合、ほんとの持ち主は現れないのである。

しかし、ほんとの持ち主でない人はものすごく現れるそうである。

どう考えても虚偽の理由を言いまくってなんとかその拾得物を自分のものであると言い張る人がたーくさん現れるわけであるが、そのほんとでない持ち主はやっぱりすこしおつむもほんとでないので、そのほんとでない人にその拾得物は渡ることがなく、発見者に拾得物として法律の期限がくると無事お下げ渡しになられるのである。

まあ、自分がこれ、たとえば1億円を拾ったらどうするかというと、これは迷うのである。

もちろんあたしは象形流気功法宗家大霊能気功家象師匠でありますので、ネコパパなんて真似をする気は十分に間満々にあるわけであるのであるが、これ、ネコババがバレたときの一撃はネコババしたおいしさを遥かに凌駕して、あたしの社会的信用は失墜して、この前、お仕事の関係でうっかりお捕まりになった同じ町内会で懇意の大親分同様に立ち直りが容易ではなくなるのである。

大親分はお仕事の関係でありますので、もう、当分、お別荘暮らしになるご予定でありますが、あたしなんかは、新聞に出たあとは、書類送検程度でありますので、べつにお別荘に入居するなんてこともないので、すぐ社会復帰してネコパパおやじという、もう、わいせつ男同様の情けない男の部類の扱いになって、ものすごくめんどくさいこことになるのである。

それを考えると、まあ、当たり前におまわりさんに届け出るのが妥当であるわけであるが、これ、そのことはもちろん新聞に出るわけである。

そうなると、これがまた、大騒ぎになって、マスコミが押し寄せて、テレビのニュースにも無理やりご出演になったりして、世間を出歩くのも困難になって、さらにこれ、持ち主が現れないとなると、これが税金を引いてあたしのところへ起こしになるので、まーたまたマスコミが押し寄せて、それをひがんだ脅迫電話や手紙、ネットの脅迫、さらには知人、親戚から急な無心、借金の申し出が相次いで、それを断れば、なんてひどいやつだと罵倒されて、もう、これ、ネコババよりもめんどくさいことになるのである。

だから、1億円を見つけたら、知らん顔して拾わずに立ち去るのが今のところ一番よろしい対処法であるのである。

2010年8月2日月曜日

江川紹子サンデーモーニング正式降板

野球解説者、張本勲氏との意見の相違が原因でおおもめになり、不定期出演していたTBS系「サンデーモーニング」を休んでいたジャーナリスト、江川紹子さんが、番組を正式に降板したそうである。

まあ、なんだな、しょーがないのである。

ほかのコメンテーターが張本さんと大沢親分にたてついてちゃ、番組がなりたたないのである。

これは、張本さんと大沢親分の言いたい放題を聞いて楽しむ番組であるのである。

その辺は江川さんもあらかじめご承知のこととは思うが、なにしろ、あのご性格であるから、思ったことは言わないと気がすまないとは思うが、事件、事故や社会の不正ではなく、さらに解説が正確かどうかではなく、少しわけのわからなくなっているこの御大二人の少しとんちんかんなおもしろ解説を視聴者も楽しんでいるわけであるので、御大お二人に機嫌よく元気に言いたい放題をしていただくのが局の方針であるから、張本さんのテンションが落ちるような発言はよろしくないわけである。

まあ、あたしがプロデューサーでも、江川さんと張本さんのどちらを取るかといえば、そりゃ、文句無く張本さんであるのである。

しかし、どーでもいいようなことでけっこうな大騒ぎになるのであるから、まあ、このコーナーの人気度がばかにならないものであることがよくわかるのである。

江川さんが「わたしの代わりはいくらでもいるということです」と自戒しておっしゃっておられるが、これは、スポーツコーナーで江川さんが大活躍するとは誰も期待していないので、勘違いであるのである。

逆に考えれば、事件、事故、社会問題のコーナーで張本さんが何か江川さんに反論したらものすごくへんな状況であるのである。

畑違いのところではその畑を耕している人がその権利を持っているのである。

人の畑でその耕し方の文句を言ったらそりゃ大喧嘩になるのである。

さらに、張本さんと江川さんではどーやっても人気度だけでも問題にならないので、こうなるのは当然であるのである。

テレビは人気度順に重要度のランキングがあるのは当たり前であるのである。

ううむ、たいして面白くならんな。