2011年6月29日水曜日

菅降ろしと東電と太陽光発電

まあ、東電では先日の株主総会で原発路線続行てな決議であるのであるが、まあ、そりゃそうである。

原発路線が廃止になって、その代替として、菅さんがお好きな風力発電ならともかく、象師匠推奨の太陽光発電なんて方向に国がうっかり動き始めれば、電力買取法案の先にある「電力は各家庭や企業で勝手に発電」ということになった日には東電は消滅して消えてなくなるのである。

東電がなくなるつーことはそれで食ってる数百万人の皆さんのお仕事がなくなって、おまんまの食い上げであるわけであるから、そら、原発路線廃止が通るわけはないのである。

まあ、菅さんは浜岡を止めて、さらにこれを機会に怨念の自然エネルギー法案なんつー、原発でおまんまを食ってる皆さんにはとんでもないことを持ち出してきたわけであるので、そりゃ、政界も財界も民主も自民も含めた日本中の原発利権おまんま軍団から袋叩きにあうわけである。

菅さんは今回の震災対策ですっかり能なしのアホ扱いであるのであるが、これ、他の誰がやって大同小異の対策しかできるわけもないのである。

たとえばそのとき自民政権で谷垣さんがやってても、この未曽有の大地震と津波と原発事故に納得のできる対策なんかできるわけもないので、やっぱり谷垣さんもおもいっきりの能なしアホ扱いになるわけである。

日本の根幹は経綸にあるわけであるので、そら簡単にものごとがよろしい方向に進むてなもんではないのであるが、ドイツを始めイタリアてな国は日本の某政治家に集団ヒステリーなんて揶揄されても、国民がそのよろしい方向性を選んだわけである。

現在の一朝ことがあると大災害につながる方式の原発は遅かれ早かれいずれは消滅することが摂理であるわけであるが、まあ、フロンガスの影響によるオゾン層の破壊で、現在のオーストラリアなんかじゃ、小学生も外出時はサングラスをしなければならないてな事情でも、まあ、やっぱり対策は遅々として進まず、どんどん破壊は進んでるのであるから、世界の破滅と人類の英知との追いかけっこは果たしてどうなるのかこの先も余談を許さない波乱万丈興味津々の展開であるわけである。

しかし、チェルノブイリに代わってフクシマが世界の原発事故の代名詞になるってときに、当の日本国内のこの状況ってのはすごいねどうも。

とにもかくにもあたしは、EV(電気自動車)並びに、太陽光発電推進派であるので、能なしだろうとアホだろうと菅さんに肩入れするわけである。

いや、べつ関連銘柄を持ってるわけじゃありませんったら。

ニュース批評   ニュースブログランキング