スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

近所のクロネコで驚いた話

 まあその、何と言うのかびっくりすることがこの世には多々あるものである。  今まで、家の近所の某クロネコにいくとその対応のまずさにいつも辟易していたのである。  トラブルも何度かで一度は所長を呼び出して「受付の女性の態度がひどい」と苦情を言ったら「いやそうなんですよ、あまりにも態度が悪いので事務所に置いとけないので受付にしたんですよ」なんて意味不明なことを言うのである。 このくだりは大げさでもなんでもなくホントの話である。 その後の受付の皆さんも似たり寄ったりの仏頂面と人も無げの酷い態度で、 ここの所長の性格が悪いとは思えないのに、一体何の酔狂でわざわざこんないかにも低知能で愛想のないぶっきらぼうな人間ばかりを雇うのだろうかといつも感心していたのである。 感心は語彙として違うかもしれないがまあそういうことである。 どういうことなんだよ。 その他にも、廃棄パソコンを送るために指定のビニール袋に入れて持っていったら 、脳も筋肉でできてる系のお兄ちゃんが「パソコンはダンボールに入れて詰め物をしてください」と言って、でかいダンボール箱を渡されたのである。 「いや、これ相手側の指定だし、廃棄だから詰め物しなくていいんじゃないの」と私が言うと「いいえ、パソコンは必ずダンボール箱に入れて詰め物をしないと駄目です」と頑として譲らないのである。 「じゃあ、この送り状の相手先の電話番号にかけて確認してくれませんか」と言ったら渋々電話して「このままでいいと言ってますので、今回はいいです」てなことを言うのである。  その他にも小さいトラブルは毎度でその対応のまずさにあるいは頭の悪さにいつもあーらびっくりねしていたのである。 ところが、今日、某アマゾンの返品を送るために久々に行ったら、賢そうなメガネのお兄ちゃんが出てきて、打てば響くみごとな対応で、すぐカウンターから出てきて、いわゆるネコピットを操作してくれてQR コードを晒すだけにしてくれたので簡単に送れたのである。 まあ、アマゾンとの提携によるマニュアルであるかもしれんが、帰るまで終始実に鮮やかな対応で思わず「どうもありがとうございました 、お世話様でした」とこちらがお礼を言ってしまったぐらいである。  ある意味今まで通りの激烈な対応のまずさを期待していたあたしはなんとなく拍子抜けで、「あらら、一体これはどうなってるんだ?」と驚いちゃった
最近の投稿

音声認識でブログを書いてみる、その2

 さて本日も音声認識で何か書いてみるわけである。  これ、やってるうちに、かぎかっこひらく、と言うと「 が出るのが分かったのである。  ちなみに 」 は、かぎかっことじる、である。   まあワードに適当にしゃべって、それを文字起こしして、それをブログにコピペしてから編集すると言うのがもっとも宜しいとは思うが、できるだけそのまま掲載したいわけである。   音声認識で出ないものは編集のときにキーボードでつけたせばいいわけであるが、それでは何の音声認識なのか釈然としないわけである。  まあ、pcが、以前ネタにした何しろ7年前のものをssdに換装して使ってるわけであるので、まあシステム的に問題があってできないことも多々あるのは承知の上でやってみるわけである。   何しろ古いので立ち上げるたびにオーディオデバイスがミュートになってしまうので毎度面倒くさいことこの上ないあれこれである。   だいたい音声認識の設定でここまで書くまでに調整に手間取って丸2日ぐらいかかっているのである。   これを新しいpcでやった場合は何の設定の変更もなくそのままマイクを認識して当たり前に文字起こしができるのである。   つまりある意味なんのこっちゃである。   まあとにもかくにも、ある意味面倒くさいほど面白いので、この難儀なpcであれこれやってみるわけである。   まあ、そうこうしているうちに室温が30°cを超えて暑い事この上無いがエアコンはつけないのである。  人間何事も根性である。   バカなんじゃないかと言われようが何しようが、あたしはエアコンを絶対に付けないのである。   うーん、しかしこれはどうもバカげた方向性であるなーと思う今日この頃である。   ありゃりゃ、33°になっている。   都内は34°になっているというから当然東京都である私の地域も34°になる訳である。   このままエアコンをつけないで34°を楽しもう。 とにかく熱中症対策で水を飲もう。   うーむ、まったくどうでもいい。   何しろ音声認識を試すために適当なことを言ってるわけであるので内容はないよう。   なるほど、漢字の語彙をひらがなにする場合は一語一語話せばひらがなになるわけだね。   まあ、でもここまで一切キーボードに触れることなく書けるわけだから便利っちゃ便利である。   しかしこれを直にコピペするとあれこれ問

