2011年3月23日水曜日

東京都の水道水から210ベクレルの放射性ヨウ素131を検出

まあ、1回や2回飲んでも、長期的にこの放射性ヨウ素131入りの水道水を摂取しなければ健康に影響はないそうだって、おいおい、あのね、水を1回や2回って、水は毎日これでもかと長期にわたって毎日飲むわけだから、どうやったって長期に摂取するだろう。

もう、これで、近所のスーパーからミネラルウォーターは買い占められて消えてるから、まあ、ネットでもすぐ売り切れてなくなるだろう。

今日、あたしの知人のミネラルウォーターの製造会社の株が大暴騰してるが、この会社の水は東京都の水道水を浄水して詰めてるだけだから、この会社の水を買って飲んでも意味がないんじゃなかろうかと思うが、まあ、日本の他のメーカーも同じことをしてるメーカーはそれなりに似たようなもんだろう。

先日の雨で、どこの水源も汚染されてるのは当然だろうから、細かく調べれば、関東や東北で生産された水物は全部だめだろうと思うのは当然であるのである。

まあ、こうなると、外国産の水を飲むしかないわけだ。

心配な人はボルヴィックとかエビアンとかカイザーとかをネットで大量に注文するしかないねこりゃ。

あたしも以前は飲料水はミネラルウォーターを飲んでいたのであるが、うちの水のレベルを測ってもらったら某てんねんすいよりもよろしいというので、それからは思いっきり東京都水道局の水をそのまんま飲んでるのであるが、残念ながらそのレベルの高い水は放射性ヨウ素131入りになってしまったわけである。

まあ、現在は乳児の基準の100ベクレルを超えているが、大人の基準の300ベクレルを超えていないので、大人は飲んでもよろしいそうであるので、まあ、現在210ベクレルであるので、事情によってもよらなくてもおそらくそのうち300ベクレルを超えるのは必然であると思うが、あたしは東京都の水道水を300ベクレルを超えても飲むのである。

めんどくさいから、なんでもいいのである。

しかし、ねえ、海外のメディアの言うとおり、このまま収束するわけなんかなくてこーなるのは目に見えてるのに、どんどんこーなるのはやっぱり神の思し召しであるのである。

まあ、事故が起きた当初から東電も政府も大丈夫大丈夫てなことを連呼してるのであるが、ぜんぜん大丈夫ではないのである。

事故の早期に米軍の家族に避難指示が出たのはスリーマイルの経験でこーなるのがわかってるからである。

まあ、日本の野菜も原乳も魚も食えなくなって、水も飲めなくなったら、まあ、外国から輸入するしかないやねって、そんなことじゃ済まないのであるが、でも、そうなってるのである。

しかし、すごいねどうも、東電も政府も、こんなもん造ったらいずれこんな当たり前のことが起きるってえことに想像力がないのかね。

まあ、こーんなことになってる現在でも推進派だなんて大きな顔してテレビに出てるバカがいるのであるから、まあ、世の中というものはしょーがねーなー。

しかし、これ、東京でこれなのに、福島周辺の地域の水道水はいったいどうなるのかね。

東京は言える範囲内で、福島周辺の地域はそれを言ったら大パニックになるから、とても言えない状態なのかね。

ううむ、政府もいろいろ隠すことが多くて大変だろう。

これ、しかし、収束するのかね。

海外のメディアはもうリビアで大騒ぎであるのである。

世の中はなるべくしてなりならないべくしてならないのである。

しかしなんだねえ、どんどんすんごくなってるよねえ。

食の安全もへったくれもないよねえ。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2011年3月20日日曜日

アメリカ政府、無人放水機4機提供へ

おいおい、無人放水機って、そんなもんがあるんならなんで最初から頼まないのかね。

基準値内の作業で入れ替わり立ち代わり一日の作業時間に限度を決めなくても放水したいだけ放水できるから、事態はとっくに沈静化してたはずである。

まあ、いろいろ東電の幹部連中が隠してることがわかってきたが、つまり、なかなか米の援助や海水放水に踏み切らなかったのは「何が何でも廃炉にしたくない」という一点なわけだ。

