2012年9月30日日曜日

橋下維新代表「尖閣決着は国際司法裁判所で」

新党「日本維新の会」代表の橋下徹大阪市長は29日に大阪市内で開かれた同党の公開討論会後の記者会見で、次期衆院選での自民党との連携について「安倍晋三総裁とも考え方が重なる部分があるが、自民党とは選挙では戦わざるを得ない。政策を選択してもらう」と述べ、対決する方針を改めて示したそうである。

一方、橋下氏は同討論会で、尖閣諸島や竹島、北方領土の問題に関して「(日本の)固有の領土と言うだけでなく、解決方法として国際司法裁判所(ICJ)を活用する戦略を打ち出したい」と述べ、先に表明したICJ活用案を次期衆院選までに同党の方針とする考えを明らかにしたつーことである。

しごくごもっともなご意見であるのである。

まあ、竹島問題に関しては、先日のこちら側の国際司法裁判所への提訴提案をあちら側がお逃げになってるということは、これ、あちら側がそうなると不利であることがわかっているということがあちら側にわかっているということであるわけである。

国際司法裁判所への提訴は両国が同意しないと取り上げられないつーことであるので、まあ、日本が提訴を提案してあちら側お逃げになってるのであるから、竹島問題に関しては、なんつーのか、ことの正否はともかく国際的な印象もこちら側が有利であると考えられるわけである。

しかし、そうはいっても、選出されている国籍の違う任期9年の15人の裁判官の裁決が実際にはどうであるかはその場になってみないとわからないのが裁判であるのであるのは覚悟しなければならないのは言うまでもないことであるのである。

尖閣問題に関しても野田さんの先手を打った国連総会での国際裁判所提訴の提案発言に対して、しまったと思ったのか、あちら側も米メディアにいろいろと積極的にアプローチして広告などをお出しになって布石を打って、印象を自国有利にしようてな意図が感じられるわけである。

1012年ストックホルム世界平和研究所の発表によると、昨年のこちら側593億ドル、あちら側1430億ドルてな世界有数のとんでもない予算の有事の備えがあるわけであるので、これが発動されればお互いに取り返しの付かないことになるのはわかりきっていることであるので、どちらの首脳も自国民の手前いろいろとパフォーマンスはあっても、本気でやりあう気はないわけである。

そうなると、国際司法裁判所の裁定に従うか、あるいは首脳間の極秘裏の話し合いで両国民が納得する妥協案をみつけて、まあ、いわゆる和解工作をするのが解決の道であるわけである。

まあ、それで、もちろん国際司法裁判所が必ずしもこちら側に有利な裁定を下すかどうかはなんともいえないところであるが、まあ、子供のけんかのようにあーだこーだ言い合っていてもさっぱりものごとが進展せず、お互いに経済的損失がどんどん大きくなるので、なんとか妥協点をみつけて、うまく解決するには、もめごとはやっぱり第三者に付託して解決するのが泥沼にはまり込まない大人の知恵であるわけである。

霊能新聞社説かよ。

つーことで、ううむ、台風17号が強烈なのね。

関東地方には今夜から明日未明にご来駕遊ばすのね。

東京で風速45mかね、すごいね。

雨量は明日までに400mmって、いやはや、いったいどのくらい降るのかね。

  ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年9月23日日曜日

少女誕生会に4千人殺到、ネットで誤招待

まあ、これオランダのメディアによると、同国北部ハーレンで21日夜、インターネット上で16歳の少女の誕生会が開かれることを知った約4000人が、少女の自宅周辺に殺到して、一部がぼーと化して逮捕者まで出たつーことである。 

少女は自宅から避難していて無事だったつーことであるが、その少女が、会員制交流サイト・フェイスブックに掲載した招待状を誤って、一般公開したのが騒動のきっかけで、友人だけに送ったつもりだったのが、約3万人が招待状を見ることになったつーことである。

招待状を誤って一般公開した後、インターネット上には、米映画で高校生が企画した誕生会に多数の人々が集まり大騒ぎになる様子を描いた作品を模倣した、少女宅周辺に集まるよう呼びかけるサイトが複数設置されていたつーことである。

つまり、これ、ようするにおもしろがって誤招待に便乗したネット上のイタズラがエスカレートしたわけである。

人口約1万8000人の町に押しかけた4000人の若者らの一部は商店を襲撃したり、車にほーかしたりして暴れたうえ、おまーりさん達とも衝突して、34人が逮捕され、30人以上が負傷したそうであるから、近隣の住民にとってはえらい迷惑な話しである。