音声認識でブログを書いてみる

音声認識でブログを書くといっても、まあ、このブログを書いてるgoogleブロガーには音声認識がないので、ワードで書いてそれをコピペするわけである。  さらにこれは音声認識でブログを書くためのノウハウということでもないので、ただやってみるということで、全く役に立たないネタかもしれないのである。   象気功は役に立たない機工法というのがおいおい無茶苦茶だやっぱりこんなかよ、まあいい、行ってみよう。  pcに付いてるマイクに直接だと大声で話さないと認識しないので、一人でピーシーに向かって怒鳴っているのも何であるので、ヘッドフォンマイクをつけてこそこそやるわけである。   おお、さすがはヘッドフォンマイクだ、アマゾンで買ったロジクールの1250円のばったもんでも小さな声でちゃんと認識するではないか。  ばったもんはカタカナにしてもらいたいものであるが、まあいいだろう。   しかしまあやってみなきゃわからないので、あれこれやってみるわけである。   おお、かけるかける、かけるがしかし感じにならん、漢字が違うし、いやはやなかなか思うようにはならんな。   なかなかそれなりに面倒くさいな。  音声認識というのはまあスマホなどでは当たり前であるが、わが社にpcが導入されてはや数10年である関係上、pcでは話すのと同じような速度でキーボードを打てるので全く不便がないので、音声認識を使う気はなかったし、今まで使う気もなかったのであるが、何事もやってみなければわからんのでpcでもやってみるわけである。   うーむ、文章が長すぎるが話しているだけなのでいくらでも書けるな、おお、かけるが漢字に返還された、いいね。   まあいわゆる会話の文字起こしとなるわけであるが、これって要するにpcにとってはいいのか悪いのか?   キーボードの早打ちは確実にハードディスクやssdの寿命を縮めるが、音声認識による文字起こしはどうなんだろうか?   まあそれなりに影響はあるんだろうが、それを言っていると何もできないので先に行ってみよう。   うーむ、やってみると意外に正確に会話の文字起こしができるので、いやはや科学の進歩というものは果てしないものであるなぁ。   おお、おんびきのあわ小さくべるのかよ、ありゃりゃ意味不明になってしまった。   しかしどうなんだろうか、改行と。と、と?と!は変換できるがスラッシュ

