2012年8月3日金曜日

ロンドンオリンピック雑感

まあ、なんである、ものすごく久々の更新であるのである。

こんなに間が開くといったい何が新聞なのかつーことで、記事がすっかり古聞になってるのである。

そうこうしてるうちにロンドンオリンピックも陸上競技が始まろうてな勢いで進行して、日本期待の柔道も男子100キロ超級と女子78キロ超級を残すのみとなったわけである。

まあ、それで、その全日本柔道連盟と日本国民の期待を背負って2回戦で負けちゃった選手もおられるわけである。

その敗者にインタビューするアナウンサーがまた下手で、身も蓋もない質問で、血も涙もないあたしがひくような場の雰囲気であるのである。

まあ、あたし的には、柔道人口で日本を上回る国もあったりして、日本選手を凌駕する各国選手が登場することは実にめでたいことであると思うのであるが、これが発祥国のプライドに照らし合わせると柔道連盟的にはそうでもなくなるらしいのである。

それで、うっかり負けた選手は「申し訳ない」と泣いて詫びるわけであるが、これ自体がご無体で見てらんないのである。

まあ、これはそうさせる役員監督コーチのプレッシャーが原因であるわけであるので、選手の皆さんに申し上げてるのではないのである。

勝負であるから、同じ人間が同じ体重で同じような練習を積めば、さらにはビデオなどで事前の研究も同様にできるわけであるから、外国選手が勝つこともあるのは当然でなんの不思議もないのである。

勝負は時の運で、うっかり負けたからといって、取り返しの付かないこの世の終わりみたいに悲嘆にくれる話ではないと思うのはあたしだけかね。

とくにスポーツは緊張して固くなればなるほど力が出ないというのはシロートでも知ってることであるから、「絶対に負けられない」てなプレッシャーを掛けられたら勝てるもんも勝てなくななるのはそうとうなぱーでもわかるわけである。

実践の場においての監督コーチの役目は、いかに選手をリラックスさせてその力を最大限に引き出すかということも重要であるのは当たり前であるのである。

緊張させて力を最小限にするようなプレッシャーのかけ方はなんの意味があるのかねしかし。

まーだ、根性論で勝とうしてるとしか思えないのである。

今後もこのままの方向性であれば、日本柔道はさらにオリンピックで勝てなくなるのである。

それはそれとして、あの敗者インタビューはどうにかならんのかね。

負けてこれでもかと悲嘆にくれてる敗者にさらに下手くそなインタビューで責め立てて、翌日は朝から晩までこれでもかと一日中にわたってそれを何度も放送して晒し者にするのはなんとかやめにしてくれと選手が声を上げたほうがいいんじゃなかろうか。

見てるほうが気の毒で見てらんないのである。

さらにはその晒し上げを一日中見てるご両親ご家族の心情をご推察申し上げると、これなんといっていいのか。

さてさて今夜の試合はどうでしょうか。

リラックスできるかな。

ニュース批評   ニュースブログランキング