この後に及んでも、今だにこれらをなんとか可動させたいと思ってるのかなんなのか、これ、管さんぐるみなのかどうなのか、まあ、いわば国策で多大な建設費用をかけて作ったもんであるから、国民の健康がどうなろうがとにかく海水をぶっかけて廃炉にしてしまうのを防ぎたかったということかね。

にっちもさっちもいかなくなって「絶体絶命」てなことをいわれてから「13時間連続放水」なんてことをやってないで、最初から廃炉の方向で自衛隊も消防庁も米軍も一体でやればこんな事態は防げた可能性があるはずであるのである。

さらに無人放水機なんてもんがあれば、当初のおっかなびっくりの放水じゃなくて、一気に大量に注水できたはずである。

この被害はもうすでに周辺地域の農作物や原乳にまで広がっていて、周辺の農業、酪農は致命的な大打撃であるのである。

風評被害だけでも、もう、この周辺の産地のものは売れなくなるから、この地域の農業、酪農は全滅じゃありませんか。

この保証はどうなるのかね。

東電は払う気があるんでしょうか。

しかし現場の社員や作業員や関係者、さらに自衛隊、消防士の皆さんには、そのご家族も含めてほんとにお気の毒であるし、その行動と勇気に敬意を表するのである。

まあ、東海大地震がくれば、今度はうちの近所もこうなるわけだ。

こんなんもんはすべて廃炉にして、総ての建造物に太陽光発電設置を法制化して義務付ける方向に向かうのが地震国である日本のエネルギー事情を解決する一番の方策であるのであるが、そんなもんおいしくないから、だーれも本気でやらないのである。

天下国家も経綸を最優先して論ぜられるのである。

しかし、リビアもてんやわんやだし、アセンションに向けて世界は大変革を初めているのである。

なーにがアセンションだ、アホか。

てなことで、ううむ、どうしてもこの件は文句になるから、すぐ削除するのである。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2011年3月18日金曜日

福島事故、レベル5に引き上げ

ほーら、やっぱりレベル5だった。

米国防省は日本の本州に勤務する米軍人の家族2万人に対して自主的な国外退去を支援することを決めたって、ううむ、これ、日本政府の情報はなんかそうとう隠してることがあるのかね。

きちんと開示しないから、不信感で諸外国の大使館やメディアさえどんどん引き上げてるし、あたしらも、実際に何が起きてるのかぜんぜんわからなくて、テレビ番組の情報から想像するだけである。

核専門家のエドウィン・ライマン博士が「日本は絶対絶命の試みを続けているが、もし失敗すれば、もう手立てはない」てなことをおっしゃってるそうであるが、日本政府の楽観的な情報とは違って、世界は危機感を募らせているわけである。

なんだよ、地震直後に米政府からの測定装置提供の申し入れを日本政府は当初断り、事態が悪化してこれを受け入れたって、おいおい、なんだこれは。

さらに、「支援不要は東電の判断、海水投下は米政府の要請」って、どうゆーことなんだ?

どうも、今まで米軍が手伝いにこないと思ったら、東電が断ってたんじゃないか。

東電は事故が起きるたびになんでもかんでも隠すのは今までの通例だが、これ、外人が逃げ出す気持ちもよーくわかるねしかし。

米国は上空に無人機を飛ばして独自の情報収集をしてるって、そうだよ、無人ヘリコプターを飛ばしてCCDカメラで中を見れば簡単に様子がわかるんじゃないのかね。

そんなもん、テレビ局に言えばどうにでもなるだろうに、なんでそれをやらないのかね。

それをやると隠してることがバレるから、なかったことにしてるのかね。

しっかし、専門家と言い張る連中の常套句の「直ちに健康に影響が出るレベルではない」って、あーた、「直ち」に影響が出なくても、それを長期にわたって恒常的に浴びたらどうなるんだいったい、ああ?