日本人のマスク文化に改めて驚く

 ご存じのように政府では先日からお外ではマスクはしなくていいよと言ってるわけである。 あたしはもちろん誰が何と言おうとマスクを外す気は毛頭ないので、みんなが外を歩くときにマスクを外して歩いてるのにあたし一人だけマスクしてたら恥ずかしかろうと思いながら、仕事で駅前の駐車場に車を停めてこそこそと駅前を歩いてたら、駅の周囲や改札を通る人など、歩いてる誰もがマスクをしてるのである。 駅前のショッピングセンターに行く人々も全員マスクをして歩いてるのである。 あたしが見た限りでは100%があいかわらずマスクをしてるのである。 あーら、びっくりねである。 仕事先でももちろん全員マスクである。 いったいどうなってるのかねと思いながら仕事を終わらせて、車に乗って最近お気に入りのバイカーのあつまる某公園のテラスのあるフードコートに昼飯を食いに行ったら、数十台のバイカーのおにーさん、おじさん、おじーさん、おねーさんが全員マスクをしてるのである。 バイカーはある意味ワイルドを売り物にしてるわけであるから、マスクをしなくていいと言われたら真っ先に素顔で煙草をくわえてイエイかと思ったら、バイクを降りてもきちんとマスクをして歩いてるのである。 いったい日本はどうなってるのかと逆に心配になるぐらい、老若男女が今まで通り外を歩くときもマスクであらうふんである。 アホだらけの欧米に比較して日本のコロナの死者が格段に少ない理由は当たり前のことを当たり前以上にするという当たり前重視の当たり前生活が根付いていることによると思うが、象気功は当たり前のことを当たり前にするという当たり前メソッドである。 イエイ。 うるせーよ。 まあ、マスク文化というよりは国民的な潔癖症あるいは心配性あるいは世界に誇れる没個性画一教育の成果あるいは島国根性のせいではあるとは思うが、いずれにしても日本はまだまだ大丈夫だと安直に安心したのである。 それはともかく戦争反対である。 ・ 象気功

日本の情報は駄々洩れか

   ううむ、弱った、ネタがない。  しかしなんか書きたい。  ハイパーグラフィアにも困ったもんである。   だめだこりゃ。   今日はあきらめようかね。  人生はあきらめが肝心である。  わかったから先に行け。   はいはい。   これなんなん?   しょーがない、ヤフーニュースでも見てみよう。  「【独自】北の技術者、県防災アプリを修正…26万人利用・ミサイル速報「Jアラート」も配信」  なんだこれ?   すごいねしかし。   兵庫県の防災アプリかよ。  むちゃくちゃなだな、北からのミサイルに対する警報が北の技術者に頼んで修正したアプリから出るわけだ。 ものすごいナンセンスだな。 金の流れを問題視してるが、そーゆーことじゃないだろう。 こちらの情報の駄々洩れが問題だろう。 なにしろあの辺の状態はご存じの状態だから南も北も中も入り混じって、金の流れも機密もへったくれもないのは分かるが、さすがにこんなずさんな状態になってるとは思わなかった。 まあ、これが氷山の一角であらゆる情報が駄々洩れであるのは想像に難くないが、日本はなんにしても究極の自由でいい。 通常の生活では自由すぎて不安になるぐらい自由で、国からの規制で困ることは何もないので、こんなんでええんかなと思うあれこれである。 まあ、あの辺があの事態であるから、もしかしたら沖縄あたりに内緒で核を準備してる可能性もないではなかろうが、県が北の技術者に北からのミサイルの警報も含むアプリを依頼するぐらいであるから、なにがあってもへーとしか言いようもないわけである。 とは言っても、あたしはいかなる戦争にも絶対反対である。 一応言っとくのである。 一応かよ。 他に何かあるかな? 「4630万円誤給付、田口容疑者「ネットカジノで使うため振り替えた」…山口地検に送検」 やっぱりこれかね。 しかし、まあ、ネットであれこれ取りざたされてるこのにーちゃんの人間性や金の使い道はともかく、たとえばあたしの口座に4630万円を勝手に振り込んできたら、その出所がどうだろうが、弁護士を立てて前面的に争う気持ちはある。 あるのかよ。 気持ちはあるが、経緯はどうあれ、ものが税金だろうから日本中を敵に回すのは当たり前である都合上、相手の非をあれこれつついて内緒で和解かね。 まあ、こちらも個人口座にいわれのない金を勝手に振り込まれてその処理に大いに迷惑