誕生会開始までのカウントダウンや、Tシャツ販売も行われていたつーことであるが、まあ、しかし、なんだね、ネットの影響で政権がひっくり返る時代であるから、面白がってもいられないわけである。

まあ、それで、日本との国民性の違いなのか、先進国でも国によっては集まるとたいてい一部あるいは全部がぼーと化して大暴れするてなことになって、おまーりさんともめてお捕まりになる人やけが人が出るのである。

これ、そうなるとぼーと化した皆さんはたいてい近隣の目についた無関係の商店をお壊しになったり火をお付けになったり商品を無断でお持ち出しになったりてな大活躍ぼーきょにおよぶのである。

近隣の商店の皆さんにはとんでもない災難であるのである。

これって災害保険や盗難保険てなもんが適用されるのかねしかし。

まあ、とにかくこれが現在の日本であると、ネットを見たおやんきーや族の皆さんが多少その中に混じってお集まりになったとしても、小競り合いはあれ、ぼーと化して無関係の商店に雪崩れ込んで火をお付けになるてなことはおそらく頼まれてもしないのである。

誰が考えても、無意味なことでその後ものすごくバカをみることになるからである。

やっぱり、諸外国では、無意味なことでバカをみても暴れたいぐらい、国や生活に不満のある若者が多いつーことなのかね。

逆にゆーとなんだかんだいっても現在の日本は無意味なことで暴れてバカを見るてなことはしたくないぐらいの程度には安定してるつーことだろうねうふん。

ニュース批評   ニュースブログランキング

2012年9月8日土曜日

レスベラトロールに食物アレルギー予防効果?!

赤ワインなどに豊富に含まれるポリフェノールの一種「レスベラトロール」に、食べ物で発症するアレルギーを抑える効果があることを、山梨大大学院の中尾篤人教授(免疫学)らのチームがマウスを使った実験で突き止め、4日付の米オンライン科学誌「プロスワン」に発表したのであるのである。 

卵や小麦、牛乳などで体の免疫機構が過敏に反応し、ショック症状を起こす食物アレルギーは近年増加し、ご存知のように重症化すると死亡することもあるのである。

有効な予防法はなかったが、中尾教授は「この成分は既にサプリメントとして製品化されており、予防ができればメリットは大きい」としているのであるのである。

つーよーなことであるが、かつてレスベラトロールはサーチュイン遺伝子を活性化し長寿につながるということでブームになったのであるが、その後「効果が確認できないので臨床を断念した」てなニュースもあったりして、あたしのマイブームも沈静化してすっかり飽きて、思い出した時だけ飲むつーよーな、それこそ効果があるんだかないんだかてなことになってたのである。

まあ、なにしろ長寿効果なんてのは臨床のスパンが数十年に渡るだろうから、地道な研究者による今後の報告を待つしかないので、現状では賛否の情報が錯綜してなんともいえないわけである。

それで、あたしは基本的にぜんそく持ちでアレルギー性鼻炎であるのでこのニュースが気になったわけであるが、まあ、今までレスベラトロールを飲んでみて何か効果があると感じたことはないのである。

このニュースでも食物アレルギーに効果があるとしているので、やはりあたしのアレルギーには効果がないみたいねどうもうふん。

うふんはよけいである。

もうこれを書くのに飽きてしまったのでおつむがふざけているのである。

とにかく飽きっぽいのでレスベラトロールもすぐ飽きてしまったので、サプリメントの棚にまとめ買いした壜が大量にあるのである。

まあ、サーチュイン遺伝子活性化もそうであるが、マウス実験でそれが人間にも即効果があるかどうかは臨床を待たないとなんとも言えないわけであるが、食物アレルギーを持つ人からすると命にかかわることであるので待ってもいられないかもしれないのである。

あたしはメロンを大量に食うと胃がおかしくなるので、メロンの食物アレルギーかもしれないのであるが、メロンが特に好きというわけではないので大量に食うことはないので、メロンを食う前に予めレスベラトロールを飲むてなことは今後もないだろうね。

ううむ、あたしのアレルギーとあんまり関係ないのでいまひとつテンションが上がらなくてだらだらになってしまったのである。

まとまらんが、こんなところでひとつ、お願いしますよ。

ニュース批評   ニュースブログランキング