世界中の政府もメディアもこの事故の成り行きをどのくらい危機感をもって注視してるか理解してないから今だにバレるとまずいことを隠してるんだろうが、事態は深刻どころか「絶対絶命」なんだから、背水の陣でなりふり構わず世界の援助を受け入れないとレベル7に引き上げなんて言い出すことになるのである。

とにかく、東電はほんとのことを言いなさいよほんとのことを。

それで、今日もうちの前のガソリンスタンドには朝から長蛇の列で、順番めぐって大げんかで、仕事に出てスーパーにメシ買いに寄ったら、なんだかしらんが、大きなスーパーにおじーさんおばーさんがものすごい人数で必死で食品や雑貨を買いまくっていて、買い物用のキャリーバッグに買ったもん詰め込んで、それでも足りなくて大きなスーパーの袋を持って、さらにおじーさんも2つ持って、ああ、なるほどそれで、おばーさんだけじゃ持ちきれないからおじーさんとおばーさんが二人できてるのかなんて納得したのであるが、皆さんパニック状態であるのである。

皆さん、気が上がって焦って買いまくってるのがよーくわかるのである。

まあ、おじーさんおばーさんにしてみれば、事態がなにがなんだかわからないから不安で、とにかく買いだめしないと日本化から食いもんがなくなってしまうと思い込んで焦ってるんだと思うが、まあ、あと1週間ぐらいはこの馬鹿騒ぎが続くのかね。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2011年3月17日木曜日

地上から放水30トン終了

警視庁の第一機動隊の高圧放水車は放水中止で、自衛隊が5台の特殊消防車両で放水したのね。

30トンだから、これ、少しは効果あるのかね。

さすがは自衛隊であるなあ。

おお、自衛隊の発表では放水した水は3号機の建屋の中に届いてるとおっしゃってるではありませんか。

こんなときにはやっぱり自衛隊がこないと解決しませんがね。

あのね、これ、自衛隊という名前をやめて、今の装備のままでも災害救助隊に名前を変更すればその存在にだーれも文句をいいませんから、ぜひ思い切って変更していただきたい。

でも、3号機のプールの中は水があるのかないのか燃料棒がどうなってるのかてなこともレベルが高すぎて実際にはどうなってるかわからんというから、結果はまだわからんわけであるな。

ううむ、これで安心して今夜は寝られるが、また、これ、明日の朝になったら効果がなかったなんてことになるのは勘弁していただきたい。

警視庁の高圧放水車は放水の距離が届かなかったのね、まあ、そらしょーがない。

命がけの現場でおまわりさんも自衛隊もえらい!よくがんばった。

しかし、こんなことになることがわかってるこんなもんを造ったやつらはいったいどこで何をやってるんだ?

アメリカ政府は80キロ圏外に退避しろてなことをいってるのかね。

だから、米軍が放水に来なかったのか?ううむ、どうなんだろうか。

まあ、スリーマイルで懲りてるだろうから、まあ、まあわからんでもないが、あらら、緊急地震速報だ。

「強い揺れに注意してください、テーブルの下などに隠れてください」

「念のため津波に注意してください」

「今夜9時32分ごろ関東地方で強い地震がありました」

「千葉県東方沖でM5.8です」

ううむ、これ、せっかく放水が成功して、明日も放水を継続すればなんとかなりそうだが、福島に大きな余震が来るとぜんぶわやになるわけである。

まあ、これ以上大きな地震が来ないことを神に祈るしかないが、この東日本巨大地震を引き起こした極悪な張本人がその神だから、そんなもん、強盗に金貸してくれっていってるようなもんであるのである。

ううむ、しかし情報が少ない上に錯綜してなにがなんだかわからないので、何が起きてるのかもっと詳しく開示していただきたいもんであるが、いろいろまずいのかね。

おおお、まーた、地震だ大きいぞ。

福島は大丈夫か?

ニュース批評   ニュースブログランキング

高圧放水車とヘリで放水始まる

昨日の夜、寝る前のニュースでにっちもさっちもいかない福島に米軍が放水に来るなんていってたので「おお、ついに米軍が来るのか、これでなんとか収まるだろう」なんて安心して寝たのであるが、今朝4時に起きてテレビをみたら、どういう事情があったのか米軍なんか影も形もなくて、警視庁のデモ鎮圧用の高圧放水車と自衛隊ヘリで放水を始めるなんてことで、今、9時45分ぐらいから始めてるらしいのである。

ヘリには防御策として床に鉛を敷き詰めてあるそうである。

世界の論調は、福島の状況はすでにスリーマイル同様のレベル5で、なかにはレベル6だなんていってる国もあるぐらいで、このままいけばロシアのあのレベル7の状況を引き起こすなんて専門家もいるじゃありませんか。