マスク着用義務解除に反対する

 まあ、なんというのか、マスク生活はいいね。 なに言ってるの? バカなの? バカで~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~す。 あっち行けっ、しっ、しっ。 でかい不織布のマスクをしてると誰だかわからんから、ヘアスタイルもどーでもいいし、ファッションもどーでもいいし、ひげも剃らなくていいし、皆が不織布のマスクをしてると匂いもわからんだろうから3日ぐらいシャワーを浴びなくてもいいし、人に会うたびに心にもない笑顔を作らなくてもいいのである。 あたしみたいにめんどくさがりの自堕落なものには天の助け神の啓示だと感謝していたのである。 マスクをしてればどーせ誰だかわからんだろうということで、ときには起き抜けにパジャマのままお出かけしたりしてたのであるが、まるで天国のごたる生活である。 しかし、このところの世界的な風潮に合わせてマスク着用義務解除論があれこれ出るようになって、コロナ収束は実に喜ばしいことであるが、マスクが無くなるのはあたしにとって実に悲しいことである。 だから、マスク着用義務が解除されても、あたしゃ仕事などで人に会うとき以外はマスクをしたまま生活することを決心したのである。 こんな便利な生活を手放す気にはなれないというのが昨今の心情のあれこれである。 コロナがいきなり完全に消滅するわけではなかろうし、さらに変異種が広がるだろうから、マスクをしてる理由はまだ1~2年はあると思うが、その先はマスクしてる理由が無くなるわけである。 まあ、コロナが完全に収束しても、冬はインフル予防で、春は花粉症ということで半年ぐらいはマスクをしてても問題はなかろうが、夏にマスクをしてる理由はこれといって見つからないので非常に弱っているのである。 くそ熱い夏場にマスクをしてると、これはもうかなりヤバいお病気と勘繰られかねないので、夏はあきらめて素顔をさらして、ひげを剃って、髪を整えて、こぎれいな服に着替えてお出かけということになるわけである。 くそー、今のマスク生活があまりにも快適なので、考えただけでもめんどくさくてストレスになる。 ・ 象気功

ワクチン3回目接種の副反応で熱が出た

  今日の3時45分にワクチンの3回目を接種したが、それから約3時間半でどうも寒気がすると思って体温を計ったら37.0度である。 予約してあった某医院にワクチンを打ちに行ったら、入口ににーちゃんとねーちゃんがスマホみながらしゃがんでるのである。 「おいおい、ここはコンビニの駐車場か?」と思ったが、そうではなくどうも、このにーちゃんとねーちゃんたちはどうもPCR検査を受けにきてるらしいのである。 そのあと来たおっさんも「PCR検査にきました」てなことを言ってたので、なーるほどそういうことかと納得したわけである。 まあ、そんなこんなで待合室はワクチン接種のあたしらじじいとばばあと通常の患者で密の状態で、空気清浄機が端に置いてあるだけで特に換気もなく、西日があたって熱いし、じじいとばばあがわいわいしゃべってるし、そうこうしてるうちに、名前を呼ばれたので診察室に入ったのである。 そしたら男性医師が服をまくって胸を出せというので、いや~んえっちと言おうと思ったが怒られそうなのでおとなしく胸を出して聴診器を当てられたのである。 そしたらマスクを取れというので取ったら例の金属のへらで舌を押されてのどを調べられたのである。 さらにそしたら、看護婦さんが服を脱いで左肩を出せというので、いや~んしけべと言おうと思ったが、笑われそうなので黙って肩を出したのである。 その肩に医師がぶつーっと注射針を刺したので、いてててなにすんだこのやろう、あたしを誰だと思ってるんだ、天下の大霊能者象師匠様だぞ、邪気を送って病院休業にしたろかこら、と言おうと思ったが、もちろんあたしもいい大人であるので、我慢してたらちゅーっとワクチンを注入されてさらに痛かったのである。 てなことで帰ってきたのである。 ううう、なんかちょーしが悪い。 さらに熱が上がってるのかもしれん。 明日はどうなるのか実に楽しみである。 なんでも楽しみかよ。 だめだ、なんかほんとに具合が悪い、寝てしまおう。 いえい。 ・ 象気功