2013年4月23日火曜日

日本全国累卵の危うき好景気

累卵の危うきとは、極めて不安定で危険な状態、てなことであるのである。

まあ、なんだ、お告げとはいいながら、前日に買ったいちごグループが寄り付きからストップ高売りぬけで大笑いしてしまったのであるが、ドワンゴを寄り付き高値で売り抜けたあとは外人さんがお起こしにならなくて膠着で、意外な展開でこっちがオワコンであったのであるが、まあ、日足をみるとネット選挙解禁法の足跡くっきりで、オワコンを追ってもしょーがないので、後場にバイオに遁走して、お告げにしたがって、テラてなへんな名前のやつを買ったら、終了に向けてストップ高で大笑いして、半分さばいて、本日に半分持ち越しで、さてさて、どーなるのかこーなるのか、本日の寄り付きしだいではもちろんこれも削除であるのはお約束であるのである。

まあ、お告げがない一般大衆愚民投資家の皆さんもこの時期はなんでも買えばそれなりお儲けになってるとは思うが、まあ、なんだな、しかし、こー安易に大枚おぜぜがどやどやと無節操にご来駕を賜ると労働意欲が失せるのである。

人間がだめになるねしかし。

日本全国で労働意欲が失せてキャバやふーぞくで狼藉してるおにーさんおとーさんがたーくさんいると思うわけであるが、これ、昨今はネットであるのでおねーさんおかーさんもやってるので、日本全国のほすとさんが大喜びかもしれないのである。

あたしのような神の使いの大霊能者だって、真夏の炎天下にヘルメットかぶって長靴履いて延々4時間も5時間も草刈りしてるのはなんのためなのか、目的も意味も見失うのである。

まあ、大霊能者がヘルメットに長靴で草刈りもなんだとは思うが、いくら大枚おぜぜが不労所得でどやどや入っても、年にン百万円も外注に出すのはバカバカしいので、やっぱり今年もヘル長で10キロちかくあるエンジン刈払い機を振り回すわけである。

これ、零細土地レンタル業の経験のないシロートさんには想像できないとは思うが、草刈りてなものは外注に出すと、とんでもない料金をとられるのである。

場所によっては100坪でン十万円とか請求されたりするのである。

これをあたしがヘル長でやればポカリが2本で済むのである。

樹木の伐採になるとさらにとんでもない料金で、大きな木を空師に頼むと1本ン万円で、4~5本もご依頼するとン十万円になったりするのであるが、あたしが2回クビを切りそーになったチェーンソーで命がけでやればやはりポカリ2本であるのである。

てなことで、超零細企業の我が社の恒例で体力自慢のしゃちょーは肉体労働一手引き受で、体力増強ダイエット効果満点のヘル長作業に今年もいそしむわけであるが、しかし、大枚おぜぜが毎日どやどやであるので意味ねーのである。

ニュース批評   ニュースブログランキング