サッカーなんかの外人助っ人はもう逃げ出す用意してて、空港におられる写真も載ってるし、あーた、これ、日本人はアレルギーどころか慣れてしまって鈍感になってるんじゃなかろうか。

まあ、この津波被害で大混乱のところにこれ以上のパニックを引き起こさないためにできるだけ楽観的な情報に操作してるのはわかるのであるが、今、福島でいったい何が起きてるのか、正確な情報を開示してもらいたいのはあたしだけじゃないと思うのである。

まあ、うちの前のガソリンタンドにはもちろん早朝から長蛇の列で、昨日の昼頃スーパーに寄ったら、パンもカップ麺も缶詰もなくて、なんだかついでに、うどんなんかの乾麺も売り切れていて、トイレットペーパーとティシュも乾電池もなくて、「あーあ、オイルショックの時ととまったく同じ無意味なことをしてるのかね、しかし、一般衆生というものはなんでこーなのかね」なんて思っていたら、インストアベーカリーにおばさんおじさんおにーさんおねーさんが長蛇の列で、店員さんが「あと8人で終わりでーす」なんてわめいていててんやわんやであるのである。

ヨウ素を含む海藻などを食うようにと言えば、イソジン飲んでるパーもいるしもう日本人の教育水準というのはいったいどんなんだという状況があちこちで展開されているのであるが、まあ、そんなこんなでこの世あの世はこんなであるわけである。

ところで、放水はどうなったのかね。

現在はそれが成功するかどうかが世界の注目であると思うのであるが、それ、随時、進展状況を放送しないのかね。

これで、だめだったら、600キロ圏内がアウトで東京もアウトになるわけだから、日本は機能しなくなることになって、さすがの悠々自適レンタル業のおヒマリッチ代表象師匠だってアウトになるのである。

象師匠がアウトになるときは日本がアウトになるときであるのである。

おいおい、7.5トンの水を投下といっても、上空だからほとんど霧状じゃないか。

え?放水車はまだ待機なの?え?なんだよ、連続放水は1分間しかできないの?だめだろそれじゃ。

「3号機から白い煙のようなものがあがってます」って、あーた、それ大丈夫なの?

「このままの状態が続くと外部に漏れ出す恐れがあることから」って、やっぱりものすごくやばいんじゃないの。

今日が限界だから防衛大臣と管さんが話してこーなった?って限界なの?じゃあ、明日からはどうなるのかね。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2011年3月16日水曜日

福島の白煙はどうなったのか?

ううむ、今、仕事から帰ってきて、テレビつけたら、「自衛隊がヘリで消火散布を始める」なんてTBSで長嶺さんとお並びになって堀さんがおっしゃってるのである。

なんだよ、ヘリでいきなり消火剤を散布したりすると危険なんじゃなかったのかね。

ええ?事態が切迫してるから散布するの?

だめじゃん。

朝より状況が悪くなってるのかね。

まあ、どうも改善の方向には向かってないみたいであるね。

あらら、陛下も国民に向けてご挨拶しているじゃありませんか。

日本国の終わりかね。

ええ?水道水から基準値の半分が検知されたって、ううむ、どんどん危ない方向に行ってるじゃありませんか。

飲んでも問題はない数値って、そーゆー問題じゃないだろう。

水道水からそんなもん検知されちゃだめだろう。

どんどん汚染されてるってえことじゃありませんか。

これ、現場からぜんぜん情報が入らないけど、いったいだれが現場の東電の責任者でだれが状況を見てるんだろうか。

下請けの業者さんが交代で命がけで処理してて、東京電力の社員は遠巻きにして現場に近寄らないようにしてるってえことかね。

こーなるのはわかっててあんなもん造った東京電力はお偉いさんが現場に行って先頭に立ってあーたたちが命がけで陣頭指揮をとりなさいよ。

ええ?現場はどんどんレベルが上がってるの?

ドイツの大使館員は危ないから本国に撤退するって話聞いたけど、どうなのかね。

イスラエルのメディアも撤退するということだが、ううむ。

ニュース批評   ニュースブログランキング